2019年生まれの赤ちゃんの名前ランキング女の子「凛」が1位!男の子は「蓮」1文字が人気?2位以降は?

話題のもの
スポンサーリンク

明治安田生命保険は29日、2019年に生まれた赤ちゃんの名前ランキングを公表した。女の子は「凛」(りん=主な読み方)が1位となった。令和への改元により、「新たな時代への意識が名前に込められた」(担当者)としている。男の子は「蓮」(れん)が2年連続の1位となった。

スポンサーリンク

2位以降は?漢字1文字が人気!

1位は女の子が「凛」男の子は「蓮」

男の子の名前は、『蓮』くんが2年連続6回目の首位となりました。植物の「蓮(はす)」は、仏教の象徴的な花であり、寺院など日本らしさを連想する植物であるとともに、泥の中で力強く根を張るその特徴から、大地に根ざす力強いイメージがあります。今年は元号改正により新しい時代に突入するなか、改めて「日本人らしさ」と「力強さ」を併せ持つ、『蓮』くんが人気となっているのかもしれません。
次いで、昨年5位から順位を上げた『陽翔』くん、初のトップ10入りとなった『新』くん(昨年15位)が同率で2位となりました。「陽翔」という字にはそれぞれ「日の当たる明るいところ(陽)」を「空高く大きく羽ばたく(翔)」というイメージが、また、「新」という字には新時代の始まりを連想させる希望に満ち溢れたイメージがあり、いずれも新たな時代へ向けた親の想いからか、人気となっています。

 

女の子の名前は、『凛』ちゃんが昨年の5位から順位を上げ、5年ぶり2回目のトップを獲得しました。「凛」という字には、可愛らしさに加えて、「凛とした」や「凛々(りり)しい」といった言葉からも連想される力強いイメージがあります。社会における女性の活躍が目覚ましい昨今、「新しい時代を力強く切り開いてほしい」という親の想いが込められているのかもしれません。
次いで、2位には、昨年の13位から大きく順位を上げた『陽葵』ちゃんがランクインしました。「葵」の字は、「向日葵(ひまわり)」に用いられているように「太陽の方向を向く植物」という意味があります。明るくポジティブなイメージのある「陽」の字と組み合わせた『陽葵』ちゃんの人気が上昇しているのも、新時代において「明るく、人生に迷うことなく、前向きに育ってほしい」という親の願いが感じられます。

女の子の2位は「陽葵」(ひまり)3位「結愛」(ゆあ)4位「杏」(あん)5位「紬」(つむぎ)

男の子の2位は「陽翔」(はると)と「新」(あらた)が同率。4位も「湊」(みなと)「蒼」(あおい)「律」(りつ)が同率となっています。

こうやってみると漢字1文字が人気のように見えますねー!どうやら今年は特に多かったようで、1989年の調査開始以来、最多タイとなる6つの漢字一文字がランクイン!ベスト50まで広げていくと17もの名前がランクインしています。

もちろん名字との兼ね合いもありますが、1文字だと呼びやすくてシンプル、漢字の持つ意味がより強調されるという意味で人気が高いようです!

子供が気にってくれるような名前、こんな方に育って欲しいという両親の想いがその一文字に詰まっているのでしょうね!^^

スポンサーリンク

令和に入り、「和」を連想させる名前が人気に

新元号は万葉集から採用されたということでかなり話題となりましたね。その影響があるのか、日本らしい和風を連想させる名前の人気が上がってきているそう。

今年の女の子の名前をみると、日本が誇る織物の一種である「紬」を用いた『紬』ちゃんが5位(昨年9位)となったほか、日本の四季を感じさせる『心春』ちゃんが8位(同24位)、『詩』ちゃんが20位(同38位)、『琴葉』ちゃんが23位(同25位)となるなど、日本らしい「和を連想させる」名前の人気が上昇しています。
また、近年の女の子の名前では、昭和後期までは上位に複数名ランクインしていた『○子』ちゃんが少なくなる「子」離れが進んでいます。今年の調査では、「和を連想させる」名前の人気上昇の影響からか、『莉子』ちゃんが昨年10位から6位に順位を上げました。また、ベスト100でみると98位に『桜子』ちゃんがランクインしています。今後、新元号のもと、「和を連想させる」名前の人気が高まれば、『○子』ちゃんブームの再来があるかもしれません。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

つける方はたぶん流行りに乗っかるとかではないのよね。
なぜか被る。
時代の不思議。

それにしても「はるま」「はると」など、「はる…」の類は時代を問わず多い。

深層心理が知りたい。

 

1、2年位前まで、サクラ(漢字は様々)って名前が常連のようにランクインしてた気がしたけどもうないんだね。

ドラマ「同期のサクラ」で、
「桜は決して枯れない、たとえ散っても必ず咲いて沢山の人を幸せにする」って言葉を見て、改めてサクラっていい名前だなと思った。

 

昔は鶴とか亀という名前もあったみたいだし、時代の流れで価値観変わるものなのかな。

でも少なくとも就職に困らない名前はつけてあげて欲しい

 

病院でお仕事しておりますと各世代での名前の流行がよくわかって面白いです。
今は名前にも多様性があって一位や二位にあがるお名前でもめちゃくちゃ多いなって印象はありません。某世代の「浩」の字使用率は凄いなと思います。

 

「はる〜」「ゆう〜」が付く男の子めちゃくちゃ多い。
でも女の子の名前よりバリエーションが少ないからかぶる率も高いのかな。
うちは男女両方いるけど、女の子はいろいろ選ぶの楽しかったけど、男の子は下の子だったので、上の子の幼稚園のお友達だったり親戚だったりとかぶらないように、誰でも読めてキラキラしてなくて…ってなると、考えたらものすごく難しくて夫婦でものすごく悩みました。

 

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました