大分県の新型コロナ感染者の転院先病院はどこ?感染拡大防止のため医療機関の職員、患者の検査進める

話題のもの
スポンサーリンク

大分県臼杵市で新型コロナ感染者を確認 患者の概要 経過・行動歴は?クルーズ船乗客であるかは「答えられない」とのこと
大分県は、臼杵市の60代の自営業の男性が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたことを明らかにしました。 県内2例目の男性は60代男性 妻にも肺炎の症状 3月19日大分県臼杵市60代男性新型ウイルス感染判明 自営業 ...
大分医療センターの女性職員2人が新型コロナに感染 院内感染の可能性 臼杵市の男性と妻が入院していた
【大分県内速報】大分医療センター職員2人の感染確認 #大分 #oita pic.twitter.com/UXPI34ibEt — 大分合同新聞 (@oitagodo) March 20, 2020 感染確認された臼杵市の男性が...
スポンサーリンク

クラスター、院内感染が発生し、短期間で感染者が増えたか

  • 大分県は、新型コロナウイルスの感染が相次いでいる大分市の大分医療センターで入院していた80代の女性と、別の病院の50代の女性看護師の合わせて2人が新たに感染したことが確認されたと発表
  • 女性看護師が勤める病院は、すでに感染が確認されているセンターの入院患者の転院先で、大分県ではこの病院でも院内感染が発生したとみて関係者へのウイルス検査を進めている
  • 新型コロナウイルスの感染が新たに確認されたのは、大分市の大分医療センターに入院していた80代の女性と大分県立病院に勤務する50代の女性看護師
  • いずれも軽症
  • 大分県によりますと、新たに感染が確認された女性看護師は、センターから県立病院へ転院した後に感染が確認された80代の男性の対応にあたっていたと
  • 大分県は県立病院でも院内感染が発生したとみている
  • また、すでに感染が確認された6人の患者は、センターで入院した後、県立病院を含む合わせて5か所の病院に転院している
  • 大分県は転院先でも院内感染が連鎖している可能性があるとみて、こうした病院関係者のウイルス検査を進めている
スポンサーリンク

感染者の転院先と判明している病院の場所はどこ?

現在までに感染者の転院先として分かっているのは

  • 大分リハビリテーション病院

住所:〒870-0261 大分県大分市大字志村765

  • 大分県立病院

住所:〒870-0855 大分県大分市大字豊饒476

  • 大分岡病院

住所:〒870-0105 大分県大分市西鶴崎3丁目7−11

  • 坂ノ市病院

社会医療法人関愛会坂ノ市病院

住所:〒870-0307 大分県大分市坂ノ市中央1丁目11−269番

  • 佐賀関病院

住所:〒879-2201 大分県大分市大字佐賀関750−88

  • 臼杵市 コスモス病院

住所:〒875-0051 大分県臼杵市大字戸室1131−1

大分県などでは、こうした転院先の医療機関の関係者にも新型コロナウイルスの感染が広がっている可能性があるとしていて、23日も大分医療センターの関係者のほか、これらの医療機関の職員や患者のウイルス検査も進めており、全体状況の確認を急いでいます。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました