子供に性犯罪…加害者としてアベマTVに出演した加藤孝という人物とは?事実とは違うデマも出回る

テレビ関連
スポンサーリンク

「加藤孝」という人物がTwitterのトレンド入りをしています。

一体誰なの!?と思う方もいらっしゃると思うのですが、彼は過去に子供に性犯罪を行った加害者であり、16日のAbemaTV『AbemaPrime』に実名と顔出しで出演して話題を呼んだ方です。

彼がメディアに登場したことで様々な意見が飛び交っています。

スポンサーリンク

当事者に聞く「小児性愛」に名前と顔を出して登場

今回、自らについて顔と名前を出して話すことを決めた理由を尋ねると、「視聴者としてこの番組を見ていた時に、当事者の方にモザイクが入ってることに対して”ちゃんと伝えればいいのに”と思っていたから。自分が出ることで、セカンドレイプ的な状況を作り出してしまう可能性も考えたし、主治医にも相談した。やっぱり子どもの心にどれだけの傷を残すのか、あの頃に知っていたらと思うので、過去の自分に語りかけるように、同様の問題を持つ人にメッセージを伝えたい」と説明。番組でも、その意向を踏まえて協力してもらった。

スポンサーリンク

経歴やプロフィールは?

名前:加藤孝(かとう たかし)

年齢:1962年9月16日 現在57歳

ツイッターアカウントには生活保護を貰っていること、住所や携帯電話番号を載せており、番組を観た人かは分かりませんがいたずら電話がかかってきたとツイートしています。

番組内では

「海水浴で小学生男児とじゃれるふりをして性器を触る」「電車で女子高校生に自分の性器を押し当てる」といった痴漢行為をしていたという加藤さんは、大学に進学すると、児童を性の対象にしたコミックなどで強迫的な自慰行為に及ぶようになる。「中学時代に半裸の男の子が出ている映画を見て興奮したことを覚えている。遡ってみると、その時からそういった感情はあった。決定的だったのは、大学時代に男児を性虐待するポルノコミックを見たこと。”これが自分の世界だ”と思った。それからポルノで強化されていった」

このような経緯を語り、38歳の時に商業施設内で子どもの口をガムテープでふさごうとし、「このままだと子供の命を奪ってしまうかもしれないと自分が怖くなった」といい、自首。

加藤さんはその後強制わいせつ未遂で起訴され、懲役2年・執行猶予4年の有罪判決を受けました。

再犯防止プログラムを受け現在まで19年、再犯はないそう。

彼は自分を「卑劣」であると認めています。

また、番組内では「小児性愛障害」以外にも発達障害や双極性障害、アルコール依存症などの病気を抱えていることも告白しています。

スポンサーリンク

Twitterでは事実ではない情報も流れる

スポンサーリンク

加藤孝さんのメディア登場に様々意見

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました