酒井いぶき考案のテプラアートワークがラフォーレ原宿の広告に酷似!パクられたと訴える

話題のもの
スポンサーリンク

モデルやアーティストととして活動する酒井いぶきさん。

酒井さんはモデル業のほか、オフィス用品「テプラ」を使ったアートワークの制作などを行っているのですが、まさにそれが今回問題となっています。

スポンサーリンク

追記:今回の騒動まとめ

24日に報道もされました。

東京・原宿にあるファッションビル「ラフォーレ原宿」は、文具メーカー・キングジム(東京都)のラベルライター「テプラ」のラベルをモチーフにした広告を2020年1月から展開している。

しかし、ツイッター上にはラベルを使った表現手法が自身のアート作品と酷似しているとして、広告制作会社との間でトラブルがあったと主張するデザイナーが登場し、注目を集めている。

テプラのラベルを使った広告は、ラフォーレ原宿が20年1月23日~27日に開催するセール「冬のグランバザール」で使われている。このメインビジュアルは、19年12月から公開されていた。

制作を手がけたのは広告代理店のWieden+Kennedy Tokyo(ワイデンアンドケネディトウキョウ、以下W+K社)で、カラフルなラベルのデザインが屋外看板や店内表示、値札、ショッピングバッグなどに用いられている。

J-CASTニュース編集部が20年1月24日午後に店舗を訪れると、その物珍しさからかラベルを使った広告を写真に収める利用客が館内の至るところで見られた。

しかし、この「テプラ広告」に対し、自身のテプララベルを用いたアート作品と手法が酷似していると主張するデザイナーがツイッター上に登場。20年1月24日のツイートによれば、今回の広告ビジュアルが掲載される前にW+K社のアートディレクターと「話し合い」をしたというが、制作に関われなかったとしている。

引用:J-CASTニュース

この件でJ-CASTニュースがラフォーレ原宿の広報担当者に取材するとデザイナー側とのトラブルがあったことを認めたそうです。

さらにW+K社のアートディレクターとデザイナーとの話し合いの内容について、「W+K社から今回の広告の制作意図等の説明を発信していただくべく、準備をしている最中。そちらが整い次第、発表させていただく」と回答。また、今後のラフォーレ側の対応については、「W+K社の結果を見て、ホームページ等で対応していく」としています。

この報道にネットの声は…

むしろWK社側の問題では?
ラフォーレに聞いても仕方なくね?

準備という名の言い訳を考えているんだろうなぁ
W+K社は過去に酒井いぶきさんとテプラアートの案件を手掛けながら、
今回は本人に断りも入れずにそっくりな作品で制作し、
しかも問題のアートディレクターが、
「コーヒーメーカーのテープから発想を得ました!」
とSNSで公表していたという、何重もの不義理をどう言い訳するのでしょう?

テプラ自体の知的財産権はキングジムにあるんだろうけど、アートの表現方法自体の知的財産権はデザイナーや芸術家にあるのかもしれない。それを知っててW+K社のディレクターが押し切ったのなら問題だな。

スポンサーリンク

ラフォーレ原宿のグランバザールの広告が似すぎ…本人もパクられたと主張

 

この投稿をInstagramで見る

 

🛸

@ iibbuukkii_がシェアした投稿 –

画像で比較をする人も

確かに似ているのですが、テプラという手法を使っているために似てしまうのはあり得ることですよね。これなら酒井さんにデザインをお願いすればなんの問題もなかったような気がしますが…。

スポンサーリンク

パクったと認めている?

酒井さんのTwitterを見ていますと、「がっつりと話し合いをした」「私の事知ってたけどやったって認めてるし」とこのようにツイートしており、ラフォーレ側も周知していたということでしょうか?

どのような話し合いが行われたかなどは分かっておらず、酒井さん側の意見しかないためその辺ははっきりとは分かっていません。

スポンサーリンク

一体誰が…Wieden Kennedy、大野真吾氏がデザインを担当?

そして、ツイートの中で酒井さんが名前を挙げている方がWieden Kennedyとラフォーレのアートディレクターを務めたという「おおのしんご」氏。

ワイデン+ケネディ トウキョウにて,インタラクティヴ・アート・ディレクターとして活動する一方,パーソナル・プロジェクトとして一人バンドMerce Deathとしても活動を続けている.ギターとループ・サンプラーを使って,即興で音楽を作り上げていくスタイルで,自宅から行なったワールド・ツアー「World Tour from My Room」や,ギターを弾くと雷が発生するテスラコイル・ギター等,音楽とテクノロジーを融合して遊んでいる.

―Wieden+Kennedyは世界的に知られたエージェンシーですが、どのような特徴を持つ会社でしょうか。

大野:アメリカに本社を置き、世界各地に支店を持つクリエイティブエージェンシーです。もともとはテレビCMを得意とする会社として実績を上げてきましたが、現在はメディアを問わずフラットに広告を手がけています。

大手企業の広告を手掛ける大変有名な方です。

また、インスタにもあった「Merce Death(メルセデァス)」というアカウントは2002年から東京都内を中心に活動をしている、大野真吾さんによる一人ユニットの名称でもあります。

今回の広告酷似の問題、現段階では酒井さんの意見しか出ていないため、大野さんやラフォーレ側にも言い分はあると思います。

話し合いで円満に解決することを祈っています。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました