黒井克昌先生のプロフィール・経歴は?武漢からの帰国者搬送も「万全期し対応」と力強いコメント

話題のもの
スポンサーリンク
帰国第1陣の邦人206人に新型肺炎発症者おらずも、発熱咳を訴える搭乗者2名…武漢からのチャーター機午前9時半頃羽田空港着!
9時半頃羽田空港着。現地の様子は 【午前9時頃到着】政府チャーター機が武漢を出発、第一陣に邦人約200人が搭乗 新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、現地邦人の帰国希望者を乗せた日本政府のチャーター機が武漢の空港を出発した。 pi...

武漢からの退避第1弾として帰国した方々の内、4人に発熱や咳の症状がみられたとのことで、羽田空港から東京都大田区になります「荏原病院」へと搬送されました。

「荏原病院」は第1種感染症の施設となっているため、院長先生が大変力強いコメントをして下さいました。

スポンサーリンク

羽田からの搬送の場合4病院が受け入れ可能

チャーター機が羽田空港に到着する場合は都立や都保健医療公社の4病院50床程度で入院患者の受け入れが可能であることを確認したそうです。

受け入れが可能な病院は

公社荏原病院
公社豊島病院
都立駒込病院
都立墨東病院

この4機関です。

感染症の指定医療機関で、帰国した30~50代の男女4人を受け入れた「荏原病院」(東京都大田区)の黒井克昌院長は29日午後、「現在、感染症専門の医師が治療を行っており、万全を期して対応している。当院はエボラ出血熱等の感染症にも対応できる第1種感染症の施設となっているので、ご安心ください」とのコメントを公表した。

スポンサーリンク

プロフィール・経歴は?

名前:黒井 克昌(くろいかつまさ)

公益財団法人 東京都保健医療公社荏原病院 院長

専門分野:乳腺腫瘍学

  • 1983年広島大学医学部を卒業し広島大学原爆放射能医学研究所外科に入局
  • 外科医として活躍する傍ら1987年に広島大学大学院を修了し学位を取得しフランスに留学(腫瘍免疫学の研究)
  • 1998年以降東京の病院で診療を行う

経歴

  • 1983年 広島大学医学部医学科卒業
  • 1987年 広島大学大学院医学系研究科博士課程修了(医学博士)
  • 1992年 フランス(パリ) パスツール研究所留学
  • 1998年 東京都立駒込病院 乳腺外科医長
  • 2000年 昭和大学豊洲病院 外科助教授
  • 2006年 医療法人にゅうわ会及川病院 乳腺腫瘍科部長兼副院長
  • 2007年 都立駒込病院 臨床試験科・外科部長
  • 2012年 都立駒込病院 副院長
  • 2017年 公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院 院長

所属学会など

  • 医学博士
  • 日本外科学会専門医・指導医・代議員
  • 日本乳癌学会乳腺専門医・指導医・評議員
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
  • 日本臨床外科学会評議員
  • 日本HBOCコンソーシアム評議員
  • 米国臨床腫瘍学会(ASCO)、米国癌学会(AACR)、欧州乳癌専門医学会(EUSOMA)、 日本癌治療学会、日本緩和医療学会、日本消化器外科学会、家族性腫瘍研究会 会員
  • NPO法人 日本乳がんネットワーク理事
  • 一般社団法人 JBCRG 理事
  • TM遺伝性乳がん卵巣がん研究会 代表世話人
スポンサーリンク

公益財団法人 東京都保健医療公社荏原病院

住所:〒145-0065 東京都大田区東雪谷4丁目5−10

受付時間: 9:00~17:00 土曜12:00まで

受付時間8:30~16:00 土曜11:00まで  臨時休診あり

原則、紹介予約制

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科

やはりこういう病院が近くにあると思うと心強い。

あと、我々にできることは予防対策だけです。

新型肺炎「人から人への感染確認」今できる対策予防は?対処療法しかない?最新情報まとめ
連日報道されている新型ウイルス。 人から人への感染は低いと言われていましたが、中国当局は「人から人への感染を確認した」としています。 中国中部・武漢(Wuhan)市で最初に確認された新型コロナウイルスをめぐっては、2002~...
スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました