Bリーグ1部 大阪エヴェッサの選手、新型コロナに感染 他にも体調不良のチームメイトも

話題のもの
スポンサーリンク

スポンサーリンク

大阪エヴェッサの選手、新型コロナ陽性 チームには他に発熱や体調不良を訴える選手も

      • バスケットボール男子Bリーグ1部の大阪エヴェッサは2日、所属する選手1人が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応を示したと発表
      • プライバシー保護のため、名前は非公表
      • チームによると、この選手は3月27日朝に37・5度の発熱を確認
      • この日は練習を休み、自宅待機の措置を取った
      • 28日には倦怠感とせきの症状が出たため、チームドクターに報告し、大阪府内の医療機関を受診
      • その後30日にPCR検査を受け、4月1日に陽性と判定
      • チームには他に発熱や体調不良を訴えた選手がおり、全選手とチーム関係者を自宅待機としている
      • うち、熱が下がった1人の選手は嗅覚異常を訴えている

現在、サッカー選手や野球選手とスポーツ界にも感染が拡がっていますが、とうとうBリーグにも感染者が出てしまいました。

他にも体調不良が出ているようで、クラスター発生とならなければ良いのですが…応援している方々からすればとても心配なニュースですね;

大阪エヴェッサ公式ホームページには以下のようなお知らせが掲載されています。

【当該選手と、チーム・他の選手に関する経過の概要】
● 3月27日(金)
<当該選手>
朝 37.5℃の発熱を確認、その他の症状はなし、練習欠席、自宅待機とする。
<チームおよび他の選手>
他の選手1名にも37.5℃の発熱、自宅待機。

● 3月28日(土)
<当該選手>
朝 37.8℃、昼 37.6℃、夜 39.6℃の発熱、倦怠感と咳。チームドクターに報告し大阪府内の医療機関を受診。検査結果は異常なし、経過観察となる。
<チームおよび他の選手>
他の選手が、夕方に体調不良と発熱を訴える。

● 3月29日(日)
<当該選手>
朝 37.0℃、夜 37.7℃の発熱、咳が少々。チームドクターに経過を報告。
<チームおよび他の選手>
全選手とチーム関係者全員を自宅待機とする。他の複数の選手が発熱を訴える。

● 3月30日(月)
<当該選手>
朝 37.6℃、チームドクターの助言を受け症状を鑑みて大阪府内の病院にて PCR 検査を実施、夜に嗅覚の異常を感じる。
<チームおよび他の選手>
前日に発熱報告のあった他の複数の選手の熱は下がる。

● 3月31日(火)
<チームおよび他の選手>
熱が下がった選手1名の嗅覚異常を確認。

● 4月1日(水)
<当該選手>
PCR 検査の結果、陽性判定を確認。

スポンサーリンク

感染者は誰?

大阪府の発表によりますと

      • 272例目 年代:30代 性別:男性
      • 家族構成:妻・子1人
      • 発症日:3月27日
      • 職業:スポーツ選手
      • 居住地:豊中市
      • 発症日以降勤務なし

とあります。

発症日や陽性判定日職業などは一致していますね。

また、273例目は272例目の濃厚接触者とあります。性別は女性で年代は40歳代。家族構成は夫・子1人とありますので、こちらは272例目の方の奥さんの可能性がありますね。

ちなみに以下が選手一覧です。

今野 翔太
伊藤 達哉
藤髙 宗一郎
リチャード・ヘンドリックス
長谷川智也
田原隆徳
中村浩陸
橋本拓哉
合田怜
小阪彰久
今村拓夢
畠山俊樹
アイラ・ブラウン
ショーン・オマラ
ジョシュ・ハレルソン

これ以上感染が拡大しないよう、早く回復するようにお祈りしております。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました