喜多村緑郎と不倫?春本由香のプロフィール経歴は?「俺の子供を産んでほしい」派手な女関係にネットでは「クズ」の声も

ドラマ
スポンサーリンク

女優・鈴木杏樹さんと元歌舞伎役者で劇団新派の俳優・二代目喜多村緑郎さんの不倫騒動で、新たな疑惑が浮上しました。

手つなぎデートにラブホテル…鈴木杏樹に不倫疑惑浮上!相手は喜多村緑郎…嫁、貴城けいは激怒か!?
正直全くといっていいほど、不倫のイメージがなかったのですが…あなたもか!?となってしまった方が多いのではないでしょうか…。 女優の鈴木杏樹さんに不倫疑惑が浮上。週刊文春が報じています。 不倫相手は誰? ドラマ「あすなろ白書」(フジ...

なんと喜多村さん、尾上松也さんの妹にまで手を出していたというのです。どうやら、女性に大変モテる方のようで、女性関係は派手だったよう。今回の杏樹さんとの件が世間に知られて、今からもっと表に出てくるかもしれませんね…。

スポンサーリンク

尾上松也の妹とも不倫関係か?

NEWSポストセブンの報道によりますと

「2月16日から東京の新橋演舞場で公開される舞台『八つ墓村』の稽古中の出来事でした。金田一役の緑郎さんが役者やスタッフの前で“ご迷惑をおかけして申し訳ありません”と涙ながらに謝罪したんです。でも…彼の過去を知っている人たちは、その様子を冷めた目で見ていましたし、今回の報道に対しても驚いてはいませんでした。杏樹さんは知らなかったのでしょうね。彼の不埒な過去を」(舞台関係者)

  • 芸の道を真摯に追求する一方で、女性関係は昔から派手だった
  • 歌舞伎関係者曰く「長身で二枚目の緑郎さんは、とにかくモテる。2013年に貴城さんと結婚する前も、何人かタカラジェンヌと交際していたと聞いています」
  • 歌舞伎俳優の二代目尾上松也さん(35才)の妹で新派女優の春本由香さん(27才)と不倫関係に陥り、それがきっかけで彼女のお母さんや松也さんとモメてしまった

松也の母は元新派女優の河合盛恵(63才)、祖父は新派を代表する名俳優として知られた故・春本泰男さん(享年88)。由香は2016年1月に入団し、新派の“重鎮”ともいえる一家だ。

  • 由香さんと緑郎さんが男女の関係になったのは2018年1月、初春公演の『家族はつらいよ』の稽古中だった
  • 24才も年下の由香さんを緑郎さんはアグレッシブに口説き、彼女も落ちてしまった
  • 2人の関係は劇団内ですぐに噂になった
  • 母・盛恵は娘の不貞を知り得る立場にあったが、当初は耳を塞ぎ、知らないフリをしたという
  • しかし、罪悪感に苛まれていく娘が、母親に泣きついた

「その年の秋、由香さんは精神的に追い詰められていました。緑郎さんから“おれの子供を産んでほしい”と言われたそうです。本気かどうかわかりませんが、まだ若い彼女は思い悩み、母親に相談しました。盛恵さんは由香さんの将来を思い、緑郎さんに文句を言いたい気持ちを抑えて、由香さんには身を引くよう説得し、不貞を穏便に終わらせようとしたんです」(由香の知人)

  • 由香の異変に気づいたのか、緑郎の態度が急変する
  • 周囲には気づかれぬよう、これまで通り接する由香に対し、緑郎は彼女の挨拶を無視するなど、露骨に冷たい態度を取った
  • やがて、松也さんも事情を知ることに。彼は激怒したそう
スポンサーリンク

母が激高し詰め寄ると「訴えるぞ」と逆ギレ

兄・松也さんと由香さんはとても仲がよく、15年前にお父さんの六代目尾上松助が亡くなった後も、支え合って生きてきたといいます。新派入団前、由香さんがタレントを目指したもののうまくいかずに悩んでいた時、松也さんが由香さんを付き人にして給料を払い、“このお金でレッスンを続けなさい”と助けてあげたほど。

そんな中、妻がありながら妹に手を出したことに松也さんは怒ったものの実際に詰め寄ったのは母親の盛恵さんだったそう。

いくら口説かれたといえど結婚していることは明白な相手に対しその誘いに乗ってしまったことに、松也さんは何も言えなかったのかもしれませんが、母親はそうはいきませんよね。無条件で娘が可愛いものです。

しかし激怒し“娘に手を出しやがって!”“離婚はできないけど、子供を産んでくれ、とは何よ!”と強く詰め寄ったものの喜多村さんは謝るどころか“松也の母親だからってデカイ顔しやがって!”と逆ギレしたのだそう。

由香さんの知人は『その後、盛恵さんに強い口調で罵倒され続けたからなんでしょうか、緑郎さんは“訴えるぞ!”とまで言ったそうです』と騒動が起きた時のことを語っています。

両者の言い分は?

結局は裁判沙汰にはならず、由香さんと喜多村さんは同じ新派であることもあり話し合いで事態を収束させたようです。

当事者である両者の言い分を聞こうとポストセブンが連絡を取ったところ

緑郎の携帯電話を鳴らすが、一向に出ず。

一方の由香は、不倫について、「そういったことにはお答えできません。もう知らないです。関係ありませんので」と狼狽しながら繰り返した。

盛恵にも話を聞いたが、「私から申し上げることは何もありません!」と、怒りをあらわにするのだった。かつて八つ墓村よりも恐ろしい泥沼の愛憎劇を繰り広げていた緑郎。杏樹はこの騒動を知って、何を思うのだろうか。

この内容がどこまで正しいのかは定かではありませんが、由香さんや母親・盛恵さんの反応を見るに不倫関係であったのは確かなのかもしれません。

スポンサーリンク

春本由香のプロフィール・経歴は?

春本 由香(はるもと ゆか)

本名:井上 真由香

生年月日:1992年12月21日(年齢:27歳)

身長:165 cm

スリーサイズ:B85cm、W60cm、H90cm

靴のサイズ:24.5cm

家族
六代目 尾上松助(父)
河合盛恵(母)
二代目 尾上松也(兄)
春本泰男(祖父)
大谷桂三(叔父)
大谷龍生(従弟)

出身地:東京都

出身校:堀越高等学校卒業

  • 劇団新派所属。所属事務所はINASE
  • 歌舞伎役者の父・六代目尾上松助と元新派女優の母・河合盛恵の間に長女として誕生
  • 女子は歌舞伎の舞台に立てないことから、兄・二代目尾上松也を羨みつつ女優に憧れを抱く
  • 幼少期に舞台に立ち、15歳ころからはモデルとして活動
  • 堀越高等学校の芸能コースへ進学後はミュージカルなどのオーディションに挑戦
  • 高校卒業後は歌手を目指しライブハウスでアニメソングのカバーを歌うなどの歌手活動を経て、ミュージカル『エリザベート』出演中の兄・松也に誘われて付き人を務めたことを契機に女優を志す
  • 元新派女優の母の勧めもあり、2016年1月に二代目水谷八重子の部屋子として劇団新派への入団を決意
  • 同年9月の東京・新橋演舞場での「新派特別公演」で新派に入団し二代目水谷八重子に師事『婦系図』で妙子役を演じてデビューを果たす
  • 特技は日本舞踊(藤間流)と歌唱
  • 日本舞踊は中学1年生より始め、2005年には『胡蝶』で国立劇場の舞台に立った
  • 趣味は絵を描くこと、ゲーム・アニメ
  • 自らを「アニメおたく」であると語り、ゲーム・アニメ関連の仕事にも意欲を示す
  • 芸名の「春本由香」は新派の名脇役だった祖父・春本泰男の名跡「春本」を継承し、兄・二代目尾上松也が命名
  • 本名の「真由香」も兄・松也が8歳の時に命名
  • 8歳年上の兄・松也とは幼少期より仲が良く、2005年に父・六代目尾上松助が死去して以降は兄・松也が「父親のような存在」だと語る

スポンサーリンク

嫁・貴城けいは精神が不安定になり入院か?

貴城けいさんの現在の様子を週刊誌が伝えています。

 貴城の事務所関係者が明かす。

「夫と杏樹さんの関係を知った貴城さんはショックのあまり、寝ることも食べることもできないくらい憔悴してしまった。現在は家族の勧めで病院に入院し、点滴治療を受ける日々を送っている。ワイドショーなどの取材が殺到していますが、まだ事務所の人間と話ができておらず、コメントを出せる状況にないそうです」

夫・喜多村さんを信じていたからこそ今回の報道にショックを隠し切れないようです。

更に週刊文春に直撃された際には

「普通に生活を送ってきたんです。3月には(喜多村の実家がある)新潟にも一緒に行く予定でした。本当に……情けなくて仕方ありません」と語り、不倫相手である杏樹さんとは今年1月3日、喜多村さんの舞台を観るため劇場を訪れた際に初めて顔を合わせたといいます。

「私がいることを知っていたのに……信じられません。ご自身も結婚されていたのなら、どうしてこんなことを……。やっぱり私は彼女を許すことはできません

涙ながらに語ったとされます。

杏樹さんの件だけでなく今回新たな不倫疑惑も報じられてしまった喜多村さん…貴城さんとの離婚も免れないかもしれませんね…。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました