メンバーが感染!?和太鼓集団「DRUM TAO」でクラスター発生か 5人が感染との報道

テレビ関連
スポンサーリンク

スポンサーリンク

7日に1人、8日に4人感染か

  • 大分県によると、7、8両日に和太鼓集団「DRUM TAO」の関係者計5人の新型コロナウイルス感染を確認
  • クラスター(感染者集団)が発生したとの見方を示した

速報が流れたようなのですが、大分県は8日、新たに新型コロナウイルス感染が確認されたと発表。

年代は20~50代の男女6名。

そのうち4人は竹田市久住町を拠点とする和太鼓集団「DRUM TAO」の関係者としています。

昨日、7日に35例目の感染者が報告されているのですが、

(35 例目)
(1)年 代:20 代 (2)性 別:男性 (3)国 籍:日本 (4)居住地:竹田市 (5)職 業:会社員

経過
4月5日(日) 鼻汁あり
4月6日(月) 37°Cの発熱あり、豊肥保健所に相談
4月7日(火) 38°Cの発熱、頭痛、倦怠感あり、帰国者・接触者外来を受診
衛生環境研究センターでPCR検査を実施し、陽性判明

この方が竹田市在住ですので、TAOの関係者ではないかと思われます。

感染経路としましては、4月6日に福岡県で新型コロナウイルスの感染が確認された患者と3日に会食しているとのことです。

スポンサーリンク

DRUM TAO(ドラム・タオ)とは?

DRUM TAO(ドラム・タオ)は、大分県竹田市久住町を拠点に活動する和太鼓演奏グループ。TAO(タオ)ともいう。

1993年に愛知県小牧市にて結成され、1995年大分県直入郡久住町(現・竹田市)に移転。

2000年には阿蘇くじゅう国立公園内に大小3つの稽古場、トレーニングジム、スパ、ゲストハウスなどの複合施設を備えた4万平方メートルの「TAOの里」を建設しました。

さらに2009年に、2,000人収容できる稽古場・兼野外劇場「赤兜」を建設しているTAO。日本国内だけでなく、世界中でパフォーマンスを行い2019年12月までに26ヶ国、500都市で計800万人を動員しています。

2019年、3月時点で結成して26年。

メンバーが44人(2019年1月時点)いてチームを3つに分けているそう。

全国ツアーをまわるAチーム、常設劇場公演を行うKチーム、新人で構成されているGチーム。

Gチームについては、拠点である大分県竹田市に芸術村を作る計画で財団を創設し、いつでもタオの公演を見られるようにする予定だ。いずれはシルク・ド・ソレイユのように、拠点でメンバーの衣食住を賄い、世界各地に複数のチームを派遣できるようにしたい

スポンサーリンク

メンバーは?

現在、公式ホームページがサーバーダウンしているようで2017年時点でのメンバーしか分からなかったので、また判明次第追記を致します。

岸野 央明 (きしのひろあき)
西 亜里沙 (にし ありさ)
荻野 靖晃 (おぎのやすあき)
江良 拓哉 (えらたくや)
河原 シンゴ(かわはらしんご)
原口 純一 (はらぐちじゅんいち)
原崎 太郎 (はらさきたろう)
高山 正徳 (たかやままさのり)
黒柳 夏子 (くろやなぎなつこ)
山口 竜昇 (やまぐちたつのり)
山口 泰明 (やまぐちやすあき)
山本 啓介 (やまもとけいすけ)
水藤 義徳 (すいとうよしのり)
清田 慎也 (きよたしんや)
生越 寛康 (いけごしひろやす)
前田 優樹 (まえだゆうき)
相戸 喜代子 (あいときよこ)
谷中 宏康 (やなかひろやす)
中井 沙紀 (なかいさき)
中村 優(なかむらゆう)
中田 勝平 (なかたしょうへい)
浜田 翔哉 (はまだしょうや)
福水 創志郎 (ふくみずそうしろう)
林 祐矢 (はやしゆうや)
麓 大輔 (ふもとだいすけ)
はらさき たくと
おがわ たくと
こう りゅうだい

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました