2020年令和初の福男は高校教師黒木悠輔さん!経歴やプロフィール、顔画像は!?どこの高校?西宮神社、新春恒例「福男選び」

話題のもの
スポンサーリンク

10日早朝、兵庫県の西宮神社で新春恒例の「福男選び」が開かれました!

江戸時代に始まったとされる西宮神社の「開門神事」は、門が開くと同時に230メートルの参道を本殿まで駆け抜け早く到着した3人がその年の「福男」に認定されます。

今年はおよそ5000人の参加者が集まり、この中から一番福、二番福、三番福と一位~三位が決まります^^

スポンサーリンク

一番福は高校教師黒木悠輔さん

令和初!今年の福男は大阪・堺市に住む高校教師黒木悠輔(くろきゆうすけ)先生

写真真ん中のえべっさんの樽を抱えている男性ですね!

経歴やプロフィール

年齢は33歳。大阪府堺市在住

高校は府立藤井寺工科高校

高校では野球部の監督をしているようです。

藤井寺工科高では硬式野球部の監督を務める。現在、部員は10人。監督就任4年目だが、夏の大阪府予選では未勝利。“福男監督”は「なんとか夏に1勝したい」と目標を掲げた。

3年生、ご苦労さんでした。負けてしまったのはすごく残念に思う。君たちの力は、こんなんじゃないねん。もっと出来るはずやねん。1、2年生は覚えといてな。夏の大会の初戦、あのとき打ってれば、しっかり球際で捕ってればと「たられば」になるけど、その怖さを知っておいてほしい。

一回は難しい。二回以降の君たちの雰囲気を忘れないでほしい。「やりきるぞ」という雰囲気がいつも以上に出ていた。ここまでくる過程はすばらしかった。そういうところに悔いはない。きょうの試合には悔いはあるけど。

「言葉が出えへん…野球って難しいな」監督の最後の言葉:朝日新聞デジタル
 高校野球大阪大会は29日に閉幕した。試合後、敗退したチームの監督や部長らは選手らを前にどんな思いを語ったのか。各球場で、記者がその場面に立ち会った。■阿倍野・田中博翔監督 今の3年生は、俺がこの高校…

今回で13回目の参加!「縁があって福男に選ばれましたので、少しでも福を分け与えられるような、充実した一年にしたい」と語っています。

教鞭をとる高校では保健体育を受け持っているとのことで、足の速さは間違いなさそうですね^^

実際に動画を見ると後半ぶっちぎりなのが分かりますねー!すごー!

二番福は地元・兵庫県西宮市の男性

陸上部の男性で名前は藤本陽紀(ふじもとはるき)さん。

市立西宮高等学校に通う高校1年生15歳とのことです。

「二番福」の藤本さんは陸上部に所属し、100メートルは11秒台前半の健脚の持ち主。初参加でくじ番号は「67」だったが「6列目からスタートでしたが、自信はありました」と笑顔。

三番福は川崎市の男性

神奈川県から参加された川畑洋平(かわばたようへい)さん。

おお…遠征ですか!この方は27歳です。

なにかスポーツはされていたのでしょうか。

「三番福」の川畑さんは、就職活動中。「青春18きっぷが余っていたので、急きょ参加を決めました。ちょっと人生でつまずいていたので、前を向けるきっかけになればと…」。初参加でくじ番号「7」を引き当て、最前列の中央からスタートダッシュを決めた。

わあ!これで就職が決まるんじゃないですか!これぞご利益な感じがしますね!

スポンサーリンク

福男選び当日の動画や画像

スポンサーリンク

そして蒸し返される去年の福男の浮気…

ああー…そういえばそんなことがあったような…不倫してたのが福男になったことでバレちゃったんですね…しかし捏造の可能性もあるとのこと!

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました