金銭トラブルで宝島社を解雇になった女性編集者Kとは誰?小寺智子?顔画像や経歴・プロフィール

テレビ関連
スポンサーリンク

昨年末に刊行され、60万部を突破する大ベストセラーとなった田中みな実の写真集「Sincerely yours…」(宝島社)。同書の編集を担当したK氏が、石原さとみに関連する金銭トラブルを起こし、所属する宝島社を解雇処分となったことが「週刊文春」の取材でわかった。

週刊文春ではこの女性編集者の方をK氏、同様の内容をNEWSポストセブンでも記事にしているのですが、こちらではAさんとなっています。

一体どんなトラブルがあったのでしょうか?また、その女性編集者とは誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

金銭トラブルの内容

「ヌード写真集でないにもかかわらず、この部数は異例の数字です。スタイル抜群の田中をめぐっては数年前から多くの出版社がアプローチしていたが、彼女は頑なに応じなかった。そんな彼女を2年がかりで口説き落とし、出版にこぎつけたのがK氏なのです」(宝島社関係者)

  • 現在37歳のK氏は、アンミカの書籍や元NGT48の山口真帆の写真集を手掛けるなど、ヒットメーカーとして知られる存在
  • 2017年に発売され、累計15万部を記録した石原さとみの写真集「encourage」の担当編集者
  • 今回トラブルになったのは、石原の写真集に関するもの
  • 今年に入って石原さんの写真集の印税に、未払い分があることが発覚
  • 大激怒したホリプロは宝島社に対して、強硬に抗議
  • それを受けて宝島社の局長がホリプロへ謝罪に訪れている
  • ただK氏本人は、『未払いは全く身に覚えがない。きっちり支払っている』と周囲に説明

印税未払いトラブルによって宝島社の雑誌作りに多大な影響

  • 3月27日に発売予定だった『リンネル』
  • 3月23日発売予定の『SPRiNG』
  • 上記2冊が発売延期
  • この2冊は石原さとみが表紙を飾る予定だった
  • しかしホリプロから降板する旨の連絡があったの
  • すでに石原さんの写真撮影を終え、見本もできていたが、表紙を差し替えることに
  • 結局、『リンネル』は4月13日、『SPRiNG』は4月22日に発売となった

宝島社は印税未払いとK氏解雇を認める。一方、K氏は…

  • 事態収拾のため、宝島社がK氏に下したのは解雇という重い処分だった
  • 文春の取材に、宝島社の蓮見清一社長は「(K氏は)解雇です」と認めた
  • 改めて同社に取材を申し込むと、「印税の未払いという弊社の不手際により、ホリプロ様にご迷惑をおかけし、大変申し訳なく思っています。ホリプロ様からは一定のご理解をいただき解決しております」とトラブルの事実も認めた
  • K氏の携帯を鳴らすと「(解雇は)事実です。突然のことでただただ困惑し、絶望しています」と答え、電話は切られた
  • 一方のホリプロは「回答を差し控えます」とコメント
スポンサーリンク

K氏とは誰?名前は?

週刊文春が金銭トラブルで解雇となったと報じているK氏は「小寺智子」さんという方です。

田中みな実さん、石原さとみさん、その他にもアンミカさんの書籍や元NGT48の山口真帆さんの写真集も手掛けているそうです。

さらに調べてみるとマギーさんや山本美月さんなどの写真集も手掛けており、かなりの敏腕振りが伺えます。

今回解雇になった経緯は印税の未払いという金銭トラブルですが、もちろん事実であれば大変な問題だと思います。しかし気になるのは編集者が印税の支払いなども担当するもの?なのでしょうか。しかも2017年に発売された写真集…3年ほど前のことが今問題になるということは、ホリプロもそれまで気がついていなかったのでしょうか。

小寺さんは文春からの電話に困惑していると答えていますが、一体本当のところはどうなのかという、小寺さんサイドの話も聞いてみたいですよね。

スポンサーリンク

トラブルの原因は金銭問題だけではない?K氏は田中みな実に肩入れ

週刊文春と同様の報道をしたNEWSポストセブンでは、宝島社とホリプロ側のトラブルは金銭問題だけではないと報じています。

石原と宝島社、そして敏腕編集者Aさんのトラブルの原因は金銭だけではない――そんな声が石原サイドから聞こえている。

  • (芸能関係者)「確かに未払いは大問題。しかし、それだけならお金を払えば解決できたはずです。表紙を降りるなんて前代未聞の事態になったのは、別に理由があるから。石原さんが、とにかくAさんを許せなかったということでしょう。その原因はKさんが田中さんに肩入れし、成功したからです」
  • 田中の写真集の累計発行部数60万部という数字は、極めて異例
  • 比較すると軍配は田中に上がるが、石原の約20万部という数字も通常の写真集では見られない絶好調の結果
  • 問題は、同じ出版社、同じ編集者で同じカメラマンが撮影していること
  • 石原サイドとしては、田中の写真集が発売される前から心配していたが、フタを開けたら結果はご覧の通り
  • 石原サイドとしては後ろ足で砂をかけられた気持ちになり、Kさんへの不信感が募っていった
  • そんな事務所側が抱えてきた不満が、金銭トラブルの発覚と同時に爆発したのでは
  • (テレビ局関係者)「田中さんは、初めての写真集を大ヒットさせたAさんを絶対的に信頼していて、ほかの仕事のことも相談するほどだとか。Aさんに降って湧いた退社騒動には関係ありませんが、彼女の今後については心配しているでしょうね。4月上旬、今後について2人で話し合いの場を設けたようです」

Aさんを直撃

「退社はまだ決定事項でなくて、現状は宝島社に所属している社員なので何も答えられないんです。この状況は理不尽だと思っています。やっかみですか? …そういうこともあるのかもしれません」
と、涙ながらに語った。

騒動の渦中にある宝島社は、

「社員個人(Aさん)のことにつきましては、回答を差し控えさせていただきます。印税のお支払いが遅れてしまったことは、弊社の不手際であり、ホリプロ様に大変申し訳なく思っています」

と語っています。

スポンサーリンク

小寺智子の顔画像や経歴・プロフィール

名前:小寺智子(こでらさとこ)

年齢:37歳(2020年3月現在)

出身地:北海道札幌市

FacebookやインスタなどのSNSもあります。

Instagramは現在非公開となっており、閲覧することはできませんがフォロワー数は2万7千人とまさにカリスマ。

多数の芸能人の写真集を手掛け、実績があるため芸能事務所からの逆指名を受けるほどの敏腕編集者です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました