【ルパン?怪盗キッド?】パシフィコ横浜で2億円「ダイヤモンドルース」盗まれる。犯人は一体誰か…【コナン君早く!】

テレビ関連
スポンサーリンク

最初に見たときは強盗かと思ったのですが、どうやら違う模様…。

計画的なのか、それとも単純な凡ミスからの盗難なのか。ついついこういうニュースを目にするとコナン君がいたらな…と思ってしまうオタクです。

スポンサーリンク

現場はパシフィコ横浜

24日午後、横浜市西区みなとみらい1のコンベンションセンター「パシフィコ横浜」Dホールで、宝飾展で展示されていたダイヤモンドの裸石「ダイヤモンドルース」(時価約2億円相当)1個が盗まれた。宝飾展関係者が110番した。神奈川県警が窃盗の疑いで捜査している。

現場は「第7回国際宝飾展・秋」が開催されていたパシフィコ横浜。10月23日~25日まで開催されている同イベントは410社が出展。

会場の様子を見ると所狭しと人々が。多くはバイヤーの方だそう。本当に写真だけを見ると身動き取れないように見えます。

海外からもバイヤーが多数来場、賀来千香子さん、浅田美代子さん檀れいさんなど人気女優のトークショーなどもあり、ダイヤが盗まれた当時もやはり来場者はとても多かったとみられます。

スポンサーリンク

ダイヤルースとは?

ルースとは裸石という意味があります。

つまり掘り出された原石の状態からカットされ研磨されたものをルースと呼びます。指輪の上で美しく輝くあの状態ですね。

今回盗まれたダイヤモンドルースは50カラット、直径約3センチ…時価2億円というお品物。

こんなの見るだけ、触れるだけでも眩暈がしそうですが、それが盗まれました。

スポンサーリンク

盗まれた時の状況は?

宝飾展の開催時間は午前10時~午後6時。ダイヤがないことに気付いたのは24日午後6時ごろ。終了時間に近いですね。

その1時間前の午後5時ごろにショーケースから取り出してお客さんに見せているそう。ということは午後5時までは確かにダイヤはあったんですね。

問題はその後。

ダイヤの入ったケースが無施錠だった…

もちろんそんな高価なダイヤを出しっぱなしにするわけもなく、ショーケースになおしたようなのですが、その際にどうやらショーケースに鍵をかけ忘れたというのです。これはミスですね。

そして出展者側が盗まれたことに気付いた時、ショーケースが開いていたと言います。

これって犯人がショーケースに鍵をかけていないのを見ていたのでしょうか?鍵が掛かった状態なら鍵を盗むところからしなければなりませんよね。

ショーケースの鍵が掛かっているか手あたり次第アタックしているなんて考えられないし、でもショーケースの開閉は出展者側にあるはずですよね?てことはそちらから回り込んで盗んだ?

内部の犯行か、それとも来場者の犯行か、県警は防犯カメラを調べているそうです。

スポンサーリンク

始めから盗み目的?入場には入場券が必要

あと気になるのは犯人が始めから盗み目的なのか?ってことですよね。

この国際宝飾展には招待券というものが必要です。

招待券を請求すれば無料で貰えるのですが、これがないと入れません。

厳密にいえば、入場券がないと入場料が5000円かかってしまいます。身分証明書の提示については書かれていませんので、偽名でも申し込みができるのかもしれませんね。

国内外から、1万人以上が来場するということで、犯人を絞るのは難しいかもしれません。決め手となる防犯カメラに犯行の様子でも映っていれば良いですが、それも防犯カメラの向いている方向にもよりますよね。

スポンサーリンク

皆さんの感想まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました