佐藤バラン伊里 経歴詐称疑惑で退任か 家族は旦那と子供は3人?楽天PCR検査キット開発企業代表

テレビ関連
スポンサーリンク

楽天が法人向けに販売を開始した新型コロナウイルスのPCR検査キットの開発製造を担当する企業「ジェネシスヘルスケア」の佐藤バラン伊里(芹香)氏が過去に経歴詐称していた疑惑があることを週刊文春が報じました。

一体どのような内容で、これは経歴詐称は事実なのでしょうか?

報道内容などをまとめてみました。

スポンサーリンク

少し前から以前の疑惑で話題となっていた

  • 佐藤氏は夫とともに、2004年、G社の前身となる「日本ウェイトマネージメント」を創業
  • 佐藤氏は「佐藤芹香」という名前でメディアで活動し、2004年に提唱した「遺伝子型ダイエット」がブームに
  • そして、さまざまな女性誌に頻繁に登場し、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)にも出演するなど、時の人となった
  • 当時、「米国の心臓外科医」、「21歳で米コーネル大学の医学部と政治学部を卒業した」と自らの経歴について語っていた佐藤氏
  • そこで、「週刊文春」はその経歴について取材し、2006年11月9日号で「遺伝子ダイエット カリスマ女医『ニセ医者疑惑』」と題する記事を掲載していた
  • 小誌がコーネル大学に佐藤氏の旧姓など考えられうるすべてを照会したところ、「在校生でも卒業生でもない。医師免許も保有していない」との回答だった
  • また、当時の同大学医学部心臓外科部長は「名前を聞いたこともないし、いたこともない」と話した
スポンサーリンク

2006年の報道では経歴詐称を否定

佐藤芹香本人が自ら記す経歴によれば、現在36歳(2006年時点)という彼女は才色兼備のキャリアウーマン。
91年米国コーネル大学政治学部および医学部を卒業。米国で肥満遺伝子のタイプに基づいた心臓病の治療・予防を研究。
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学部修士(MBA)、同大学大学院博士後期課程(PhD)修了。
2000年からUBSキャピタル(プライベートエクイティ)部門の在日責任者を経て、04年日本ウェイトマネージメント
(現・ジェネシスヘルスケア)を設立。日本人特有の肥満遺伝子の研究結果に基づく健康増進・減量プログラムを、
企業や個人に提供しているという。

佐藤女史が提唱する「遺伝子ダイエット」は日本人の大半が持つという「β3AR」「UCP1」「β2AR」の三種類の
肥満遺伝子の変異から体質や性格を分析し、独自に研究したダイエット理論だという。
雑誌掲載やテレビ出演も多く、芸能人からの信奉も厚い。
ところが、そんなカリスマ女医にある重大な疑惑が浮上しているというのだ。
「実は最近、テレビ業界では、彼女が本当に医者なのかという疑問が囁かれているのです。21歳でコーネル大の
医学部と政治学部を卒業したというが、これは飛び級制度があるアメリカでもかなり不自然。日テレは彼女を昨年
『世界一受けたい授業』に出演させたが、今年4月、2回目の収録後に彼女の経歴詐称問題が取り沙汰され、
番組から降ろしたというのです」(民放関係者)
調べてみると、確かに今年4月29日放送の同番組で、佐藤女史の出演予定が直前になって変更されている。

――コーネルの政治学部と医学部を91年に卒業したんですね。
「政治学に興味があったのですが、親が医者になれというので、6年間をジョイントプログラムにしたんです。アメリカは
ダブルメイジャーといって、例えば文系と理系を一緒に取って卒業するとか、いろんな組み合わせがあるんです。医学部卒業は
人によってずれますが私は政治学部と同時に卒業しました。主人は外国人で、たまたま主人の仕事で日本に帰国して、子育てしながら
のんびりしてたんだけど、遺伝子のことを教えてくれないかと声がかかって東大の非常勤講師をやっています。ただ東大は
コーネルよりもレベルは低いですね(笑)」
――なぜ日本では心臓手術をしないのですか。
「外科医は車のメカニックと変わらない。要は壊れたところを直す。私は多い時は年間2、300件は手術しました。1日平均1体。
休めないですし、だから40歳で引退なんです。いま会社が黒字ではないので、資金はアメリカで外科医として稼いでいます(笑)。
アメリカ行って手術を何本かすると何千万円単位になりますから。特に私の場合は動脈硬化のバイパス手術が得意なんですけど、
開胸しなくても外からプローブ入れて手術する技術なんですね。アメリカは医師の専門性が高いのでそれにニーズがあって、
対価も高いんです。ただ日本では医師免許を持っていませんから、いまは大学で教えたり、研究したりしています」
佐藤女史はこうして華々しい活躍を饒舌に語り続け、途中、遺伝子研究でノーベル医学賞ではなく、ノーベル平和賞を狙いたい
という発言まで飛び出した。だが不自然過ぎる印象は拭えない。

そこで念のためコーネル大学医学部に問い合わせたところ、驚くべき答えが返ってきた。
(※小誌は佐藤女史の旧姓を含めて考えられうるすべてを照会)
「当該人物は我が大学の在校生でも卒業生でもない。MD(医師免許)も保有していない」
(記録課メアリー・ケイト・プレンナン氏)
彼女が非常勤講師を務めていると言った東京大学もこう返答した。
「医学部と薬学部に照会をかけましたが、佐藤芹香という人間に教鞭を取らせている事実はなく、
非常勤講師としても採用した実績はない」
(東京大学広報課)
コーネル大医学部を卒業しているならば、ニューヨーク州の医師免許を必ず持っていなければならない。
管轄のニューヨーク州保健局と同州教育局に問い合わせしたところ佐藤女史の名前はなかった。
さらに同大学の外科医リスト47名の中にも彼女の名前はなかった。

――本当は、コーネル大医学部を卒業していないのではないですか。
「誰が言っているんですか。私の仕事は医療分野なので素人ではできない。外野の素人が常識的に語れるものでもない」
佐藤女史は個人情報を盾に小誌の質問をさえぎった。
リストに名前がないのは、姓名が違うからだとか、スペルが間違っているからだとか、言うことがくるくる変わる。
さらに驚くべきことに「アメリカでは“本名”が一番大事な個人情報」などと主張し、それさえ明かさなかった。
――アメリカでは医学部卒業に8年かかりますが、91年卒業なら21歳ですよね。本当に卒業したんですか。
「15歳で私は大学生になった。小五と高一で飛び級しているから」
――本当に医師免許を持っているんですか。
「アメリカの医療制度をあなたたちは知らない。私は非常勤なので登録されていない。アメリカは医学部を卒業したら、
全員医者になれるんです。日本のような国家試験はありません。医師として登録がなくても医師じゃないとはいえない」
当然のことながら、そんなことはない。アメリカにも医師の国家試験はある。
小誌が何度も確認すると彼女はこう言って激昂した。
「マスコミが心臓外科医となぜ大きく取り上げるかわからないですが、私は心臓外科医というよりも、遺伝子の研究者なんです。
心臓病の研究をしているわけじゃないですから。プライドがありますから、あなたに疑いをかけられてまで医師かどうかとか、
卒業したかどうかとか、お答えしたくない。私は裕福だし、主人も資産家。強力な弁護士を立てて訴えますからね」
しかし、最後まで佐藤女史から明確な答えは返ってこなかった。

さらに2006年当時、週刊文春はコーネル大学医学部の心臓外科医の責任者、心臓外科部長のオーティス・ウェイン・アイソム医師にも佐藤氏について尋ねています。

すると医師は

「私は1985年から21年間ずっと、コーネル大学医学部で心臓外科医として奉職してきた。しかしそんな女性の名前は聞いたこともないし、そういう女性がいたこともない!現在私のもとに心臓外科医は数人しかいないし、日本人の、しかも女性の医師ならば過去から現在まで、絶対に忘れるはずはない。しかも彼女は年間多い時で300人の手術をし、現に今でも30人の手術をうちでやっていると言うんだろう。だが、そんなのはまったくありえない!」

「それに、彼女があなた方に説明したようにコーネル大学医学部を卒業しただけで、すぐに心臓外科医になるなんて、まず不可能です。心臓外科は外科のなかで最も難易度の高い手術を行うため、研修医を十年務めてやっとなれるレベル。もしも彼女がコーネル大学の心臓外科医を名乗っているのであれば、日本ではどうかしらないが、アメリカでは間違いなく犯罪になります。いったい彼女は何者なんですか」

このように回答しています。

スポンサーリンク

楽天やG社に直撃

  • 楽天広報部は、佐藤氏の経歴についてこう回答した。「これほどまでに疑義があることの報告をG社から受けておらず、早急に事実確認を進めてまいります。貴重な情報をお寄せいただき、感謝しております」
  • 一方、G社に佐藤氏の経歴詐称疑惑について確認すると、「佐藤は英語圏で育った期間が長いことから、『せりか』は海外でも発音がしやすいよう名付けられた非公式の英語名です。貴誌報道を受け、誤解を招くことのないよう本名を用いるようにいたしました。出生地は日本ですが、幼少期に渡米し長く米国で生活しておりましたので、母国語は英語です。日本語が母国語でない事から、事実確認が不十分であったことにより過去において誤解を与えてしまったことは申し訳なく思っております」
  • 経歴詐称疑惑が浮上した佐藤代表について、楽天関係者は次のように話す。「命に関わる医療でウソはあってはならない。現在、佐藤氏を退任させる方向で調整しています」

楽天側は知らなかったとし、佐藤氏に退任を求める方向のようです。

スポンサーリンク

家族は夫と子供が3人?

G社の会社情報を確かめてみますと

ジェネシスヘルスケア株式会社 取締役会長 David Baran(創業者)

代表取締役 佐藤バラン 伊里(創業者)

取締役 山田 義介

となっています。

夫はDavid Baran氏であることが分かりますね。

また、子供については以前に心臓外科医としてコメントを寄せているものを確認すると

医師として、3人の子供の母親として、そして日本人として、空しさと憤りを感じざるを得ません

このような記述があるため、3人のお子さんがいらっしゃるものと思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました