きゃりーぱみゅぱみゅが海外で炎上!?理由はキッズダンサーの「P→★」を可愛がるツイート

芸能人関連
スポンサーリンク

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが海外で炎上している。

問題となっているのは、きゃりーが12年に投稿したあるツイート。当時、きゃりーはダンスキッズ集団をバックダンサーとして使っていたが、その中に「P」という少年がおり、きゃりーはたびたびツイッターで「可愛い過ぎて辛い抱きしめてますなうちゅーしたい」「今日はどさくさに紛れてPちゃん(中1の思春期のダンサー)といっぱい手繋げたなあ」「今日こそはPちゃん抱っこしながら寝たいな」などと溺愛している様子をツイート。実際に「足の間に挟まれてます」と写真も投稿していた。

スポンサーリンク

炎上元のツイートは?

↑こちらがそうでしょうか。

「今日は一緒に寝ようよ~」というスクショ画像が載ってますね。

きゃりーさんが実際に呟いていたものはこちらかなと思います↓

しかし、このきゃりーのツイートについて、今月14日になり、海外のツイッターユーザーが「きゃりーぱみゅぱみゅはペドフィリア(小児性愛者)」と英語でつづり、きゃりーがその男児の膝の上に乗っている写真や、手を繋いでいる写真などをアップ。また、男児ときゃりーとのやり取りがスクリーンショットされたと思われる写真には、きゃりーが「今日は一緒に寝ようよ~」と誘っており、男児が「それは…」「緊張して寝れません」と躊躇うと、「大丈夫 今日だけ抱っこして寝ても良い? お願いっ」ときゃりーが懇願する様子が記されていた。

告発したツイッターユーザーは「投稿は数年前のものですが、12歳という幼い子供が餌食になり、傷つく可能性があることに注意が重要です。これが数年前に起こったということを言い訳として使用しないでください」と警告しており、海外からは「もうきゃりーぱみゅぱみゅは聴かない」「日本は児童ポルノに対する意識が低すぎるのが原因」「当時彼女は19歳だから約7歳差?気持ち悪い…」といった声が聞かれている。

スポンサーリンク

P→★(ぴー)とは?プロフィールや経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

黒髪にした。 なんてね。

→★ 【 】(@p_tempurakidz)がシェアした投稿 –

少し中性的な顔立ちで、7年前の12歳ならもっと可愛らしい感じでしょうし、確かにきゃりーさんが可愛い!というもの分かるような気もします。

P→★さんはTEMPURA KIDZ(テンプラキッズ)というダンス&ボーカルパフォーマンスユニットに所属しています。

事務所はアソビシステム(ASOBISYSTEM)。所属レーベルはSMEレコーズ(ソニー・ミュージックレーベルズ)です。

P→★ (ぴー)本名非公開

生年月日:1999年8月30日(20歳) B型 メンバーカラーは黄色

  • グループ唯一の男性
  • ダンス、2018年1月からボーカルも担当。主としてラップと観客への掛け声を担当。ダンスナンバーの楽曲制作も手がける
  • 小学3年生のときにオカザイルを観たのがきっかけでダンスを始めた
  • メンバーのAO同様MISIAのバックダンサーを務めたことがある
  • 高校在学中に同じ学校の仲間とダンスナンバーを制作、2017年7月にはKOTA, UFO TADA, SEIYAとともに東京ゲゲゲイのMIKEY(牧宗孝)プロデュースのダンスユニット「東京ボボボーイ (TOKYO BOBOBOY)」を結成
  • UFOやQUART2とのダンスワークショップを開催するなど、TEMPURA KIDZ以外の場でも積極的に活動している
  • DJとしては、DREAMS COME TRUEのスピンオフ・イベント「ドリカムディスコ」福岡公演(2019年8月29日)にゲスト出演
  • 「ドリカムディスコ全国拡散 30th ANNIVERSARY PARTY ファン感謝祭」(同年11月3日)にも出演
  • メンバーのKARINと同様カラフルな古着を着こなすファッションが特徴
  • 2019年7月からグループのビジュアル・プロデューサーも手掛けている増田セバスチャンの原宿のショップ6%DOKIDOKIのショップボーイとして不定期に店頭に立っている
スポンサーリンク

海外では自覚がなくても発言だけで「アウト」

きゃりーの言動について「昔からの日本での感覚としては『単に子供を可愛がっているだけ』『何の問題もない』との見方が強いかもしれませんが、近年海外で拡大している先進的なスタンスでは、彼女の世界展開に暗雲が立ち込めるほどの『ありえない発言』だと思います」と指摘するのは数年前までアメリカに在住していたテレビスタッフ。

「世界的大スターだったマイケル・ジャクソンでさえ、死後に放送されたドキュメントで『小児性愛問題』が浮上したことでカナダのラジオネットワークが楽曲の配信停止を決めたほど。それほどシビアな問題なんです。今回の炎上騒動できゃりーに『小児性愛の自覚』があったかどうかは甚だ不明ですが、海外では『発言だけでアウト』となってしまうのが実情です」

彼女にとっては寝耳に水の炎上騒動であった。

引用:Re:GEINOU

可愛がっていただけじゃ…と言いたくなりますが、海外では小児性愛は日本よりもずっと厳しい目で見られます(日本は甘い?)

ですから4度のワールドツアーを行い海外でも知名度の高いきゃりーさんも、7年前の発言であっても炎上しているというわけなのですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました