【怪我は本人のせい?】佐野史郎の骨折事故めぐり、笑ってはいけない放送作家の高須光聖の発言が物議【なんて言ったの?】

テレビ関連
スポンサーリンク
【ロケバス目撃】2019年の「笑ってはいけない」舞台は「ヘイポー納豆ヶ丘高校!?」学園系か?【情報まとめ】
例年11月の上旬ごろに目撃談が出回る年末恒例ガキ使「笑ってはいけない」シリーズですが、今年もやってまいりましたよー! 回を重ねるごとに、いつやらなくなってしまうのだろうか…と怯えていましたがどうやら今年もロケバスが目撃されたようで、放...

毎年バスの目撃があって、年末放送されるんだ~と知るガキ使の笑ってはいけないシリーズ。

今年はバスの目撃談の後に、佐野史郎さんの収録時の骨折事故で放送があることを知るという流れとなりました。

この骨折事故を巡って、ちょっとした行き違いが生じています。

スポンサーリンク

一体なにがあったのか?

発端はガキ使を担当する人気放送作家の高須光聖さんがラジオ番組「ナイツのちゃきちゃき大放送」にて。

ナイツさんのラジオに放送作家の高須さん出演。佐野史郎さんの骨折事件は、実は佐野さんから「もっとこうしたい」「もっと思いきりやりたい」と要望あったらしい。現場そこまで深刻な感じじゃなかったとのこと#ナイツのちゃきちゃき大放送

この放送で高須さんがこんな風に行っていたよー!とライターの方が呟いたんですね。

すると佐野さんご本人から↓

「そんなこと言ってない」と否定の言葉が。

うーん…言葉って難しい…というかこれ聞いた方によって様々な受け取り方をしちゃいそうですよね…;

佐野さんはその後事故に至る経緯を説明

ラジオを聴いていないので、なんとも申し上げられませんが、スタッフの方から安全であることを確認した旨、うかがった上で挑戦した経緯です。

安全であるということを信じた上ででしたが、「もっとこうしたい」と言った記憶はないなあ〜「やるなら、やるしかないか」とは言ったかもしれません。
VTRで確認してみましょう。

「スタッフの方に安全であるかの確認をし、それを信じて挑戦した」安全を確認した上でお仕事を受けたということですね。

けれど「もっとこうしたい」といった要望を口にした覚えはない、とのこと。

スポンサーリンク

更にフェイスブックでも推理

ご自分の事故の真相をFacebookで推理しています。

遊び心があるような、佐野さん素敵過ぎる。確か、入院中もファンの皆さんへコメント返信していたとかですごく好感が持てますね!

スポンサーリンク

追記:謝罪ツイートを行う


事故当日は現場にいなかった高須さんは、スタッフから聞いたままをそのまま話してしまったと謝罪。

さらに佐野さん本人にも直接会って謝罪をしたいと申し出たが「そこまでしなくて良い」と言われ、メッセージを送る。

そして佐野さんからは温かい言葉を頂いたということで、円満に解決したようです。

今回の事故で明るみになったのは、佐野さんの人柄の良さである気がしますね。

スポンサーリンク

高須さんに厳しい声

高須さんの最新の呟きはここまで。お仕事終わりで友人のご自宅へ遊びに行っているようです。

これに対し世間の皆さんの反応は…


このように結構厳しいコメントが寄せられています。

スポンサーリンク

お蔵入りになりませんように

実際にラジオを聞いた方なら分かると思うのですが、高須さんは事故当時現場にはいなかったとのこと。

高須さんがここだけの話として明かした佐野さんとのやり取りが本当に本人とのやり取りだったのか、スタッフと佐野さんとのやり取りをまた聞きして改変されて伝わってしまったとかではまた話が変わってはきますよね。

しかし、放送内容だけを聞いてしまうと佐野さんが言い出したから~という風にとらえられても仕方がないような気がします。

ただ、怪我を負っても佐野さん、オンエアされることについては意欲的にも見えます。それだけが救いというか、本当に素晴らしい俳優さんなんだなというのが伝わってきます。

これ以上先のことは私たちにまでは伝わっては来ないかもしれませんが、高須さんの発言で行き違いが生じたのなら、多分謝罪をされるのではと思います。

まずは佐野さんの回復を心より願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました