枝野和子の経歴・プロフィールは?6度の流産…長男には軽度の病気…息子は双子で中学校はどこ?

テレビ関連
スポンサーリンク

1月17日放送の「爆報!THEフライデー」では立憲民主党代表・枝野幸男氏(55)の妻・和子さんが特集されます。

▼政治家・枝野幸男の妻がテレビ初激白!▼実録 人生をかけた壮絶不妊治療1400日▼6度の流産…枝野夫婦の苦悩が明かされる

結婚後なかなか子どもに恵まれなかったという枝野夫妻。

不妊治療を行うも6度の流産…壮絶な治療、二人が過ごした苦悩の日々をテレビで初めて語ります。

スポンサーリンク

枝野和子のプロフィール・経歴、顔画像

著書を宣伝している枝野さん、ちょっと可愛い…。

名前:枝野和子(旧姓西坂)

生年月日:1968年(51歳)

出身地:大宮市出身

語学堪能。元日本航空客室乗務員。弁護士一家の長女に生まれる。

父は東京第一弁護士会会長

スポンサーリンク

出会いから結婚…そして不妊治療

立憲民主党の代表を務める枝野氏を長年支えているのが、51歳の妻、枝野和子さん。結婚して20年以上になるという枝野夫婦は、長年「不妊治療」に取り組んでいた。

和子さんがテレビの取材を受けるのは今回が初だという。もちろん、テレビで自身の「不妊治療」について明かすのも初めて。人前では語りにくい「不妊治療」の実態だが、枝野夫婦にとって“子どもを授かる”という道のりはどんなものだったのか。

  • 二人の出会いは1997年、和子さんが29歳、枝野氏が33歳のとき
  • きっかけはお見合い
  • 当時、枝野氏はすでに政治家になっており、衆議院議員2回生の若手議員だったが、無口で真面目だったため、会っていても全く盛り上がらなかったという

この当時和子さんの中では結婚は考えていなかったのかもしれませんね。しかし、二人の関係に転機が訪れます。

  • TBSのバラエティー番組「オールスター感謝祭」の名物企画「赤坂5丁目ミニマラソン」に枝野氏が出場したことがきっかけで枝野氏に対するイメージが大きく変わった
  • その頑張る姿を見た周囲から背中を押され、和子さんは枝野氏と交際6カ月でのスピード婚に至る
  • しかし、結婚した彼女を待っていたのは、長きにわたる“壮絶な不妊治療”だった

結婚とともに専業主婦となり、政治家の夫を支えていた和子さん。自然と湧いて来たのは「夫の子どもが欲しい…」。

結婚した当初は、その夢は何の苦労もなく叶うと思っていたといいますが、現実は全く違ったそう。

結婚から4年、33歳になっても和子さんに妊娠の兆候は表れず、枝野夫婦は「不妊治療」の決断をする。

枝野夫婦は不妊治療の専門クリニックに通い、まずは「人工授精」を試みたそうですが、なかなか結果が出ず、さらに妊娠の確率が上がる「体外受精」に試みを変えたそうです。

「体外受精」は「人工授精」よりも一回の治療費が高額な上、女性の体への負担が大きい。だけど妊娠率は「人工授精」より高いのです。

和子さんも「体外受精」に切り替え、なんと2回目の治療で初めて妊娠の兆候が現れたそう。

“待望の赤ちゃん”という夢へと前進し、期待が大きく膨らむ和子さん。しかし、そんな和子さんに“流産”という厳しい現実が襲い掛かる。着床しては流産を繰り返すこと1年間で3回。しかもその間に枝野氏の選挙があれば治療は中断。不妊治療をしていることは周囲に明かさず、政治家の妻としての仕事を明るく務めていた和子さんだったが、周囲から政治家の妻として当然のように跡取りを期待され、度重なる流産とプレッシャーに押しつぶされて、心身がボロボロになってしまう。

和子さんは、着床しても受精卵が定着せずに流れてしまう“習慣性流産”という状態が約2年間続いたといいます。

スポンサーリンク

双子の息子に恵まれた!長男には軽度の聴覚障害も、元気で過ごしている!

不妊治療を始めて3年。計10回の体外受精を行い、36歳でついに妊娠した和子さん。不妊治療にはよくあると聞きますが、多胎児だったそう。

辛い不妊治療を越えた先に、枝野家には二卵性双生児がやって来たのです!

普段は家事を手伝わない枝野さんも家事を分担してくれるようになったそう。

そして出産を迎えるのだが、なんと議員宿舎のエレベーターの中で破水が始まった。

「部屋に戻り、宿舎内に常駐している看護師に救急車を呼んでもらい、1人でエレベーターに乗ってロビーに向かう途中にも破水しました。枝野も病院に駆けつけてくれましたが、出産直後、出張でイタリアに(笑)。結局、予定より1カ月半早い出産となりました」

産まれたのは双子の男の子たち!

2019年時点で中学一年生のようです。

長男には軽度の聴覚障害という病気があり、補聴器が手放せないが公立の中学校に元気に通っていて、次男は本が大好きなのだとか。「速く本を読みたいから」と、速読教室に通うほどの読書家らしく「小学生のころから伊坂幸太郎や重松清の本などを読んでいて、いまは東野圭吾が好きみたいです」と和子さんが語っています。すごいですね…優秀そうだ…。

2人の将来の夢は長男がゲームのプログラマー。次男は弁護士だとか。

和子さんは政治家になることは望んでいないようです(笑)

中学生の二人が通う学校はどこ?

公立の中学校であることは和子さんがインタビューの中で語っていますが、学校名までは分かっていません。また、息子さんの名前なども公表していないのか分かりませんでした。

でも周囲では有名でしょうね!

お母さんは美人で、お父さんはあの枝野さんですから!

スポンサーリンク

まとめ

和子さんは「枝野家のひみつ 福耳夫人の20年 枝野 和子という本を出版されているので、そのお知らせも兼ねての出演なのかもしれません。

不妊治療についてテレビで語るのは初めてなようなので放送が楽しみですね^^

スポンサーリンク
テレビ関連
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました