首都大学東京健康福祉学部の竹井仁教授(53)を懲戒解雇処分!プロフィールや経歴は?

テレビ関連
スポンサーリンク

首都大学東京は24日、大学院の入試で試験問題を漏えいしたり、2016年の参院選で特定候補者への投票を働き掛けたりしたとして、健康福祉学部の竹井仁教授(53)を懲戒解雇処分にした。

スポンサーリンク

プロフィールや経歴

名前:竹井仁(たけいひとし)53歳

生年月日:1966年2月12日

  • 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科理学療法科学域
  • 首都大学東京健康福祉学部 理学療法学科の教授・理学療法士・医学博士
  • 久万町立久万小学校、久万中学校、愛媛県立松山東高等学校、東京都立府中リハビリテーション専門学校、青山学院大学文学部第二部教育学科、筑波大学大学院修士課程卒業
  • 2002年10月に東邦大学大学院医学研究科解剖学教室にて医学博士取得
  • 筋膜研究の第一人者。筋膜博士とも呼ばれる
  • 株式会社オフィス・タケイリリースにて、筋膜リリーストレーナーと筋膜リリースセラピストの養成も行っている。アシスタントとして「きんまくん」と妹の「ファシアン」ちゃんがいる
  • 1987年4月に東京都職員共済組合清瀬病院リハビリテーション科勤務
  • 1996年4月に東京都立医療技術短期大学理学療法学科 講師
  • 1998年4月に、東京都立保健科学大学理学療法学科 講師
  • 2005年4月に首都大学東京大学院人間健康科学研究科理学療法科学域、首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 准教授
  • 2012年4月に首都大学東京大学院人間健康科学研究科理学療法科学域、首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 教授

すでに首都大学東京の教員ページは見れない状態になっています。

竹井教授は大変有名な方で、著書も多く「世界一受けたい授業」や「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」などのテレビ出演もしていました。

首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科 教授。
医学博士 理学療法士 OMT
首都大学東京健康福祉学部理学療法学科などの教育機関で
学生教育を実践するかたわら
病院と整形外科クリニックにおいて臨床も実践。各種講習会も全国で展開中。
専門は運動学・神経筋骨関節系理学療法・徒手療法。解剖学にて医学博士取得。

引用:世界一受けたい授業【保健体育先生プロフィール】

スポンサーリンク

大学院の入試問題を漏えい及び教育者の地位を利用した選挙運動が明らかになり解雇

大学側によりますと竹井教授は

  • 17年5月に実施された大学院人間健康科学研究科の博士前期課程の入試で、受験者1人に対して自らが問題作成者と明かした上で内容を漏えい
  • 16年7月の参院選では複数の学生や親に特定候補者への投票を依頼したとしている

これを踏まえ上野淳学長は「入試や教育という大学の根幹に関わる重大な問題であり、深刻に受け止めている。再発防止や信頼回復に取り組む」とのコメントを出しました。

スポンサーリンク

ネットの反応

大学院の試験なんて「将来の人材確保のため」ですから、人数調整して「落ちない」のが普通なのですけれどね。

私も特に勉強せず、問題も教えてもらわずに通りましたから、そういうものですよ。

 

漏らした相手が、知り合いに頼まれたのか、お金を積まれたかで趣旨が違って来る。

 

受験生の親からいくら貰ったんだろうか
こんな奴がいるから真面目に受験して入った人まで不正で合格したと思われる

 

せっかく、石原氏の時代に首都にふさわしいネーミングをしたのに、時代錯誤で懐古趣味の旧都立大学に戻すという暴挙のせいで、こんな失態が明らかになったわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました