嵐活動休止までを追う『ARASHI’s Diary -Voyage-』はいつからいつまで?どこで見られる?予告編動画も!

芸能人関連
スポンサーリンク

嵐がTwitterを使っているという事実にも未だ慣れない中、またすごい告知を放ってくれました…嬉しいんだけど大盤振る舞いでもう身が持たない…!

嵐、活動休止までを追うドキュメンタリーをやるそうです!

ちょっとアレコレ調べてみました!

嵐。 大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤。 1999年11月3日、デビュー。チャート首位回数、日本歴代1位。 CDセールス、4,000万枚以上。ツアー観客動員数、1,400万人以上。 史上最大規模の20周年アニバーサリーツアー中に、2020年12月31日での活動休止を発表。 彼らは、なぜ活動を休止するのか。 今なにを思っているのか。 嵐、その光と影、21年目のリアル。 5人、最後のドキュメンタリー。 Netflix オリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』2019年12月31日(火)、全世界独占配信開始。

スポンサーリンク

ツイッターで告知

突然で驚きましたね…!というか予告編だけで涙が止まらないのは私だけ??じゃないはず!

「ARASHI’s Diary Voyage」とは!?

デイリーと入っていることからなんか毎日のことなのかな~とか早朝の働かない頭で考えていたのですが、ドキュメンタリーを流すようです。

「ARASHI’s Diary Voyage」では、「嵐」の活動休止となる20年12月31日までの姿を映し出していく。これまでのアーカイブ映像に加え、「嵐」の“今”を切り取った貴重なドキュメンタリーだ。

スポンサーリンク

いつから?どこで放送?

 人気アイドルグループ「嵐」の“リアルな姿”を映し出すドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary Voyage」が、12月31日からNetflixで全世界独占配信されることが決定。

これに合わせて「Happiness」「Monster」「Turning Up」といった楽曲を使用した予告編と「嵐、その光と影、21年目のリアル。」というコピーが添えられたキーアートがお披露目となりました!

気になる配信予定ですが、12月31日から約1年かけて放送されるようです!すごい!

ちなみに毎日の配信ではなく、毎月の配信です。

配信はNetflixにて全世界独占配信

ネットフリックスだから好きな時間にスマホでも見れますし、テレビみたいに張り付いてなくていいから楽ですね!

Netflix (ネットフリックス) 日本 - 大好きな映画やドラマを楽しもう!
Netflix (ネットフリックス) で映画やドラマをオンラインでストリーム再生! スマートテレビ、ゲーム機、PC、Mac、モバイル機器、タブレットなどでお楽しみいただけます。

Netflixは、受賞歴のあるドラマ、映画、アニメ、ドキュメンタリーなどの幅広いコンテンツを配信するストリーミングサービスで、メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで視聴することができます。

定額、低価格で、いつでもどこでも、好きなだけ視聴することができ、広告は一切ありません。映画やドラマは毎週追加されるので、いつでも新しい作品を発見できます。

スマホ、タブレット、スマートテレビ、パソコンやストリーミングデバイスなどで視聴可能なNetflix。

利用料金は?プランは月額¥800 (税抜) から。長期契約や追加料金はありません。

世界に向けて配信ということで、英語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語、アラビア語など、28カ国語の字幕付で全世界190カ国に配信されるそう。これまたすごい!

スポンサーリンク

MJからのコメントも!

メンバーの松本潤は「20年活動してきた僕らが、2020年末で活動休止するのは何故か。そして、僕らがその時『何を思い、何をしたか』。その瞬間を一年間、伝えていきたいと思います」と説明。「僕自身、どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています。Netflixと組むことで世界190カ国、28の言語の字幕付きの配信が実現しました。今まで僕らを知らなかった方にも、『日本にはこんなエンターテインメントがあったんだ』と興味を持ってもらい、日本の文化や人間性に触れてもらうきっかけになったら嬉しいです」と思いの丈を述べている。

アイドル、特にジャニーズのタレントさんって色々制約も多く、思っていること(言えないこととか)がなかなかファンに伝わりにくいのかなぁ…と思う中でこうやってリアルな姿を見せてくれるのはとっても嬉しいことですよね!

願わくば、この配信、しばらくしたら円盤にして欲しい…保存しておきたい…ちょっと気が早いことを思うのでした。

とにかく、年末が楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました