【いつから?】あおり運転は免許取消の対象にへ…でもどうやって検挙するんだろう?

話題のもの
スポンサーリンク

「あおり運転」とはほかの車の走行を著しく妨害する行為です。

大変悪質で危険な運転であり、近年では大々的に報道されるような死傷者事故も起きています。

そのあおり運転を免許取り消しの対象にする方針が固められました。

スポンサーリンク

危険な行為が後を絶たない

8月には茨城県の常磐自動車道で、乗用車を運転していた男が、前の車の前方に割り込んで停車を余儀なくさせ、運転手を殴ったなどとして逮捕された。9月には、愛知県の東名高速で車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンで撃たれる事件も起きている。

警察でもあおり運転の摘発を強化していますが、いまだに危険な運転が後を絶たないことから道路交通法で定め、厳しい罰則を求める方針となったようです。

スポンサーリンク

現状の「あおり運転」の罰則は?

現在の規定では将来事故を引き起こす危険性が高い、悪質性があると判断された場合違反点数の累計がなくても免許停止の処分を課すことができます。

現状の違反点数は高速道路上が2点、一般道が1点で、ほかの違反がなければ免許取り消しにはなりません。

どう変わるの?

現状でも規定はあるのですが、これでは抑止に繋がらないとみて、酒酔い運転や過労運転など同じく、あおり運転と認定されれば一発免許取り消しになるというものです。

ちなみに過労運転とは「疲労、病気、薬物の影響などにより正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない」と道路交通法第66条第一項に記載してあります。
スポンサーリンク

どうやって摘発しているのだろう?

ちょっと気になったのがこれなのです。

現在はどのように摘発されているのか…ちょっと調べてみました。

基本は警察官による現認。つまり警察官が現行犯で摘発ということですね。

それともう一つ、あおり運転にあった人が訴え出ることです。

警官による現認

東名高速夫婦死亡事故により警察庁は2018年1月、あおり運転の取り締まり強化を通達した。通達により「車を運転することが著しく交通に危険を生じさせるおそれがある運転者」は「危険性帯有者」とされ、交通違反による点数の累積なしに180日間の免許停止処分が科される。警察は「あらゆる法令を駆使」し、「厳正な捜査を徹底」し、「積極的な交通指導取締り」を行なっている。

このことから、どこかで見ているかパトロール中に見つけて追跡などの現認が行われての摘発ですね。

ドライブレコーダーを証拠に出す

摘発の多くはこれかなと思います。

それに報道の報道の多くもドライブレコーダーに残った映像が使われていると思います。

自動車にドライブレコーダーを搭載するのが有効な対策の一つ。煽られた際の記録が残り、警察や裁判所に提出して、捜査や被害者による告訴の際、有力な証拠となる。

同乗者が居ればスマホで撮ってもらっても証拠になります。

現在、国土交通省は新車にドライブレコーダーの搭載を義務化するか検討しているそうです。

それだけ証拠として有力であるということですね。

スポンサーリンク

いつから施行される?

こちらはまだ方針を固めただけの状態です。

2020年年明けに通常国会に関連法案を提出する見通しとなっており、その後の成立となるのではないでしょうか。

こちらは決まり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

世間の皆さんの声は?

煽り運転をしたら取消の対象って言うのはいいことだが、それをするならば煽り運転の明確な基準が必要になります。警察官のさじ加減で取消になったり、全然煽り運転じゃないのに煽られた側がそれを訴えたら取消になったりというのはおかしいですから。
あと煽る側だけを処罰するルールを作るのではなく、煽られる側に原因がある場合にそれらを処罰するルールも当然作るべき。実際明らかに煽る側が悪い場合もありますが、煽られる側に原因がある場合も多数あります。
煽る側煽られる側ともに公平なルールを作らないと、煽りを誘発するような迷惑な運転をするのはOKってことになってしまいます。
せっかくドラレコって言う便利な物があるのですから、その映像を証拠に一般の人が通報をして、煽りをする人や煽られる原因を作るような人、その他迷惑運転をする人を処罰できるルールって言うのもいいのではないでしょうか?それが一番公平ですよ。

 

煽られる方は自分が煽られるような運転をしていることをわかっていないから被害者意識しかない。もちろん煽るのはダメだけど、何度も煽られてるような人にも運転の制限をしてほしい。まわりの状況も見ず、マイペースで車を動かしてるのは運転とは言えない。

 

煽り運転の基準が未だに良く分からない。煽るつもりがないのに煽られたと言い張る人もいるのも事実で 煽られる原因が有るのも事実。制限速度以下で ちんたら走行する前車にもう少し速度を上げてくれって意味で前車に接近走行する事だって実際にありますしね。。。1車線で追い越し禁止区域で制限速度50kmの所 30km以下で走行されても実際に良い事は解るが 煽るのはいけないのも解るがそれで全てのドライバーは納得がいくんだろうか? 疑問です?

 

この前の三連休に山陽道を走ってたけど、法定速度100キロの区間で追い越し車線を80キロほどで走ってた車がちらほらいてイライラした。
いつも思うが、それくらいの速度しか出さないなら走行車線にずっといたらいいし、なんでわざわざ追い越し車線走ろうとするんや…
車から降りて殴ったり幅寄せしたりは論外だけど、煽られる側にも原因があるのは間違いない。

 

あおり運転は結果なので、結果だけ取り締まっても意味がない
明らかに絡みに行くのを目的にしている一部を除けば、必ずそうなった原因がある
原因を取り除かずに結果だけを規制していったら、最終的には道路事情の悪化につながり、
本来なら不必要だった道路整備などが必要になってきて余計な税金がかかる結果になると思います

 

あおり運転なんて言っても定義が不明瞭。実際には車間距離不保持、幅寄せ、ノーウインカー、急ブレーキなど具体的な違反行動が伴うのがほとんどだから、そっちの罰則を強化すれば良いと思う。
あとは前に割り込んで強制的に停止させる行動。石橋の時も宮崎の時も、それが一番大問題だったと思う。
同時に、煽られる側の行動も(追い越し車線を長時間走るなど)本来違反となるものは強化するべき。

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
気になるアレコレ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました