夫婦別姓に関する発言中ヤジを飛ばした女性議員は誰?杉田水脈議員か!?

テレビ関連
スポンサーリンク

22日の衆院代表質問で国民民主党の玉木雄一郎代表が選択的夫婦別姓に関する質問をした際、「それなら結婚しなくていい」という趣旨のヤジが飛んだとされる問題で、野党は23日の衆院議院運営委員会で自民党の杉田水脈衆院議員の発言ではないかとして自民に確認を求めた。

昨日から報道され一体誰が言ったのかと話題となっている女性議員によるヤジですが、名前が挙がったのが自民党の杉田水脈議員。

御本人はなんとコメントしているのでしょうか?

スポンサーリンク

23日午前現在確認は取れていない

同委の高木毅委員長によると、野党側は▽杉田氏と認識しているのか▽杉田氏だとすれば本人が撤回、謝罪をするか▽自民としての考えはどうか――と問題提起した。同委の手塚仁雄・野党筆頭理事(立憲民主党)は記者団に「前列に座っている(野党の)若手議員から杉田氏だとの話もあった。事実確認してもらいたい」と説明。自民に対して事実確認を求めたと明らかにした。

朝日新聞によりますと

  • 22日杉田氏の事務所に確認を求めたが、同日深夜、「現時点で本人と連絡がついていない。明日改めてご連絡する」との回答があった
  • 23日午前には記者団が杉田氏に発言の意図を尋ねたが、答えなかった

とのことです。

Twitterも本日午前までは関連のツイートなどはありません。

杉田氏は2012年、旧日本維新の会公認で初当選。次世代の党を経て17年衆院選で自民公認で再選された。18年には同性カップルについて「生産性がない」と主張し、批判を浴びた。

スポンサーリンク

一体どんなヤジだったのか?

国民民主党の玉木代表が、夫婦それぞれが結婚前の姓を名乗ることも許容する選択的夫婦別姓をめぐり、若い男性が交際中の女性から、「姓を変えないといけないから結婚できない」と言われたとのエピソードを紹介した際に女性議員が「だったら結婚しなければいい」という趣旨のヤジを飛ばしていたということです。

ネットでも動画が出ていますが、声が杉田議員だという声もありました。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました