新型肺炎、愛知県で新たに感染確認!中国人男性が入院している病院や宿泊先はどこ?

話題のもの
スポンサーリンク

国内で4人目となる新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎の患者が26日、愛知県で確認されました。

武漢滞在の日本人を乗せたチャーター機はいつ、どこに到着する?帰国後はどうなるの?
新型コロナウイルス流行の中心地となっている中国中部・湖北(Hubei)省政府は27日、新たに24人の死亡が確認され、国内の死者が80人になったと発表しました。 湖北省は、感染者も新たに371人確認したとし、中央政府が公表した数字に基づ...
【新型肺炎】新たに3例確認。奈良県在住のバス運転手が務める会社はどこ?
ついに出てしまいました。新型コロナウイルスが猛威を振るう武漢に渡航歴のない日本人への発症が確認されたとのことです。 【速報】武漢市への渡航歴ない感染者確認 加藤勝信厚労相は28日、国内で新たに2例の新型コロナウイルス感染者が確認され...
スポンサーリンク

男性は旅行で来日。バスツアーで複数の県を回る

厚生労働省によりますと

  • 患者は中国・武漢に住む40代の中国人男性
  • 22日に旅行目的で家族と共に来日しバスツアーに参加。翌日23日から発熱、関節痛の症状がでていた
  • おとといになって愛知県内の医療機関を受診したところ肺炎と診断され入院

そして今日、26日になって新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

男性は、現在も発熱はあるものの容態は安定しています。

男性は22日に来日した際には発熱などの症状はなく、日本では複数の府県をバスツアーで回っていた、移動中はマスクを着用していたと話しているということです。

バスツアーの他の参加者は現在のところ症状なし

男性が家族と共に参加していたツアーの別の参加者は全員武漢から来た人たちで、厚生労働省は参加者やガイドなど合計28人の健康観察を続けていますが、今のところ、発熱などの症状は出ていないということです。

厚生労働省は男性が訪れた観光地では今のところ濃厚接触者は確認されておらず、男性から感染が拡大する可能性は低いとしています。

これは『現在のところ』という話で、やはりまだ注意は必要と思われます。

というのも、中国国家衛生健康委員会の幹部が26日の記者会見で『新型コロナウイルスの潜伏期間は約10日間で、1~14日間の幅がある』とこのように語り、潜伏期間中に感染する可能性もあるとの認識を示しているからです。

スポンサーリンク

どこから感染したのか不明

この男性患者は感染源とされる武漢の海鮮市場には立ち寄っていないと話していること、中国で肺炎患者との明確な接触は確認できていないということです。

スポンサーリンク

この男性はどこの病院に入院?泊まっていたホテルはどこ?

愛知県の方々にとってはどのルートを辿り、どの観光地に向かったのか、交通機関はどこを使用したのか、など気になりますが、混乱を避けるためか、男性の宿泊先や病院の名前などは公開されておらず不明です。

武漢在住ということ以外新型肺炎患者との接触は確認されていないことから、いつ日本人の間での感染が出てもおかしくはない状態です。

追記:愛知県で発症者が出た場合、常滑市民病院や名古屋第二赤十字病院など12の医療機関に入院することに

愛知県でのニュースによりますと、

中部国際空港には発生源の武漢市を結ぶ

直行便が週2便、経由する便も週3便あり、
職員はサーモグラフィーカメラを設置して
乗客に熱がないか体温に目を光らせています。

愛知県内で感染が確認された場合

  • 武漢市から帰国、入国した人で咳や発熱の症状がある場合は、速やかにマスクを着用して最寄りの病院に行き、武漢市での滞在歴などを申告したうえで、診察を受けるよう呼びかけている
  • さらに診察の結果、感染の疑いがあると判断された場合は報告を受けた保健所が国立感染症研究所に検査を依頼し病原体を特定
  • 患者は常滑市民病院や名古屋第二赤十字病院など12の医療機関で入院することになる

このように対応するとしており、この報道の通りであれば12の医療機関とは愛知県内にある『感染症指定医療機関』のことを指していると思われます。

名前が挙げられている「常滑市市民病院」は『第一種感染症指定医療機関』に指定。

他に『第二種感染症指定医療機関』の病院は

  • 常滑市市民病院
  • 名古屋第二赤十字病院
  • 名古屋市立東部医療センター
  • 愛知県厚生農業協同組合連合会 海南病院
  •  公立陶生病院
  • 一宮市立市民病院
  •  春日井市民病院
  •  愛知県厚生農業協同組合連合会 知多厚生病院
  •  愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院
  • 愛知県がんセンター愛知病院
  • 医療法人豊田会刈谷豊田総合病院
  • 豊橋市民病院

愛知県内でも名古屋市だけに限らずこれだけの数があります。愛知県の対応通りであればこれらの病院のいずれかの可能性はありますが、はっきり分かってはいないため男性の入院先は現在のところ不明です。

ただ、常滑市長である伊藤たつや氏はTwitterにてこのように明言しています。

病院に確認を取ったのかもしれませんが、常滑市民病院ではないとツイート。

いずれどこかの病院が何かしらの発表をする可能性もありますが、今は男性の回復と、他の発症者が出ないことを祈りたいと思います。

現在新型肺炎にはワクチンもないことから、予防が一番の対処法といわれています。

未知の存在であるから恐怖する気持ちは皆さんあると思いますが、風邪やインフルエンザを予防する時と同じように外出時はマスクを着用し、手洗いうがい、睡眠と栄養を十分に摂り病気に負けない体を作っておくことが大切だと思われます。

新型肺炎「人から人への感染確認」今できる対策予防は?対処療法しかない?最新情報まとめ
連日報道されている新型ウイルス。 人から人への感染は低いと言われていましたが、中国当局は「人から人への感染を確認した」としています。 中国中部・武漢(Wuhan)市で最初に確認された新型コロナウイルスをめぐっては、2002~...
スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました