IR汚職議員5名は中村裕之氏、船橋利実氏、下地幹郎氏、 宮崎政久氏、 岩屋毅氏と読売が公表!逮捕は!?

話題のもの
スポンサーリンク

元旦から報道があって、IR汚職をめぐり現金を受け取っていた国会議員は誰なのかとネット上で話題になっていましたが、どうやら読売新聞で名前が載っていたようです。

賄賂を受け取っていた汚職議員5人は誰?自民4名・維新1名、閣僚経験者や現職の政務官!すでに任意で聴取済、逮捕間近か!?
2020年元旦からまた衝撃的な報道がされました。 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、贈賄側の容疑者の1人が秋元司衆議院議員以外にも国会議員側5人に100万円前後の現金を配ったと供述していることが分かったのです。...

すでに昨年末に任意での事情聴取を受けているとあったので、すぐにどこからか名前が漏れて出て来るだろうと思っていましたが…5人の汚職国会議員に前防衛大臣まで含まれていました…。

スポンサーリンク

自民は岩屋毅、中村裕之、船橋利実、宮崎政久、維新は下地幹郎の5人

  • 中村裕之氏(北海道4区)
  • 船橋利実氏(比例北海道)
  • 下地幹郎氏(比例九州)
  • 宮崎政久氏(比例九州)
  • 岩屋毅氏(大分3区)

上記5名の名前が公開されていたようです。

GAIAが顧問料を払っていた株式会社ATエンタープライズの住所はどこ?秋元司衆議院議員の後援会と同じ住所!
カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で賄賂を受け取っていないと容疑を否認し続けている秋元司衆議院議員ですが、以前一時的に顧問を務めていたとされる芸能ビジネスなどを手掛ける会社の名前が報道されました。 詳しい情報をまと...

特捜部の捜査には複数の議員が現金を受け取ったことを認めているとあったのですが、読売の取材にはそういったコメントはないですね。

各氏のプロフィール・経歴をまとめてみました。

スポンサーリンク

中村裕之

中村 裕之(なかむら ひろゆき)

生年月日:1961年2月23日 58歳

自由民主党所属の衆議院議員(3期)元文部科学政務官、元北海道議会議員(3期)

  • 北海道余市郡余市町出身。北海道小樽潮陵高等学校、北海学園大学経済学部を卒業、北海道庁総務部札幌北道税事務所に勤務
  • 1989年(平成元年)から中村建設株式会社に入社し、1993年(平成4年)より代表取締役に就任
  • 北海道PTA連合会会長、日本PTA全国協議会副会長、(社)日本青年会議所道南ブロック会長等を務めた後、2003年(平成15年)に北海道議会議員(後志管内)へ出馬し、トップ当選。その後、3期連続で当選を果たす
  • 2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙では、立憲民主党の本多平直と希望の党の高橋美穂を破って3選
  • 2018年(平成30年)の第4次安倍改造内閣で文部科学政務官に就任
スポンサーリンク

船橋利実

船橋 利実(ふなはし としみつ)

生年月日:1960年11月20日 59歳

自由民主党所属の衆議院議員(2期)。北海道議会議員(5期)、北見市議会議員(1期)を歴任

現在、自由民主党北海道第一選挙区支部長。また船橋西川建設(北見市)の取締役も務める

  • 北海道北見市生まれ。北見市立南小学校、北見市立南中学校卒業
  • 1979年、北海道北見柏陽高等学校卒業。1983年、北海学園大学工学部土木工学科卒業。北見市内の会社員などを経て、北斗建設の社長を務める
  • 1991年に北見市議会議員に初当選し1期務めた後、1995年から北海道議会議員に当選し5期連続務める
  • 2012年、第46回衆議院議員総選挙において北海道1区から自由民主党公認で出馬し、直前まで衆議院議長を務めていた民主党の横路孝弘を破り初当選
  • 現在の小選挙区比例代表並立制が導入されて以降、北海道1区では比例復活も含めて初の自民党議員となった
スポンサーリンク

下地幹郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

#下地幹郎#衆議院議員#オレンジクジラ🍊🐳 #いい笑顔ででしたね。選挙運動が頑張れるのは出会いがあるからです。。

Mikio Shimoji(@shimojimikio)がシェアした投稿 –

下地 幹郎(しもじ みきお)

生年月日:1961年8月14日 58歳

出生地:沖縄県平良市(現宮古島市)
出身校:中央学院大学商学部商学科卒業
前職:大米建設役員
所属政党 :(自由民主党(橋本派)→)(無所属→)(政治団体そうぞう→)(政党そうぞう→)(国民新党→)(国民新党/政党そうぞう→)(政党そうぞう→)(無所属→)(維新の党/政党そうぞう→)(おおさか維新の会/政党そうぞう→)日本維新の会/政党そうぞう

  • 父親は元平良市長の下地米一氏
  • 2014年の衆議院選挙前に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設工事を受注した業者が下地に対し寄付を行っていたと報じられる
  • 国と契約を結ぶ業者からの国政選挙に関する寄付は、公職選挙法で禁止(特定寄付の禁止)
  • しんぶん赤旗によると、1998年~2000年に鈴木宗男の資金管理団体から500万円の資金を受け取っている
  • 週刊文春の報道によると、2010年、下地は金融会社を経営する社長に対し、「パーティ券を購入してほしい」と依頼し、社長はパーティ券を購入し、下地は金額は一律20万円の7枚、合計140万円の領収書を受け取った
  • 政治資金規正法では、パーティで1人につき20万円以上の金額を集めた場合、その個人名を政治資金収支報告書に記載しなければならないと義務づけているにもかかわらず、下地はこれを記載していない
  • さらに下地は2012年には、同社長に「改正郵政民営化法が成立すれば、ゆうちょ銀行の資産500億円の運用を任せられる」という話を持ちかけたと報道された
スポンサーリンク

宮崎政久

今井絵理子と宮崎政久と写真を撮っていた沖縄半グレリーダーとは誰?名前は?
今井絵理子議員と宮崎政久議員が半グレリーダーと接点を持っていたという疑惑がスクープされたようです。 一体どうして接点を持ったのでしょうか。また、この疑惑は事実なのか…事実ならば半グレリーダーとは誰なのでしょうか。 流失した画像は? ...

宮崎 政久(みやざき まさひさ)

生年月日:1965年8月8日 54歳

自由民主党所属の衆議院議員(3期)、法務大臣政務官、弁護士法人那覇綜合代表弁護士。沖縄国際大学非常勤講師

  • 1965年(昭和40年)8月8日、長野県上田市に生まれる。父親の転勤に伴い、埼玉県立春日部高校を経て明治大学法学部法律学科に進学
  • 大学卒業後の1992年(平成4年)に司法試験に合格し、司法修習生となった
  • 修習地として那覇地裁を選んだのを機に沖縄県に移住
  • 県収用委員会委員長や各種訴訟の行政側代理人[4]を務めた保守系弁護士の小堀啓介に師事し、2004年(平成16年)まで小堀啓介法律事務所(現在の琉球法律事務所)に勤務
  • この間に小堀の勧めもあって日本青年会議所のメンバーとなり、その後、2005年社団法人日本青年会議所沖縄地区協議会会長に就任
  • 2004年(平成16年)に那覇市内に宮崎法律事務所を開設し独立
  • 2011年(平成23年)には形態を弁護士法人に改め、事務所名も「弁護士法人那覇綜合」とした。企業法務を中心に取り扱う弁護士として活動する傍ら、沖縄県法律顧問・内閣府沖縄振興審議会専門委員・沖縄県行政改革懇話会専門委員長など行政関係の要職を歴任した
  • 2014年の衆議院選挙前に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設工事を受注した業者が宮崎に対し寄付を行っていた
  • 国と契約を結ぶ業者からの国政選挙に関する寄付は、公職選挙法で禁止(特定寄付の禁止)されている
  • 2017年の衆院選期間中、沖縄県の選挙区から出馬した自民党の3議員(西銘恒三郎、国場幸之助、宮崎)が代表を務める政党支部が、15年に米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の関連工事を受注した業者から献金を受けていたことを報じられ、西銘と国場の事務所は取材に「誤解を与えないよう返金した」とコメント
  • 一方、宮崎の事務所は「担当者が不在で対応できない」とし、各支部の政治資金収支報告書によると、献金をしたのは沖縄県浦添市の建設業者。各支部にそれぞれ20万円ずつ寄付
  • 2012年分の政治資金収支報告書によると、辺野古移設関連工事の受注業者から30万円の政治献金を受け取っていたと日本共産党の機関紙しんぶん赤旗が報じた
スポンサーリンク

岩屋毅

岩屋 毅(いわや たけし)

生年月日:1957年8月24日 62歳

身長:178cm

自由民主党所属の衆議院議員(8期)。防衛大臣(第19代)、 外務副大臣(第1次安倍内閣)、防衛庁長官政務官(第2次森改造内閣)、大分県議会議員(1期)等を務めた

出生地:大分県別府市
出身校:早稲田大学政治経済学部政治学科
前職:鳩山邦夫衆議院議員秘書
所属政党:(無所属→)(自由民主党→)(新党さきがけ→)(新進党→)自由民主党(麻生派)

  • 父親は元大分県議会議員・岩屋啓氏
  • 大分県別府市生まれ(現住所は別府市田の湯町)
  • ラ・サール高等学校、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。大学在学中は早稲田大学雄弁会に所属していた。また選挙でのアルバイトを通じて鳩山邦夫衆議院議員の事務所に勤務し、大学卒業後は鳩山の秘書を務める
  • 1987年、大分県議会議員選挙に出馬し、初当選
  • 1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧大分2区(定数3)から無所属で出馬し、日本社会党の阿部未喜男、自由民主党の田原隆に次ぐ3位で当選
  • 選挙後に自民党に入党し、宮澤派に入会した。1993年、武村正義の誘いを受けて自民党を離党し、新党さきがけの結党に参加するが、直後の第40回衆議院議員総選挙に定数が2に改められた旧大分2区から出馬するも、阿部の後継で出馬した無所属の横光克彦(日本社会党系)、自民党の田原隆の後塵を拝し、3位で落選
  • その後、新党さきがけを離党し、新進党に入党。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙には新進党公認で大分4区から出馬したものの、社会民主党の横光克彦に敗れ落選し、後に自民党に復党
  • 2014年の第47回衆議院議員総選挙で7選
  • 2015年2月、自民党党・政治制度改革実行本部長に就任
  • 2017年の第48回衆議院議員総選挙で8選
  • 2018年10月2日、第4次安倍改造内閣にて防衛大臣として初入閣
  • 日本共産党の機関紙しんぶん赤旗の報道によれば、貸金業界の政治団体である全国貸金業政治連盟から政治献金を受けていた
  • 家族は母、妻、子供は1男2女
  • ソフトバンク創業者の孫正義とは、ラ・サール高校1年生のときからの付き合いであり、互いに親友と呼び合う関係
スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

秋元議員逮捕後の岩屋毅氏のコメント

元防衛相・岩屋毅氏は超党派の「国際観光産業振興議員連盟」で幹事長を務めています。

秋元司衆議院議員の逮捕について産経新聞の取材には「IRの整備は透明性を持って厳格に行われ、一切の不正は許されないと考えている。IR実現に向けて政府の取り組みをしっかり注視し、後押ししていきたい」と答えているんですよね…うーん;

逮捕が近いのか、逮捕されたとしても秋元議員と同じく否認を続けるのか、捜査の行方を見守りたいと思います。

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
気になるアレコレ屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました