佐川宣寿氏の今現在は?天下り先はどこ?家族(妻・子供)や経歴・プロフィールも!、

話題のもの
スポンサーリンク

スポンサーリンク

命を絶った近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻が国と佐川氏を提訴「すべて佐川局長の指示です」

  • 学校法人森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざんに関与した後、自殺した近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=の遺族の弁護団は18日、改ざんは当時同省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官の指示だったなどとする赤木さんの手記や遺書を公表
  • 赤木さんの妻は同日、自殺は同省幹部らの改ざん指示が原因として、国と佐川氏に計約1億1200万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした
  • 手記は自宅のパソコンなどに保存されていた
  • それによると、改ざんは佐川局長の指示を受けた理財局幹部が修正箇所を決め、修正した文書を近畿財務局で差し替えたと指摘
  • 「現場として相当抵抗した」が、本省から出向中の次長が修正、差し替えを行い、計3、4回の修正があったとした
  • 改ざんの理由については、佐川局長の国会答弁との整合性を図るためとし、理財局はコンプライアンス(法令順守)が機能する体制にないと批判
  • 改ざん後、心身に支障が生じて休職したとし、「抵抗したとはいえ、関わった者として責任をどう取るか考えたが、今の健康状態ではこの方法を取るしかなかった」と自殺に至った経緯もつづられていた

遺書の内容は?

  • 遺書は手書きで「これが財務官僚王国。最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ」などと記していた
  • 赤木さんは2018年3月、自宅で死亡しているのが見つかった
  • 同財務局が学園側と国有地取引で交渉していた当時、国有財産を管理する部署に所属
  • 上司の幹部職員が学園側と直接交渉しており、赤木さんは部下だった
  • 訴状によると、赤木さんは改ざんを強制され、長時間労働の結果うつ病を発症して自殺
  • 弁護団は大阪市内で記者会見し、「改ざんは、誰が何のためにやったのか。真実を知りたい」などとする妻のコメントを発表

赤木氏は手記の最後に

〈この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。

事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。

今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。(55才の春を迎えることができない儚さと怖さ)

家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。

(中略)

さようなら〉

と記し、自身の体調故に公の場所にこの真実を明かすことが出来ないと苦悩し、自ら命を絶つ選択をしたことをしたためています。

手書きの遺書は改ざんに関与してしまったという苦しみが綴られ、見るものの心を揺さぶります。

「手記」に実名で登場する当事者の一人、美並義人東京国税局長(当時の近畿財務局長)に取材を申し入れると、

「決裁文書の改ざんについては、2018年6月4日に調査報告書を公表している通りです。お亡くなりになられた職員については、誠に残念なことであり、深く哀悼の意を表したいと思います」

と財務省の広報室を通じて回答が寄せられた。

青汁王子こと三崎優太さんもSNSで国に対し批判をしています。

スポンサーリンク

佐川宣寿氏の経歴・プロフィール

佐川 宣寿(さがわ のぶひさ)

生年月日:1957年11月6日(62歳)

出身地:福島県平市(現在のいわき市)

平市立平第一小学校、いわき市立平第一中学校、日比谷・三田・九段高校の都立高校学校群第11群受験、東京大学経済学部卒業

  • 第48代国税庁長官
  • 学歴
    1973年3月 : いわき市立平第一中学校卒業
    1976年3月 : 都立九段高校卒業
    1978年4月 : 東京大学文科二類入学
    1982年3月 : 東京大学経済学部卒業
  • 職歴
    1982年4月 : 大蔵省入省(主計局総務課)
    1987年7月 : 高山税務署長
    1988年7月 : 銀行局総務課課長補佐
    1990年6月 : 日本貿易振興会コペンハーゲン事務所長
    1993年7月 : 主計局調査課課長補佐
    1994年7月 : 主計局主計官補佐(通産第一、二係主査)
    1996年7月 : 銀行局中小金融課課長補佐
    1997年6月 : 銀行局総務課課長補佐
    1998年7月 : 近畿財務局理財部長
    1999年7月 : 大臣官房文書課広報室長
    2000年7月 : 大臣官房秘書課首席監察官兼大臣官房秘書課人事企画室長
    2001年4月 : 財務大臣秘書官事務取扱
    2003年9月 : 主計局調査課長
    2004年7月 : 主計局主計官(外務、経済協力、経済産業係担当)
    2005年7月 : 主税局税制第三課長
    2006年7月 : 主税局税制第二課長
    2008年7月 : 主税局総務課長
    2013年6月 : 大阪国税局長
    2014年7月 : 国税庁次長
    2015年7月 : 関税局長
    2016年6月 : 理財局長
    2017年7月 : 国税庁長官
    2018年3月 : 辞職
  • 2018年3月9日、国有財産行政への信頼を損なったとして、麻生財務大臣から減給20%、3カ月の懲戒処分を受け、同日依願退官
  • 辞任を申し出た理由は(1)理財局長当時の国会対応が丁寧さを欠いており、混乱をもたらした(2)行政文書の管理について指摘を受けた(3)書き換え疑惑のある決裁文書について、担当局長であった、の三点
  • 矢野康治財務省大臣官房長の財務金融委答弁によると、額にすると約66万円の減給となり、退職金4999万円から差し引かれることとなる
スポンサーリンク

佐川宣寿氏の今現在は?天下り先はどこ

2014年に大震災から3年を機に市のイメージアップや情報提供を目的に創設された「いわき応援大使」

地元出身の女優・秋吉久美子や地元在住のコメディアン・ケーシー高峰、いわき市を舞台にドラマを手掛けたプロデューサーの石井ふく子氏など現在45人と1団体が名を連ねる中、16年に選ばれたのが、佐川長官である。

出身地いわき市の「いわき応援大使」この任期は原則3年で無報酬。

苦情が多く寄せられたと報道にありましたが、任期満了まで勤めていれば2019年までは「いわき応援大使」であったかもしれません。

それ以外にもどこか大手の企業に天下りをしているのでは?と言われていますが、公式にはそのような報道はないようです。

かなり大きな問題になりましたから、天下り自体出来なかったのでは…ということもありそうですね。

家族(嫁・息子・娘)はいるの?

家族についてですが、こちらも結婚していて奥さんや子供がいるという明確な情報はありませんでした。

ただ、赤木氏の妻昌子さん(仮名)と記者の方が訴えを起こす前に佐川氏の自宅を訪ねているようです。裁判の前に佐川氏の自宅を見てみたいということで、東京都内のとある駅前で待ち合わせ、その場所から10分余りの住宅街の佐川氏の自宅へ行き

「佐川さんもこの家に住むご家族も、もう幸せではないんでしょうね。何だか佐川さんもかわいそう…」

と昌子さんは述べられています。

つまり佐川氏は独身ではなく、家族がいるのでは?と思われます。

ただ、妻や子供がいるとしてもどのような家族構成であるかは不明です。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました