錦戸亮失言!?ファンの呼び方を決めるのは「サブい」発言でエイター猛反発か!批判の声の一方で…

テレビ関連
スポンサーリンク

「錦戸と言えば、ジャニーズ時代もたびたび週刊誌に女癖の悪さや素行の悪さをスクープされていた存在。昨年、人妻と2年間にわたる不貞や、ベッド写真がたびたび報じられ、世間も呆れ気味に。また、14年に山下智久がトラブルから一般女性の携帯を取り上げ、書類送検された際にも同席していたという騒動もありました。このような“前科”が多くあるため、一部ファンは『ジャニーズ』という足かせがなくなったことが、錦戸の傍若無人ぶりを加速させるのではと心配しているようです」(芸能ライター)

また、先日のライブでのある発言も、いまだ尾を引いているという。

スポンサーリンク

一体どんな発言をしたのか?

ライブのMC中、錦戸さんはファンや観客について

  • 『ファン? お客様? 面白がってくれる人たち?』と呼び方に惑いつつ、『(ファンの)呼び方決めんのサブいし。俺はね』と発言

これに関ジャニファンが激怒したというのです。

理由は、関ジャニファンは関ジャニの元メンバーである渋谷すばるさん発案で『エイター』と呼ばれていたから。

『関ジャニもすばるくんもディスってるの?』『ずっとサブいと思ってたんだ…』といった幻滅の声が聞かれていました。この発言も、今回のツイートも、事務所からの束縛から解放された“はっちゃけ感”が見え隠れしており、何か大きな騒動を起こしそう、という指摘も聞かれてしまいました」

ただ、これに関しては、この錦戸さんの発言だけを聞いたらそう聞こえるというのもあるし、前後の流れやテンションもあるでしょうから、本当の錦戸さんの気持ちは分かりません。

しかし一つの言葉も聞く人が違えば感じ方が変わってくるもの。この錦戸さんの言葉を嫌だなと受け止めている方々がいるのも確かです。

スポンサーリンク

批判の一方、擁護も聞こえる

スポンサーリンク

本人は解放感に包まれている

すごく元気そう(笑)これを見る限りジャニーズ事務所ではやはりグループやイメージというものがあり、それで自由にならない部分もあったのでしょう。今は自由にやりたいことをやれるという解放感の中にいるようです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました