新宿の学童施設に勤務する職員が新型コロナに感染 場所はどこ?発症後、一時症状が消えマスクを着用し出勤

話題のもの
スポンサーリンク

スポンサーリンク

濃厚接触者は同僚職員5人と児童22人 学童職員が新型コロナに感染

  • 東京都新宿区は12日、区内の学童施設に勤務する60代の男性職員が新型コロナウイルスに感染していたと発表
  • 職員は今月1日にめまいや吐き気の症状があったため、仕事を休んだが、症状がなくなった3日にマスクを着用して復帰
  • 4日以降に再び、発熱などの症状が出て自宅療養していた
  • 区は利用者や保護者のそれぞれに連絡した
  • 職員は、児童の遊びの見守りや学習指導を担当していたといい、区は出勤した3日に施設を利用した児童22人と、勤務した職員5人を濃厚接触者として、17日まで健康観察を続ける
  • これまで症状が出ている人はいない
  • 施設は小学校の休校措置に伴い、午前8時から午後6時まで開いていたが、13~17日は休止し、代わりに近隣の区施設で受け入れる
スポンサーリンク

新宿区の学童施設の場所はどこ?

住所:東京都新宿区

報道では学童施設の名前や場所などは公表されていません。

現在発症しているのは60歳代の職員のみですので、個人や通っている子供たちに配慮したものと思われます。

集団感染などが起きればまた公表という流れになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました