大林組 テロ対策施設の工事に従事する社員が新型コロナに感染と発表 患者の概要 経過・行動歴

話題のもの
スポンサーリンク

九州電力は15日、玄海原発(佐賀県玄海町)の工事関係者の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性はテロ攻撃に備えるために建設中のテロ対策施設の工事に従事していた。

スポンサーリンク

施設工事を中断、約300名を出勤停止

  • 九電などによると、感染がわかったのは大林組の50代の男性社員
  • 同県唐津市在住で、佐賀県が14日に新たな感染者として公表したうちの1人
  • 男性は10日に体調不良を訴え、14日に感染が判明
  • 10日以降は工事に従事していない
スポンサーリンク

3月29日に福岡・北九州市、4月10日に大阪市を私用で訪問 患者の概要、経過・行動歴

年齢:50歳代

性別:男性

居住地:佐賀県唐津市

  • 男性は単身赴任
  • 4月10日に39度台の熱が出たあとは勤務していなかった
  • 男性は3月29日に福岡・北九州市、4月10日に大阪市を私用で訪れていて、現在は発熱とせきなどの症状がある

スポンサーリンク

九州電力(株) 玄海原子力発電所の場所はどこ?

住所:〒847-1441 佐賀県東松浦郡玄海町大字今村浅湖4112−1

大林組の公式ホームページでは以下のようなお知らせが掲載されています。

当社の九州支店が管轄する工事事務所に勤務する従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが4月14日に判明いたしました。当該社員は4月10日に体調不良を訴え、今般、検査結果により陽性が判明したものです。今後、感染者の行動履歴の確認および保健所による濃厚接触者の調査へ協力するとともに、保健所の指導に従い感染拡大防止に向けた対応を行ってまいります。

当社では、従来から当社役職員および協力会社などの関係者の身体、生命の安全を守ることを最優先し、さまざまな対策を実施しております。今後も、関係各所と連携し、関係者の皆様の安全確保のため感染拡大防止に努めるとともに、事業を継続してまいりますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

また、東京本店管轄の事業所勤務の従業員も感染と発表しています。

当社の東京本店が管轄する事業所に従事する従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが4月14日に判明いたしました。当該社員は4月7日に体調不良を訴え、今般、検査結果により陽性が判明したものです。

今後、感染者の行動履歴の確認および保健所による濃厚接触者の調査へ協力するとともに、保健所の指導に従い感染拡大防止に向けた対応を行ってまいります。

当社では、従来から当社役職員および協力会社などの関係者の身体、生命の安全を守ることを最優先し、さまざまな対策を実施しております。今後も、関係各所と連携し、関係者の皆様の安全確保のため感染拡大防止に努めるとともに、事業を継続してまいりますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました