罪を憎んでカレーを憎まず…!「カレーに罪はありません」カレー屋さんの叫びまとめ

話題のもの
スポンサーリンク

神戸市立東須磨小学校で教諭4人による教員間暴行・暴言問題が発覚してから、後輩教員に激辛カレーを無理やり食べさせるいじめ動画にショックを受けた児童への対応として、「給食のカレーを一時中止」が決定しました。

この対応は違う、という意見もありますが、ショックを受けた子供たちのことを考えると暫くはカレーが中止というのも致し方ないのかなと思います。

カレーが好きなお子さんはお家でご家族の方に作って貰う、などで対処するしかないですね。

もちろん、カレーに罪はありません。

罪を憎んでカレーを憎まず…カレー屋さんの訴えをまとめてみました。

スポンサーリンク

カレーに罪なし

カレー屋さんの給食カレーを想う気持ち…なんだか胸が熱くなるしお腹すくぐらい画像が美味しそう…。

これ見て今晩カレーにしようと思った方も多そうだから、結果的にカレーのためにはなってますね。

スポンサーリンク

カレーはどうなるのか?煮物になる

東須磨小学校の給食を担当する神戸市教委の健康教育課は代替メニューとして、カレー粉は止め、肉やジャガイモ、ニンジンなどの食材を生かした煮物にするなど、味付けを変えて対応するそうです。肉じゃがでしょうか。

代替えメニューがいつまで継続となるかは未定だそうです。

また、カレーを食べれる子、食べれない子、と個別で対応してはどうかという意見も出たそうですが、これは大釜で調理をしているため不可能だそう。

早く子供たちに美味しいカレーを食べて欲しいものです。

なによりもこんなことになってしまったのは、先生たちのせい。

きちんと反省をして欲しいと思います。

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
気になるアレコレ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました