新たに感染が判明した都内の40代男性、発症後に新幹線で愛知県へ移動。男性には持病があった

話題のもの
スポンサーリンク

スポンサーリンク

15日、新たに日本人8人の感染を確認

東京都は15日、新たに日本人8人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。うち1人は40代の都内勤務の男性会社員で、重症のため12日から入院し、気管挿管して呼吸管理している。せきや発熱の症状が出た後の今月10日に東海道新幹線を使って愛知県内に出張していた。ほか7人はいずれも1月18日に屋形船で開かれた新年会に居合わせた関係者で、屋形船での感染者は計9人となった。

7人は先日確認された都内のタクシー運転手の濃厚接触者と見られますが、もう1人の会社員の男性はどこから感染したのか…感染経路は分かっていません。

スポンサーリンク

会社員の男性は症状が出た後に愛知県へ出張

40代の男性会社員が咳や発熱の症状が出た後の2月10日東海道新幹線に乗車し愛知県に出張していたことが分かっています。

愛知県のどこへ出張したのかまでは不明ですか、新幹線を使用しているのは間違いないようです。

最初のうちはただの風邪だと思ったのでしょうが、発熱までしていますし、休めなかったのだろうか…と思ってしまいます。しかし、日本人は働き者というか少しぐらい無理するのは当たり前という風潮から変えていく必要があるのかもしれませんね。

この男性が回復することを祈っています。

スポンサーリンク

持病があった?

毎日新聞の報道によりますと

糖尿病の持病があるという

引用:毎日新聞

このためかは不明ですが、男性は重症化しているそう。12日から入院し現在気管挿管して呼吸管理しているとの報道です。

都では40代の男性会社員が新幹線に乗った時間帯、宿泊したかどうかなどを調査中ですが、治療に伴い十分な聞き取りが出来ていないといいます。

ただ、発症前14日以内に中国の湖北省や浙江省での滞在歴はなかった、とのことで市中感染の可能性が高そうですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました