凸版印刷本社に勤務する金子眞吾代表取締役会長が新型コロナに感染 経歴・プロフィール、顔画像は?

話題のもの
スポンサーリンク

大手印刷会社、凸版印刷の金子眞吾会長(69)が、新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

スポンサーリンク

感染経路は不明、発熱は4月2日から

  • 凸版印刷によると金子会長は、今月2日から発熱の症状が出た
  • 6日に医療機関を受診し、検査の結果、8日、感染が確認
  • 現在、入院中で容体は安定している
  • 最近の海外渡航はなく、感染経路は分かっていない
  • 会長が勤務している東京 千代田区の本社ビルは、先月末から原則、在宅勤務になっているため、濃厚接触者はいない
スポンサーリンク

会長が勤務していた凸版(とっぱん)印刷株式会社本社の場所はどこ?

住所:〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1

公式ホームページでは以下のようなお知らせが掲載されています。

当社拠点における新型コロナウイルス感染者の発生について
2020 年 4 月 8 日、凸版印刷株式会社の本社(東京都千代田区)に勤務する代表取締役会長の金子眞吾に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されました。現在、容体は安定しており、医療機関にて療養中です。
地域住民の皆様、関係者の皆様に多大なご心配をおかけすることを心よりお詫び申し上げます。
感染者は 4 月 2 日以降、出社しておりません。当該ビルにおいては、3 月 26 日以降、原則として在宅勤務の体制をとっており、当該感染者の執務フロアについても 4 月 3 日以降の出勤者はな
く、所轄保健所とも連携した結果、濃厚接触者の指定はありませんでした。当社としましては、社員の安全確保を優先するため、感染拡大防止に向け以下の対策を実施いたします。
・感染者の行動履歴の確認と接触者の確認
・社員の安全確保を優先し、感染者勤務フロアの一時閉鎖と消毒作業の実施
・感染者勤務フロアに勤務する全員の自宅待機
・当該拠点勤務者の健康管理および健康観察の徹底
当該フロアについては、消毒作業が終了し、安全を確保したうえで使用を再開する予定です。
今後も社員ならびに関係者の安全を最優先に考え、行政機関等と連携を図り、状況に応じ必要な対策を講じ、感染拡大防止に取り組むとともに、事業継続を図ってまいります。
なお、状況が変わる場合には、都度速やかに情報を開示してまいります

スポンサーリンク

金子眞吾会長の顔画像、経歴・プロフィールは?

金子 眞吾(かねこ しんご)

生年月日:1950年11月25日(69歳)

出身地:埼玉県

  • 日本印刷産業連合会会長
  • 出身校:埼玉県立浦和高等学校、中央大学法学部法律学科卒業
  • 大学卒業後凸版印刷に入社
  • 代表取締役副社長だった2010年(平成22年)6月、足立直樹に代わり59歳で代表取締役社長に就任
  • 日本印刷産業連合会会長や、浦和高校同窓会の副会長を務める
  • 2018年(平成30年)6月 日本印刷産業連合会会長に就任
  • 2019年(令和元年) 代表取締役会長に就任

コメント

タイトルとURLをコピーしました