【顔画像】川井梨紗子が下池新悟会長から受けた暴言や嫌がらせを訴える!下池会長は「こっちが嫌がらせを受けている」「事実無根」

テレビ関連
スポンサーリンク

レスリング女子57キロ級で東京五輪代表を決めている16年リオ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ=が27日、金沢市で石川県スポーツ特別賞贈呈式に出席。終了後に同県レスリング協会・下池新悟会長の“暴言”と、長年にわたる両親への“嫌がらせ”を訴えた。

スポンサーリンク

「暴言」と長年に渡る両親に対する「嫌がらせ」を訴える

川井選手が下池会長から受けたとされる、「暴言」や「嫌がらせ」は以下のような内容のようです。

  • 今月中旬に同県で行われた全国高校選抜北信越大会で、県協会の下池新悟会長が「石川県には五輪の内定者が2人(川井と62キロ級の妹・友香子)います。しかし、残念ながら女です」とあいさつした(この場には川井選手の父・孝人さんもいた)
  • リオ出場の時は「壮行会も開いてくれなかった」
  • 激励会では、会長が両親の前で「とびが鷹を生む」とあいさつ
  • 母・初江さんが募金箱を持たされて激励会の費用などを集金したりしたこともある
  • 「母が教えているジュニアクラブの教え子を国体に出さないこともあった。(会長が)『気に入らない人はクビにする』などいろんな話も聞いている」

あくまでも川井選手とご両親の言い分ではありますが、これが事実であるならば、とても悲しいこと。レスリング強化のための協会で、選手を第一に考えて欲しい、という川井選手の主張も分かります。

「残念ながら女です」という発言は皆さんの前で挨拶した際のこととあるので、これは他の方の証言を聞けばはっきりしそうですね。

スポンサーリンク

一方下池会長は「事実無根」「こっちが嫌がらせを受けている」

石川県のレスリング協会で会長を務める下池新悟氏は現在72歳。過去には石川県レスリング協会常任理事や学校法人稲岡学園の議員などを歴任。星稜高校出身で、平成3年に行われた石川国体では総監督を務め、全国大会優勝に導いた人物です。

指導者として優秀であることから石川県レスリング協会会長にまでなっているわけです。

そんな下池会長は川井選手の訴えを「事実無根」と一蹴。

  • 「残念ながら女です」発言については「そんなことはひと言も言っていない。誰から聞いたか知らないが、事実無根の話。五輪に出られるなんて、男女関係なく名誉なこと。ましてや姉妹で出られるんだから」と反論
  • 川井の両親への“嫌がらせ”についても完全否定
  • 「いちいち反論しても泥仕合になるが、リオの時も100万円近くのお金を渡しているのに、帰ってきて『ありがとう』のひと言もない
  • 金メダルを取った後の祝賀会も、母親から『いりません』と言ってきた

また、下池会長は「彼女は石川県出身だが、石川県の所属選手ではない。残念も何もないし、五輪選手であってもそういう発言が許されるものなのか」と苦言。

真っ向から否定となりましたが、最後に関してはこういったいがみ合うような関係になってしまった為にお母さまの方が断ったのかもしれませんね。

これだけを見ると対立しているのは明白。

お互いに言い分があることも分かりました。しかし五輪前の大事な時期でもあります。お互いに譲れない部分はあると思いますが、どうかこれからの選手たちのために力を合わせて欲しいと願います。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました