筑波記念病院に入院中の男性患者が新型コロナに感染と発表 患者の概要 経過・行動歴

話題のもの
スポンサーリンク

茨城県は県内に住む80代の男性が、新たに新型コロナウイルスに感染していたことがわかったと発表しました。
県内で感染者が確認されたのは5人目で、男性は、海外への最近の渡航歴はなく、感染経路がわかっていないということです。

スポンサーリンク

感染経路は不明、入院中の男性から新型コロナ陽性反応

茨城県によりますと、

  • 新型コロナウイルスに感染が確認されたのは、つくば市に住む80代の男性
  • 今月11日から37度台の熱が出て肺炎の症状があったことから病院に入院していた
  • その後、症状の改善が見られなかったことから、23日、PCR検査を受けたところ、感染が確認された
  • 男性は、海外への最近の渡航歴はなく、感染経路がわかっていないと
  • これで県内で感染が確認されたのは5人となった
  • 大井川知事は「これまでの4例と今回の5例目は質が異なると認識している。感染経路を調べて濃厚接触者にPCR検査を実施し、それでもつかめない場合は、つくば市内での集会などの集まりの自粛を要請する可能性もありうる」と話している
スポンサーリンク

患者の概要 経過・行動歴

年齢:80歳代

性別:男性

居住地:つくば市

職業:元病院職員

  • 3月11日 37度台の発熱 肺炎所見ありのため入院
  • 3月23日 肺炎の改善が認められないため、入院先の病院から帰国者・接触者相談センターに相談、入院先の病院で検体を採取 PCR検査の結果陽性が判明
  • 男性は、酸素吸入の必要な中等症
  • また、同居している妻や、病院内で治療にあたった医師や看護師などに対して、感染の有無を確認するPCR検査を検討している
  • 認知症あり、病院併設のリハビリ施設も利用していた
スポンサーリンク

筑波記念病院の場所はどこ?

住所:〒300-2622 茨城県つくば市要1187−299

筑波記念病院は公式ホームページに以下のようなお知らせを掲載しています。

【大切なお知らせ】

3月23日、当院入院中の患者様(80代・男性)がコロナウイルスのPCR検査において陽性となり、コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。
この患者様は入院当日から個室にて管理させていただいており、現時点で他の患者様への接触はしておりません。
入院患者様、ご家族様ならびに周囲の皆様には、大変ご心配、ご迷惑をおかけしますが、当院としては患者様の健康、安全を第一に考え、万全の対策をとっていく所存でございますので、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

2020年3月23日
医療法人社団 筑波記念会 理事長 小關 剛
筑波記念病院 管理者 長澤 敏郎

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました