仙台市立向陽台小学校で児童4人が新型コロナ陽性 感染経路は英会話教室「ASTER(アスター)」か

話題のもの
スポンサーリンク

仙台市は12日、10歳未満の子供を含む男女6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。宮城県内の感染者は計51人となった。

スポンサーリンク

生徒ら4人はすでに感染確認されている女性講師が勤める英会話教室の参加者

  • 市によると、6人の内訳は「いずみ保育園」(同市泉区)に通う園児1人、同市立向陽台小学校(同区)の児童4人、市職員1人
  • いずれも重篤な症状ではない
  • 同園では11日に保育士3人の感染も確認されている
  • 児童4人はいずれも7日に感染が確認された外国籍の女性が講師を務める英会話教室の参加者
  • 同園では、この外国籍の女性が講師を務める英会話教室を2日に開催
  • 郡和子市長は会見で「多くの感染者が出ているかもしれないという危惧がある」として、同園でクラスター(感染者集団)が発生した可能性を示唆
  • 女性は英会話教室などを行う教室「ASTER(アスター)」に勤務
  • 感染が確認された児童は、いずれも3日に同教室向陽台校(同区)で開催された英会話教室に参加しており、女性が講師を担当
  • 市は向陽台小学校の臨時休校の延長を決定。同校での児童の受け入れも休止する
  • 郡市長は15日に予定されている市立学校の再開について、13日に可否の判断をすると明らかにした
  • 一方、感染が確認された市職員は建設局道路部南道路建設課の40代男性
  • 市によると、窓口などで市民と接触する業務は行っていない
  • 郡市長は「現在、体調不良を訴えている同課の職員がいるという報告は受けていない」とした上で、13日午前に市役所の消毒作業を行うことを明らかにした
スポンサーリンク

仙台市は「いずみ保育園」と「マミー保育園」、市内2つの英会話教室に通う園児・職員65人に対しPCR検査を行う

  • 泉区の保育園の園児など65人のPCR検査が必要となったことを受け、仙台市は12日、検査を迅速に行うため、宮城県を通じて、陸上自衛隊に医療スタッフの派遣を求めた
  • 仙台市は、泉区にある「いずみ保育園」と「マミー保育園」、それに市内2つの英会話教室に通う園児や職員など65人に対し、PCR検査を行うことを決めた
  • しかし、一度に多くの検査を行うには人員不足と判断し、仙台市は12日、県を通じて陸上自衛隊東北方面隊に医療スタッフの派遣を要請
  • 自衛隊はこの要請を受け、医官・看護官など数人の医療スタッフを、感染防止の装備などと共に派遣することを決めた
  • 派遣期間は、13日から15日までの3日間で、検体の採取などに当たるという

仙台市は公式ホームページで以下のようにPCR検査を実施する旨をお知らせしています。

患者6名のうち5名(患者36~40)については、患者31~33(4月11日陽性判明・保育士)の感染確認を受けて、「いずみ保育園」の園児および職員と、「ASTER新田校」および「ASTER向陽台校」において患者25(4月7日陽性判明・20代女性・外国籍)の英会話教室を受講した方で症状がある方に対しPCR検査を実施した結果、陽性が判明したものです。残る対象者(無症状者)のPCR検査を明日から実施するとともに、患者25が3月31日(火曜日)に英会話講師として派遣された認可保育所「マミー保育園」についても、受講者のPCR検査を実施します。また、在籍児童の感染が確認された向陽台小学校については、臨時休業を当面の間延長することとし、同校の入学式および始業式も延期します。なお、当該校の児童の預かりや、向陽台児童館の児童クラブについても休止します。

スポンサーリンク

仙台市立向陽台小学校の場所はどこ?

住所:〒981-3102 宮城県仙台市泉区向陽台5丁目6−12

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました