毎日放送取締役が新型コロナに感染 役員と接触のあった社内外の人に連絡し、社内を消毒

話題のもの
スポンサーリンク

スポンサーリンク

制作担当役員が新型コロナに感染 3月26日から咳の症状

  • 毎日放送の60代の制作担当役員が新型コロナウイルスに感染していることが分かった
  • 役員は肺炎と診断され4月7日現在入院中
  • 新型コロナウイルスの感染が確認されたのは大阪市北区の毎日放送で制作局などを担当する60代の男性取締役
  • 役員は3月26日から咳の症状があり翌日微熱が出たので自宅療養
  • その後熱が下がったため出社
  • ところが再び発熱し4月4日、西宮市内の病院でPCR検査を受け、4月7日に陽性と確認
  • 役員は肺炎と診断され、7日現在入院中
  • 同社は、発症後に会議などで長時間同席した役員ら数人を自宅待機
  • 毎日放送は役員と接触のあった社内外の人に連絡するとともに社内の消毒を行った
  • 毎日放送は「関係各署と連携をとりながら感染拡大を防ぐために必要な対応を進めて参ります」とコメント
スポンサーリンク

株式会社毎日放送の場所はどこ?

本社:〒530-8304 大阪市北区茶屋町17番1号

役員一覧

代表取締役社長     三村景一
代表取締役専務取締役  梅本史郎

常務取締役       木田洋一
常務取締役       宮田一幸
取締役         西田 等
取締役         浜田尊弘
取締役         黒田雅浩
取締役         岡田公伸
取締役         虫明洋一
取締役         髙山将行

監査役         立野 誠
監査役         赤阪研二
監査役         波多間博

スポンサーリンク

追記:岡田公伸氏が死去 プロフィール・経歴

毎日放送(MBS、大阪市北区)は9日、制作担当取締役の岡田公伸(おかだ・きみのぶ)氏が同日午後、心筋症のため兵庫県西宮市内の病院で死去したと発表した。60歳。

  • 岡田さんは早稲田大学商学部を卒業後、1983年4月に毎日放送入社
  • 制作局制作一部長、制作局次長兼制作一部長、制作局長兼新館建設室シニアマネージャー、人事局長を経て、2019年6月にアナウンサー室、制作局、東京制作局担当取締役に就任
  • 岡田さんは、ダウンタウンらがMCを務めた伝説的番組「4時ですよ~だ」(1987~89年)や帯番組「ちちんぷいぷい」(月~金曜後1・55)などを立ち上げ、制作に関わった
  • 昨年9月17日放送の「ごぶごぶ」(火曜後11・56)では、30年来の付き合いがある浜田雅功にオススメグルメを紹介するシーンでテレビ画面に登場し、浜田と再会していた

浜ちゃんと再会したシーンなどの顔画像を見ても、恰幅が良く健康そうに見えますが、岡田さんにはもともと持病があったようで、関係者の話によれば「家族が驚くほどの急変だった」とのことです。

岡田さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました