M-1で上沼恵美子の発言に反応するとろサーモン久保田…ツイ消しに「炎上芸人」「ダサい」と批判

テレビ関連
スポンサーリンク

今年のM-1は9組の決勝進出者のうちなんと7組が決勝進出が初!一体どのような戦いになるのか…「この芸人さん初めて見るなぁ」という方も多くいらっしゃったのではないでしょうか!?

にもかかわらず、こんな面白い人たちがどうして今まで出て来なかったの!?というような本当に決勝戦にコマを進めた芸人さんみんなおもしろかったですね!

とくに勝ち抜いた3組…ここまで来たらあとは個人の好みでは!?というぐらい誰が優勝してもおかしくない戦いでした。

結果、2019年令和初の頂上決戦を制し漫才日本一に輝いたのは「ミルクボーイ」

感動的でした!

さて、そんな表のドラマとは別に今年も裏ではなにやらあった模様…。

スポンサーリンク

上沼恵美子の暴走

この動画にもある通り、上沼恵美子さんってこのノリなんですよね!普段は東京のテレビ局にあまり出ないので関東の方々は「上沼さん大丈夫!?」ってなる方多いと思うのですが、関西ではこんな感じです。

漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」決勝が22日、東京・テレビ朝日で行われた。 今年も審査員で上沼恵美子が登場。昨年大会では終了後に、とろサーモン・久保田かずのぶと、スーパーマラドーナ・武智が、上沼に対して「更年期障害」などと暴言を動画配信し、大騒動となったが、今年の冒頭で、上沼は「更年期障害を乗り越えました!」と逆襲。「いつも真剣にやってるのに…」と語り、カメラに向かって「いらんこと言うなよ!」と一喝して、笑わせた。

 その後も、大暴れ。先頭のニューヨークの審査中には「歌って難しい…あっ、こんなところに」と、自身の新曲のCDを取り出し「ヨロシクウ!」と宣伝。敗者復活戦からは3年連続2位の和牛が復活したが、「横柄な感じ」「緊張感もなんにもない、そういうぞんざいなものを感じました」と突然のお怒り。昨年まで最終決戦で和牛に投票して期待していたが、今年準決勝で一度敗退したのが怒りの原因だと明かし「決勝まで残りくさらんかった!それが腹立つつーんですわ!」。

引用:デイリー

からし蓮根を褒める中で急に和牛にキレ出す上沼さん。ディスっている、言いすぎ!など上沼さんに対する批判もあったのですが、上沼さんの言葉の意図を汲み取る方も。

優勝する実力があるのに今年は準優勝で落ちてしまったからではないかな。
最初に出てきたときの気持ちを思い出せと言うこと

和牛が敗者復活戦で喜んでいるのが
上沼さんには 歯がゆかったんでしょうね
からし蓮根はまだまだだから 強いことは言わなかった
だって からし蓮根の寸評で和牛のことを言うのは 本来あり得ないことでしょう
水田も川西も くだらない ツイッター等はあげないでくださいよ

こういった意見もありました。

さて、このM-1での上沼さんの様子を見ていたあの人は…今年も噛み付いていました!

スポンサーリンク

とろサーモン久保田、Twitterでツイートしてはツイ消し「反省なし」

去年のように言いたいことがあるなら言えばいいのに!という世間のみなさんの声をよそに、ツイートは消して通常運転に戻っています。

ただ、世間になんと言われようと久保田さんには怖いものはなさそう(笑)

しかし今年もM-1の舞台とは違うところで場外乱闘のようになってしまう久保田さん。来年もなんかしそうですね(笑…えることであってほしい)

コメント

タイトルとURLをコピーしました