吉田祐也のプロフィール・経歴は?就職内定で競技引退!?別大マラソン快走で引退なし?

話題のもの
スポンサーリンク

第69回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援、ピー・シー・エー、ソニー生命特別協賛)が2日、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を経由して大分市営陸上競技場にフィニッシュするコースで開かれ、ハムザ・サリ(モロッコ)が大会新記録の2時間8分1秒で初優勝。

気になる日本人では青学大4年の吉田祐也が学生歴代2位の2時間8分30秒で日本人トップの3位に入りました!

現地に行けずともテレビの前で応援していた方も多く、Twitterではトレンド入りをしていましたよ^^

スポンサーリンク

プロフィール・経歴

吉田 祐也(よしだ ゆうや)

生年月日:1997年4月23日(22歳)

身長:164cm 体重:47kg

競技:陸上競技

種目:中距離走・長距離走

出身地:埼玉県東松山市

大学:青山学院大学・教育人間科学部教育学科在学中

出身校:東松山市立松山第一小学校・東松山市立東松山東中学校・東京農業大学第三高等学校

  • 高校時代も全国高校駅伝競走などの出場歴は一度も無かった
  • 2016年4月、高校卒業後は青山学院大学に進学し、陸上競技部・長距離ブロックに所属
  • 2018年11月に行われた、「大学3大駅伝大会」の第50回全日本大学駅伝に初出走
  • 5区(12.4Km)に起用されて区間賞を獲得し、当駅伝の2年ぶり2度目となる青学大チームの総合優勝に貢献
  • 2019年1月に開催された第95回箱根駅伝は、当初アンカー区間の復路・10区にオーダーされていたが、同駅伝当日本番前に、10区は補欠登録だった鈴木塁人と交替された為に出番は無かった(同駅伝の青学大チームは往路6位・復路首位の総合2位に終わった)
  • 2019年度より、青学大陸上部・長距離ブロックの副主将を担当(主将は鈴木塁人)
  • 2019年11月に行われた第51回全日本大学駅伝で、2年連続2回目の5区に起用される
  • 自身は区間3位の成績だったが、当駅伝の青学大チームは総合2位に留まり、2年連続3度目の優勝を逃した
  • 2020年1月に開催された第96回箱根駅伝では、当初は補欠登録だった
  • しかし同駅伝の本番当日に、4区(20.9Km)の市川唯人と交代され、吉田自身最初で最後となる箱根駅伝へ念願の出場を果たす
  • 3区のキャプテン・鈴木からたすきを受けた時は暫定2位だったが、その後4区担当の吉田はレース途中で東京国際大学・佐伯涼を追い抜き、暫定首位に立って5区山登りの飯田貴之に襷を繋いだ
  • 結果、昨年の第95回大会で4区の区間記録保持者だった東洋大学・相澤晃の1時間0分54秒を24秒上回る、1時間0分30秒の区間新記録を樹立する
  • 以降の青学大チームは3年ぶり4度目の往路優勝を達成
  • さらに翌日の復路でも全区間で首位を保持し続けて、青学大は2年振り5度目の箱根駅伝総合優勝に返り咲いた

大学卒業後は競技引退し就職予定

大学卒業後は競技を引退の予定で、大手食品会社・ブルボンに就職が内定している吉田選手。

ところが、箱根駅伝で区間新の快走を見せた吉田に対し、原晋監督と及び青学大優勝メンバーらと共に登場した、2020年1月5日放映の日本テレビ「シューイチ」に生出演中、司会者・中山秀征やレギュラー出演者・中丸雄一(KAT-TUN)等から「これで競技引退は勿体無い」と惜しむ声が上がった。

吉田自身は「本当に4年目の箱根駅伝で全てを出し切ろうと思ったので、タイムリミットが有ったからここ迄全力を出し切れた」と現役続行を否定するも、青学大の原監督が「就職内定先のブルボンの社長に直接、吉田を走らせてもらえるように、私の方からお願いしようかね」と、引退撤回を検討するコメントを述べていた

確かに別大マラソンの走りを見ていた皆さんからも競技引退を惜しむ声が数多く上がっていました。

また、この日TBSでテレビ解説を務めた青学大・原晋監督(52)は教え子の快走に「幸せホルモン全開です」と言い、「すごいな。やっぱり努力は裏切らないね。指導者冥利に尽きますね」と喜びを語っていました。

「努力は裏切らない」…グッと来てしまいますね…。

そして「スカウトした時、県で6番で4年間かけてトップ選手に育てるよって言って、約束守れてうれしいよ」と話した。

スポンサーリンク

SNSはツイッターとインスタ

Twitter

Instagram

スポンサーリンク

陸上引退はしない!?

当初、一般企業に就職が内定しているため、競技生活は引退としていましたが、別大マラソン後のインタビューでは

「続けるか否かは明確の答えができないが、陸上、走ることは好きということは変わらない。一生涯、走ることに携わっていきたい」

こう答えた吉田選手。

走ることが好きで、確かな成績を収められる貴重な選手。

これからの活躍も是非見て行きたいものですね!^^

スポンサーリンク

ネットの反応


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました