【実名で告発】ビートたけしの愛人からパワハラ!石塚康介さんが1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴!【洗脳?】

テレビ関連
スポンサーリンク

事務所独立、離婚の騒動が落ち着いたかと思えば…再び大変なことが起きてしまいました。

スポンサーリンク

運転手を務めていた石塚さんが殿の愛人を提訴

昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。背景には、現事務所の取締役で18歳年下の愛人・横井喜代子氏(仮名)による“洗脳”があるとされる。たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。

横井さん(仮名)を告発したのは、2010年に弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間の長きに渡りたけしさんの運転手を務めてきた石塚康介さん(41)です。

石塚さんは横井さんのパワハラによって自律神経失調症を患ったとして、彼女と事務所の「T.Nゴン」を相手に、1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したとのこと。

パワハラの内容は?

「今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。そして世間の人に、殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです」

石塚さんの話によれば13年にたけしさんと愛人となる横井さんが出会ってから、スタイリストやマネージャーなど、多くの人がたけしの元を去って行ったといいます。

この原因が横井さんのパワハラにあるということですね。

横井さんとたけしさんが出会ってから以下のようになったそうです。

  • 横井さんは『自分の思うがまま』にならないと気がすまないタイプ
  • たけしの仕事に口を出すようになった
  • オフィス北野のマネージャーやタレントの給料を調べ、「あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの」とたけしに吹き込むこともあった
  • 橋本マナミに嫉妬し“共演NG”にした

さらに運転手を務めていた石塚さんも横井さんの監視下に置かれることに。

  • 待機や連絡の指示など、過剰なまでの「管理」
  • 「事務所で待機していてやることがなかったので、ロールス・ロイスの給油に行こうとすると、それを横井さんが防犯カメラで監視していて、すぐに電話してきて『私に連絡してから行け』と言ってきたことも」
  • 深夜の連絡、休日であっても待機を強いられる

どんどんとパワハラ行為は加速していき、とうとう我慢の限界を超えてしまい、石塚さんと横井さんは口論になったそう。そして事務所を辞めることに。

その場にはたけしさんも同席していたそうですが、「殿は終始無言でした」と石塚さんは語ります。

スポンサーリンク

石塚さんのプロフィール

実名を公開しての提訴だけあって、しっかりとウィキペディアに名前もあります。

石塚 康介(いしづか こうすけ、1978年4月18日 – )は日本の俳優・タレント。新潟県出身。T.Nゴン所属。

役者志望で、2010年にビートたけしの付き人になる。

その後、たけしの専属運転手となり、俳優・タレント活動と並行して、現在もたけしの現役運転手として勤務。

かつてバンドマンだったため、ドラムが得意である。

2012年、北野武監督の「アウトレイジ ビヨンド」で映画初出演を果たす。

2015年には「龍三と七人の子分たち」にも出演。

2017年公開の「アウトレイジ 最終章」では、花菱会会長の野村(大杉漣)を襲撃する重要な役回りを演じています。

これを見ると、たけしさんに可愛がられていたのだな、というのがよく分かります。

それでも提訴に踏み切ったのは、愛人のパワハラが許せなかったからでしょう。

ツイッターも

ツイッター復活 またはじめます

はじまります

なんだか意味深な感じですね。

まさに「アウトレイジ」弟子がたけしの愛人をパワハラで訴えた件で衝撃の音声データを公開!
たけし事務所はパワハラを否定 石塚さんからの提訴について、北野たけしさんの事務所はパワハラはなかったと反論しています。 T.Nゴンがマスコミ各社に送付した文書は以下の通り。 報道機関各位 本日発売の「週刊新潮」に掲載の、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました