【iPhone】iOS13.6にアップデートでリンゴループに陥る可能性…原因や対処法は?

話題のもの
スポンサーリンク

Apple社の製品であるiPhoneをiOS13.6、iPad ProをiPadOS13.6にアップデートをしたらリンゴループという症状に陥るという報告がTwitter上で話題となりトレンド入りをしています。

スポンサーリンク

リンゴループとは?

iPhone起動時にリンゴのマークが出るのですが、そのリンゴのマークの画面のまま操作が全く出来なくなる状態に陥ります。

こうなると仕事などでスマホを手放せない方は本当に困ってしまいますよね;

スポンサーリンク

iOS13.6アップデート後にリンゴループに陥る原因は?

リンゴループに陥る原因はいくつか考えられるものがありますが、明確にコレだ!と言い切るのは難しいのが現状です。

  • 強制終了を何度も繰り返している
  • 脱獄している
  • アップデートの失敗
  • ファイルの破損
  • 落下や水没

などなど原因になりそうなものはあるものの、今回はiOS13.6アップデート後ということでやはり一番はアップデートの失敗が濃厚でしょうか。

スポンサーリンク

リンゴループに陥った際の対処方法は?

この他にも強制終了させる、充電を切らして(リンゴループの画面をそのまま放置)電源が落ちてから充電器をさして再起動させたら復活したという情報も見ました。

上記の方法で試してみて、なおらないようなら修理の道しか残されていませんが、デバイスを工場出荷状態(初期化)しなければならず中のデータが全て消えてしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

まとめ:日頃からバックアップをしておこう

今回はアップデートによる症状でしたが、リンゴループに陥る原因はいくつか考えられますので、やはり大事なのは万が一を考えてバックアップをとっておくということのようです。

中のデータが初期化されれば大事な写真なども消えてしまいます。悲しい思いをしないよう、少しでも心配が減るように、写真などはクラウドに保存しておくと安心ですね!

スポンサーリンク
話題のもの気になるモノ、コト
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました