保育士感染を保護者知らせず保育指示 保育園の場所は「西寺尾保育園」横浜市が感染者を隠蔽?

話題のもの
スポンサーリンク

横浜市内にある私立保育所の保育士が今月8日、新型コロナウイルスに感染したことが確認された際、市が保護者には知らせないよう求めたうえで、保育を継続するよう指示していたことが分かりました。

スポンサーリンク

横浜市役所、保育士の感染を保護者に知らせずに保育を指示か

  • 市によると、横浜市神奈川区にある私立の認可保育所の20代の女性保育士は、先月30日に発熱などの症状が出て、今月8日に新型コロナウイルスに感染していることが分かった
  • 保育所は市の担当部署に対し保育士の感染を直ちに報告し、翌日から保育所を閉めたいと申し出ましたが、市側は「保育士は、感染が確認される4日前から出勤しておらず、確認の前後でリスクが高まるわけではない」などとして、感染者が出たことを保護者に知らせないよう求めた
  • そのうえで保育士の行動の調査などが終わるまで、通常どおり保育を継続するよう指示した
  • 保育所は、独自の判断で保護者に対して感染者が出たことをメールで連絡
  • 市の指示があったため翌日は通常どおり開いた
  • しかし、この日は子どもは誰も来ず、結局、市の判断でその次の日からは保育所を閉めた
  • 横浜市は厚生労働省が示しているガイドラインに沿った対応だったとしたうえで「保育への影響などを考え、保護者への連絡を待ってもらった。情報操作や隠蔽にはあたらず、当時の判断は間違っていなかったが、今後は保護者の不安も考慮し対応を改めたい」としている

これについて、横浜市の私立保育園の園長らで作る『横浜市私立保育園園長会』は、市の対応は口止めとも受け止められるとして、13日、林市長に宛てて要望書を提出しました。

この中で「感染状況の公表は保育所の園児、職員などの生命を守るために必須であり、公表を行わないという選択肢などない。市の対応は生命にかかわる重要情報の隠蔽、情報操作とも言えるもので、緊急事態宣言が発出されている現在において到底許されるものではない」と市の対応を厳しく非難し、今後、こうしたことがないよう求めています。

スポンサーリンク

西寺尾保育園の場所はどこ?

住所:〒221-0001 神奈川県横浜市神奈川区西寺尾3丁目22−1

公式ホームページで4月10日から休園になることをお知らせしています。

臨時休園について
このたび、当保育園にて新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを受け、横浜市と検討を重ね、令和2年4月10日(金)~令和2年4月18日(土)まで保育園を臨時休園することとなりました。
再開の判断については、4月19日(日)を目途にお知らせします。
保育園としては、横浜市保健所と連携しながら適切に対応してまいります。

保護者の方には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願い致します。
また、園としましても、新型コロナウイルスを理由として児童に偏見などが生じないよう十分に配慮してまいります。

2020年04月10日

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました