埼玉県坂戸市「ジビエバンデット」レース鳩を狩猟し提供か?画像削除もTwitterで拡散されてしまう

話題のもの
スポンサーリンク

レース鳩(伝書鳩)を狩猟していたとされるジビエ居酒屋が話題となっています。

スポンサーリンク

Instagramに投稿された画像に「レース鳩撃ったの?」

足になにか付いているのが分かりますね。どうやらこちらはレース鳩のようで、足についているのは脚環です。

スポンサーリンク

ジビエバンデットは画像を削除するも拡散され炎上

串焼き居酒屋「ジビエバンデット」

場所は

住所:〒350-0226 埼玉県坂戸市本町1丁目3

スポンサーリンク

追記:警察や保健所が聞き取り中

埼玉県内のジビエ(野生鳥獣)料理店が2020年2月10日、射殺したレース鳩の写真をSNS上に投稿し、狩猟家らから批判が相次いでいる。

  • 日本鳩レース協会は13日の取材に、会員からの報告で投稿を把握したといい、「レース鳩で間違いない」と断言
  • 飼い主の特定を進めており、今後の対応は飼い主と相談したいとする
  • 埼玉県自然環境課は同日の取材で、「当然レース鳩を撃っていいという法律はない。掲載されていた写真やコメントを見る限り、鳥獣保護法に抵触する疑いがある」との見解
  • 「今後適切に対応していく」と述べた(20日の再取材でも、同じ趣旨の回答だった)

店側は釈明

  • 店の従業員は20日、取材に応じ、写真は知り合いの猟師が撮影したものだと明かした
  • レース鳩の狩りと処理はこの猟師が行ったが、店の宣伝のために偽ってしまったという
  • 従業員によれば、下処理済みの肉を調理の勉強のために仕入れ、客には提供していない
  • 猟師の話では、ハトの持ち主はまだ見つかっていないとする
  • 現在、警察や保健所から聞き取りを受けており、「レース鳩に対する勉強不足で、ちゃんと狩猟をしている方々のイメージを悪くしてしまいました。持ち主さんにも申し訳ない気持ちです」と陳謝
  • 聞き取りなどがひと段落し次第、謝罪文の掲載を予定している

レース鳩は、鳥獣保護管理法で定められた狩猟鳥獣の対象外だ。日本鳩レース協会はこのハトの飼い主特定を進めており、県も調査に乗り出す。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました