新井浩文と暮らす恩師の大物女優とは誰!?名前は大楠道代?軽井沢で衣食住の面倒、役者人生も諦めていない

テレビ関連
スポンサーリンク

12月2日、東京地裁にて懲役5年の実刑判決が下った新井浩文被告。

執行猶予はつかない!新井浩文被告に懲役5年求刑。判決はいつ?【反省が感じられない】
派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交の罪に問われた元俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の公判が23日開かれました。 検察側は懲役5年を求刑 検察側は、新井被告が被害女性が拒んだにも関わらず...

現在は軽井沢で恩師と暮らしているという報道がされました。その恩師は大物女優だといいます。一体誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

新井浩文被告と恩師

3月に保釈されて以降、その姿は東京から200km離れた、日本を代表する避暑地で目撃されていた。

「軽井沢で、ひっそりと暮らしている。この地には役者になるきっかけを与えてくれた恩師ともいえる女優が住んでいるんです。数々の映画祭で受賞歴を持つ大物女優で、彼女が衣食住などの面倒をみているとか。新井さん本人は、役者としての人生を諦めていないといいます」(事情を知る芸能関係者)

恩師は

  • 数々の映画祭で受賞歴を持つ大物女優
  • 彼女が衣食住などの面倒をみている

とのことです。

この恩師、ネットではすでに名前が挙がっています。

恩師だと大楠さんでしょう。本当か分からないけど、まだ役者の道を諦めてないの箇所に苛立ちました。もう二度と戻らなくていい!

大楠(おおくす)道代さんだというのです。

スポンサーリンク

大楠道代(おおくすみちよ)の経歴・プロフィール

本名:大楠 道代(旧姓:安田)
別名義:安田 道代
生年月日:1946年2月27日(73歳)
出生地:中華民国天津市

  • 武庫川女子大学附属中学校・高等学校を経て、武庫川学院短期大学国文科に進学
  • 1964年、大学在学中に日活にスカウトされ、在学のまま吉永小百合主演の映画『風と樹と空と』で本名の安田 道代でデビュー
  • 翌年、知人に勝新太郎を紹介され、勝にその才能を惚れ込まれて大映と正式に契約。短大を中退し、本格的に女優に専念
  • 大映宣伝部は山本富士子の再来と大々的に売り出す
  • 入社第1作は若尾文子主演の『処女が見た』で、勝の実兄の城健三朗と共演した。これが成功してスター女優として歩みだす
  • 城とは実生活で恋仲になったという
  • 1971年、大映倒産前に退社しフリーとなり、若手ながら成熟した大人の女性を数多く演じた
  • 1976年に日本のデザイナー・ブランドの先がけ「ビギ」の設立者のひとりである大楠裕二と結婚し、芸名も大楠道代に改名
  • 1980年代のビギの全盛期には、ビギの役員であるため俳優タレント部門の長者番付の上位に並ぶこともあった
スポンサーリンク

新井被告と大楠道代の接点は?

一番気になるのは二人の接点ですよね。

実は新井被告は漠然と「有名になりたい」という思いで、19歳のときに青森から上京。上町の屋台で荒戸源次郎さんと知り合い、大楠道代さんの付き人となった経緯があるのです。

そのため、この大物女優=大楠さんという流れのようです。

しかし報道では大物女優の名前は出されていないですし、そもそも庇護の元暮らしているという報道も写真などないため事実かどうかも分かりません。

そして報道の中で、新井被告は役者としての人生を諦めていないと関係者側の話が載っています。

役者としての道を閉ざさないためにも無罪を勝ち取りたい気持ちで一杯でしょうね。

高裁での判決が注目されます。

スポンサーリンク

ネットの反応

その女優は甘やかせるのをやめるべきだと思いますが?反省していないし、実刑が望ましいと思う。もう俳優としても需要はないし控訴はやめるよう願いたいですね。顔も見たくなはい。

 

個性派の役者だとは思うけど、もう役者として復帰は難しいだろうと思う。

 

覚醒剤を使用して逮捕された芸能人も印象が悪いが、性犯罪で逮捕された芸能人のほうが比較にならない程印象が悪い。
芸能界に復帰するのは不可能だろう。

 

なんのつもりか、こういう奴が甘やかすから反省できない。
パトロンも同罪では?

 

女性は、結局職場にも居づらくなって、辞めるしかなかったのでしょう。店にバッシングなんかもあったかもしれないし。もう芸能界に復帰はあり得ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました