未成年者誘拐の疑いで栃木県の伊藤仁士容疑者逮捕!Twitterや監禁していた家はどこ?【顔写真】

話題のもの
スポンサーリンク
伊藤仁士容疑者=せつじろうという偽名を使いツイッターで少女と接触か。他に被害者はいないのか【アカウント?ハンドルネーム?】
「せつじろう」は偽名というか、アカウント名? 大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が栃木県小山市で保護された誘拐事件で、未成年者誘拐の疑いで逮捕された自称派遣社員の伊藤仁士容疑者(35)=同市=が女児とSNSでやりとりした際に...

大阪で行方不明の女児を無事保護

 今月17日から、行方が分からなくなっていた大阪の小学6年生、赤坂彩葉さんが23日、栃木県内で発見、保護された。

小学6年生の赤坂彩葉さんは17日の午前7時ごろに大阪市住吉区の自宅で母親と朝食をとった後、1人で自宅を出てから行方が分からなくなっていた。

行方不明となってから、7日目となる今日、彩葉さんが栃木県小山市の犬塚交番で保護された。彩葉さんが、「別の女の子が男に監禁されている」と話したため、栃木県警が捜査した結果、別の女の子も保護し男の身柄を確保した。

これまで警察は周辺の防犯カメラを調べるなどしていたが、彩葉さんの姿は確認されず、警察は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、範囲を広げて捜索していた。

警察は、彩葉さんや別の女の子が男に連れ去られ、監禁されたいきさつなどを調べる方針だ。

大阪小6女児赤坂彩葉(いろは)さんが行方不明!荒野行動メンバー?苅田南小学校に通ってる?【事件か家出か】
大阪府警は19日、大阪市住吉区の市立小6年、赤坂彩葉(いろは)さん(12)の行方が17日から分からなくなっていると発表した。府警は顔写真を公開して、情報提供を呼びかけている。 これはとても心配なニュースです。 無事に見つかり...

本当に本当に本当に見つかって良かったです!

スポンサーリンク

女児が保護された交番は?

自宅から約600キロ離れた栃木県小山市の犬塚交番を訪れ助けを求めたと言います。

大阪市住吉区の自宅から外出した後、行方不明になっていた小学6年の女児が栃木県内で保護された事件で、女児を監禁していたとみられる男が、ともに監禁していたとみられるもう1人を連れ、潜伏先を出たところを栃木県警が確保したことが23日、捜査関係者への取材で分かった。同県警などが詳しい事情を聴いている。

捜査関係者によると、女児は、男とともに大阪から栃木まで電車で移動したとの趣旨の説明をしているという。

かなり遠い場所まで連れて来られていたんですね…。

スポンサーリンク

SNSで2人は出会った

また、少女と男はSNSで出会ったようです。今月10日ごろに「半年前に来た女の子がいる。しゃべり相手になってほしい」などとメッセージを送り、少女を自宅近くの公園に誘い出したということです。

そして大阪から電車を乗り継ぎ、小山市犬塚の自宅に少女を連れ去ったとされます。

ちなみに在来線を乗り継いだとされ、帰り着くまで相当な時間がかかったと見られます。

電車を乗り継いだということで、そこら中に防犯カメラがあったのでは?と思うのですが、結果的に伊藤容疑者にたどり着いたのは逃げ出した少女の証言からでした。

交流していたのはTwitter?

現在、少女が荒野行動のメンバーで、ツイッターのアカウントを持っているというところまでは分かっているのですが、実際に伊藤容疑者とやり取りがあったSNSが何なのかまでは分かっていません。

分かり次第追記致します。

スポンサーリンク

監禁されていたのは白い家

ネット、ツイッターでも報道陣や警察車両の行き来により自宅が分かってしまっています。

現在この自宅には伊藤仁士(ひとし)容疑者一人で住んでいたようです。ですから未成年の少女らを監禁していても、バレることはなかったようですね。

スポンサーリンク

逮捕されたのは伊藤仁士(ひとし)容疑者!顔写真や名前は?

未成年誘拐の容疑で逮捕されたのは栃木県小山市犬塚1丁目に住む伊藤仁士容疑者、35歳です。

週刊文春がすでに報道していますが、伊藤容疑者は3人きょうだいの長男。他に弟と妹がおり、この2人ははすでに家を出て独立。

父親は運転手をしていたが、交通事故で亡くなっており、母親はこの家の他に母屋があってそちらでおばあちゃんの介護をしているので、事件当時はこの家に伊藤容疑者だけが住んでいたといいます。

近所の人の話によると伊藤容疑者は引きこもりがちだったそうで、母親が近所の人と話し込んでいると『おい、いつまで話しているんだ!』と怒鳴り声を上げることも。

伊藤容疑者の中学時代の同級生が話す。

「伊藤は生まれ育ちはこのへんですよ。中学時代は剣道一筋の3年間。女子生徒と交流するタイプではなく、大人しい性格で、勉強は成績優秀で表彰されるくらいだった。でも、高校受験で第一志望に落ちてから、人が変わってしまった」

伊藤家の知人はこう話す。

「仁士くんが高校を卒業したかどうかはわかりませんが、ラーメン屋さんでアルバイトをしたり、自動車学校の事務をしたりしていたと思います。最近ではお母さんが掃除、洗濯をしていたと聞いています」

最近では“引きこもり”のような状態だったという。近隣住民が証言する。

「仁士は二階建ての白い一軒家の二階に住んでいました。最近はずいぶん遅くまで灯りが点いていましたね。洗濯は母屋に住んでいたお母さんの方でしていたみたい。仕事もしないで、夕方くらいに起きてくるような生活だったと聞いています。

引用元:週刊文春

近くにお母さんが住んでいたとのことなので、遅かれ早かれ不審な点に気付かれていたかもしれませんが、今回は大阪で行方不明となっていた少女が逃げ出して助けを求めてくれていたおかげで事件解決となりました。

剣道の腕前は全国クラス。あだ名は「幽霊」

中学時代は大変真面目だったという伊藤容疑者。

通っていた中学の剣道部は全国大会で優勝の経験もある強豪。伊藤容疑者の代も全国制覇を飾っていたそうで、同級生らの話によれば伊藤容疑者の腕前は相当なものだったようです。

成績も優秀、剣道の腕前も全国クラスである一方、口数が少なく色白で体の線も細かったことから一時あだ名が「幽霊」であったと同級生ら語ります。

女性は「とにかく部活と勉強という感じのいわゆる優等生タイプ。女性との付き合いもなかったと思う」と振り返る。

スポンサーリンク

もう一人の少女とは?

これが本当に驚きなのですが、もう一人女の子が監禁されていたといいます。

調べによりますとこの少女は15歳で、今年6月から行方不明になっていた茨城県の中学生だということが分かっています。捜索願を出していたのでしょうが、大阪の少女のように公開捜査にはなっていなかったのでしょうか。

捜査関係者によると、未成年者誘拐容疑で逮捕された栃木県小山市の伊藤仁士容疑者(35)宅にいた少女は、茨城県の女子中学生(15)で、6月に行方不明届が出ていた。

この15歳の少女、伊藤容疑者が大阪まで少6の子を誘い出しに行っている間はなにをしていたのでしょうか?まさか一緒に行動を?それとも自宅で待っていた?

少6の少女が逃げ出すことが出来たということで、15歳の女の子が逃げ出せないものかな…と考えたのですが、半年間も監禁されていたとすれば、すでに逃げ出せない様なストックホルム症候群になってしまっていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
気になるアレコレ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました