清水建設 東京都内の作業所に勤務する3人が新型コロナに感染 内1名が死亡 一部地域の作業所を閉所へ

話題のもの
スポンサーリンク

大手ゼネコン、清水建設株式会社が本日13日公式ホームページを更新。

『新型コロナウイルス感染拡大を受けた当社の対応について』という内容で、社内で新型コロナ感染者が発生したこと、さらにそのうちの1人が状態が悪化し死亡したことなどを報告しています。

この状況を踏まえ、清水建設では一部の作業所を緊急事態宣言終了まで閉所とすることを発表しました。

スポンサーリンク

新型コロナに3名の勤務者が感染 1名が死亡

清水建設のホームページでは以下のようなお知らせが掲載されています。

新型コロナウイルス感染拡大を受けた当社の対応について

当社ではこれまで,作業所に於いては関係省庁の指導に則り,除菌消毒と「三つの密」回避の徹底を図り,また内勤においてもテレワークや出張自粛など,全社を挙げて感染予防と感染拡大防止策を推進してまいりました。更に4月7日の「緊急事態宣言」発令を受け,一層の内勤の出社人員数削減など人と人との接触を極力減らす施策に全力で取り組んでおります。

しかしながら,この度,当社の東京都内の同一作業所勤務者3名が,発熱等があり,新型コロナウイルス(PCR)検査を受けた結果,「陽性」と判明しました。なお3名のうち1名は,検査後も体調不良が続き自宅待機をしていたところ,容態が急変し,亡くなりました。その後,「陽性」と判明したものです。現在,保健所の確認を得ながら,適切に対応を進めております。

当社は,首都圏をはじめ都市部を中心に日々深刻度が増す感染状況を踏まえ,当社グループ及び協力会社社員の生命・安全を最優先事項と考え,またこの感染症の拡大阻止の一層の強化を図るため,「緊急事態宣言」の対象地域に所在する当社作業所については,原則として,緊急事態宣言終了までの間,閉所する方針といたしました。関係者の皆様とは,今後協議を進めてまいります。何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

以上のように、感染拡大阻止強化を図るため、これより「緊急事態宣言」の対象地域に所在する清水建設作業所については原則緊急事態宣言終了まで閉所とする方針が決定されたとのことです。

スポンサーリンク

新型コロナ感染者が確認された東京都内の作業所はどこ?

これについては現在のところホームページでも明らかにされていません。

東京都内の同一作業所に勤務する方が3名感染しているということは判明していますが、それ以上の公表は個人の特定に至ってしまうかもしれないという配慮からかもしれません。

ただ、3名が同じ作業所から出ていることから、これから感染が拡がらないとも限りません。

これ以上の感染拡大が起こらないことを祈っています。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました