懲戒免職された旭川医大教授は誰?麻酔科?名前や顔写真は?【解雇】

話題のもの
スポンサーリンク

 【旭川】旭川医大(吉田晃敏学長)は22日、大学のホームページ(HP)で、40代の男性教授が道内の複数の医療機関から不正な報酬を受け取っていたとして、懲戒解雇したと公表した。

スポンサーリンク

8年もの間不正な報酬を受け取っていた

教授は医師の派遣を望む医療機関に対し、派遣に関わる「確認作業」など架空の名目で報酬を要求し、関係者によると2011年以降、月に計数十万~100万円近くを得ていたという。

 

弁護士によると、男性教授は18年9月から今年9月まで、道内の5医療機関から、派遣医師に支払われる報酬額の「確認作業」という架空の名目で報酬を受けたという。

加えて11年6月~今年10月、救急患者対応ができる常勤医師のいない7医療機関に対し「自分が待機する」として報酬を要求。同じ日時に複数の医療機関から報酬を得ており、実際は対応できない状態だったという。

関係者の話によりますと

  • 報酬を請求された医療機関は道内各地にある
  • 各医療機関の報酬は月数万円や数十万円など様々

不正に受けたとされる報酬額は8年間で、なんと1億円を超える可能性もあるということです。すごい額ですね。

旭川医大は刑事告訴も視野にいれており、教授は15日付けで懲戒解雇されています。

スポンサーリンク

一方、教授は「不正の認識ない」

 男性教授は北海道新聞の取材に対し、「報酬は各医療機関との双方の合意で支払われたもので、不正との認識はない」と話しており、同大への不服申し立てについても「検討する」としている。

教授は不正を認めておらず、不正の認識がないとして、不服申し立てを行うかもしれないとのこと。

スポンサーリンク

懲戒解雇された教授は麻酔科?


ネット上ではこのような話が出回っています。というのも旭川医大の麻酔科のホームページがサーバーメンテナンス中となり、アクセスできない状態だからです。

教授のプロフィールや顔写真そのものも載っていないのですが、これは他の科でも載っていない方はいます。

しかし麻酔・蘇生科だけはサイトそのものが見ることができないため、解雇された教授が麻酔科なのでは?という話が出ているようです。

スポンサーリンク

世間の反応は?

組織のトップがこんなレベル低い考えとは。それに頭下げたり従ったりした人達もいたわけですね。でも国立大学のさらに医学部の教授が懲戒解雇される時代になったんですね。昔は表に出てないだけで、似たようなことは沢山あったのでは?

 

不正の重大違反に該当します。金額が億になっているのですから。記者会見を開きたくないがためのご都合判断は許されません。

 

麻酔科のHPが見られないんですけど・・・

 

医学部のある国立大学に勤務していますが、医大や医学部はめちゃくちゃです。不正など日常茶飯事で行っており、その人物が不都合になった途端、このように悪者にして解雇です。通常から考えて8年続ける事はできません。記者会見しないところを見ると、知っていて見逃していた可能性もあります。これだけの事件で記者会見しないのは、大学側にとって何かしらの不都合があるかもしれません。

 

病院のどこも医師不足で大変な状況にあるわけで、医師を派遣する最大の権限を持つ医大の教授となればそれこそ王様状態です。
貢物を持ってくる人たちは後をたたないと思います。他の医大病院の教授も同じだと思いますけどね…

 

麻酔科領域としては知らぬ者はいないほどの有名な先生ですが、これは正直擁護できない話かと、

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
気になるアレコレ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました