新井祥子(あらいしょうこ)氏の経歴は?旦那や子供は?過去には離婚歴も、頑張り屋さんな印象…病気はアトピー性皮膚炎を公表

話題のもの
スポンサーリンク
【しょこたん失職】懲罰動議、賛成多数で可決…それでも新井祥子氏「他にも肉体関係を持たされた人がいる」
草津町長から性的な行為を受けたと訴えていた新井祥子(あらいしょうこ)氏でしたが2日の町議会にて失職してしまいました。 懲罰動議で可決  群馬県草津町で町長からセクハラ被害を受けたと告発していた女性町議が議会の品位を傷つけ...
【動画】黒岩信忠草津町長が新井祥子町議らを名誉棄損で告訴!新井祥子町議は過去に戒告、処分歴もあり…どちらが本当なのか?
町長室で性交渉をしたなどと事実に反する内容を電子書籍に掲載され、名誉を傷つけられたとして、草津町の黒岩信忠町長(72)が、同町の新井祥子町議(50)とライターの飯塚玲児氏(53)に対する告訴状を長野原署に提出した。新井氏は29日、渋川市役所...

草津町長である黒岩信忠町長からセクハラを受けたなどとして実名で訴えていた件で、新井氏に注目が集まっています。
そこで新井氏の経歴やなぜ普通の主婦だった彼女が町議へなったのかなどをまとめています。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎のため湯治に通っていた

  • 2009年、湯治に通っていた草津町に引っ越し。当時は普通の主婦であり、会社員として働いていたようです。湯治仲間から草津町議の補欠選挙に出てはどうか?と勧められた新井氏は「人の役に立ちたい」と出馬を決意。当時は結婚をしており「園田祥子」として出馬しています。
  • 2010年 草津町議会議論補欠選挙 落選 この時「私の覚悟を伝えきれなかった」とし、落選を謝罪、覚悟を知ってもらうため、自分で髪を剃り上げ、丸坊主姿へ。

  • 2011年 草津町議会選挙に初当選
  • 2015年 草津町議会選挙 落選
  • 2019年 草津町議会選挙に当選
スポンサーリンク

旦那や両親は出馬に猛反対

主人は「主婦が出馬なんて考えられない。無理に決まってる」とあきれ顔。私の両親には「主婦として、家庭をまず守るべきでしょう?」と諭されました。私は、「迷惑かけないから」と顔を合わせるたびに説得し、主人や両親の手を借りずに選挙準備をしました。

出馬には両親や旦那さん、家族はみんな反対したということで選挙資金は貯金と借り入れから捻出。

最後には新井氏の本気を感じ取ってくれたのか、旦那さんも両親も選挙運動を手伝ってくれたといいます。

しかし、初出馬のあとは離婚をしており、園田姓から新井姓になっています。

当時を振り返ったインタビューにて「夫婦2人暮らし」と答えていたことから子供さんはいないようです。

初出馬で落選後…多忙に働く

昼は土産物店で、夜はホテルの管理人室で働くなど大変頑張り屋な一面もある新井氏。

放送されたインタビュー映像から色々と言われていますが、落選後にがむしゃらに働いていたことも事実。

しかし2013年には町民からの要望書を黙って取り下げようとしていたなどで訓戒処分を受けていることから、わいせつ行為を訴え出た彼女には信用性がないという意見もあります。

スポンサーリンク

新井氏にネットの反応は?

 

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました