【新型肺炎】和歌山県の男性外科医が働く病院の場所はどこ?済生会有田病院?都内でも新たにタクシー運転手の感染を確認

話題のもの
スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京都内と和歌山県内で新たな感染確認

東京都内で新たにタクシー運転手の日本人男性1人が新型コロナウイルスに感染していたことが新たに分かった。

関係者によると新たに感染が確認されたのは、

  • 東京都内に住むタクシー運転手の70代の日本人男性
  • 男性は中国からの観光客などを乗せて、羽田空港と都心部などを行き来していた

都内で感染が確認されたのは、これで4人目で、国内での感染確認は248人となりました。

さらに今日13日は和歌山県でも新型コロナウイルス感染者を確認しています。

スポンサーリンク

男性外科医が勤務する病院はどこ?済生会有田病院

新たに感染が確認されたのは和歌山県内に住む50代の医師の男性です。

和歌山県内で感染が確認されるのは初。

こちらの男性医師は最近中国に渡航しておらず、中国人との接触も「明らかなエピソードはない」としています。つまりどこからの感染かははっきりと分かっていないということです。

また、男性医師は外科医の先生で現在入院中です。

報道によりますと勤務する病院は済生会有田病院(同県湯浅町)。

すでに新規の患者受け入れを停止。病院の中で医師が接触した人全員にウイルス検査をすると発表しています。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました