【速報出る】菅原一秀経済産業相が辞表を提出。後任は梶山弘志・元行革相【新たな公選法違反疑惑も】【有権者買収か】【みんなの意見は】

話題のもの
スポンサーリンク

菅原一秀経済産業相が安倍晋三首相に辞表を提出しました。速報としてスマホに通知が来た方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

有権者に金品を配った疑い

最初に週刊文春が報じたものですが、こちらは新しい疑惑も出ています。

有権者に対し、公職選挙法で禁じられた香典や供花・枕花を贈っていたことがわかった。

10月17日午後6時過ぎ、菅原氏の選挙区である東京都練馬区内にある斎場に姿を見せたのは、公設第一秘書のA氏。A氏はエントランスを進むと、香典袋を取り出し、恭しい様子で受付に手渡した。

国会で追及中に出たこの疑惑。追い打ちというべき報道で、辞任を決めたのかもしれません。

「この日、斎場で行われたのは菅原氏の支援者である地元町会の元会長の通夜でした。菅原氏の代理として参列したのが、公設第一秘書のA氏だったのです。香典袋の中には2万円が入っていました」

菅原氏と関係が深い後援会関係者は、「秘書たちは後援会関係者が亡くなると、必ず菅原氏に報告をあげ、金額のお伺いを立てています」と説明する。

ちなみに、議員本人が冠婚葬祭に出席すること自体は問題はありません。

ただし、香典は禁止。もちろん議員の名前が書かれた香典袋を秘書が代理で持参した場合、公職選挙法で定められた『寄附の禁止』に抵触する可能性があります。

秘書がやった、となればどんな言い訳でも通ってしまうので公職選挙法の意味がなくなります。

菅原事務所はこの件に対し

「故人は、後援会関係者であり、日ごろからお付き合いのある秘書が通夜に参列しました。菅原は翌日の葬儀に駆け付けその場で弔問し、香典をお渡ししました。香典は菅原個人からの支出です。お供え用の花は送っていません。(過去にも)選挙区内の葬儀に花は出していません」

個人からの支出であること、花は送っていないと説明しています。

スポンサーリンク

しかし文春側は証拠を握っていた

菅原氏サイドは公設秘書が香典を手渡す瞬間の写真も撮影済み、更には葬儀の際にお供えの花を発注したFAXまでも入手しています。恐るべし…文春。

これによりメロンやカニにとどまらず菅原氏が有権者に金品を配っていたのではないかという新たな疑惑となってしまいました。

追及が更に厳しくなりそうな中で、大臣辞任ということ、これについて国民はどう思うでしょうか。

大臣を辞任しても、議員として活動していくのか、進退が注目されます。

スポンサーリンク

後任は梶山弘志・元行革相が内定

梶山静六氏のご子息ですね。

スポンサーリンク

皆さんの意見は?

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
気になるアレコレ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました