徳島の大家族・廣川家7人のプロフィール・経歴!職業や収入源は?自給自足、移住のきっかけやルールなど調査!

スポンサーリンク

今日8月28日の坂上どうぶつ王国では再び登場徳島県美馬市で自給自足生活を送る廣川家に密着です!

放送内容は

徳島県・美馬市の山奥の集落に、犬と猫、ヤギ、ニワトリなどあわせて20匹以上の動物と暮らしている、父と母、5人の子供たち。“どうぶつ大家族”の自給自足の夏に密着した。食材はもちろん自ら調達、ナスやキュウリなどたくさんの夏野菜を栽培して収穫する。さらにお父さんは川で食材を探す。とれたて夏野菜とお父さんが仕留めた巨大な魚で作った夏メニューとは。そして意外なものから作った自家製サイダーの味は?さらに「パンを焼きたい」というお母さんのためにピザ窯作りに挑戦する一家。廃材のレンガ約200個を譲り受け、ひとつひとつレンガの汚れを落とすところからスタートする。お母さん念願のパンは焼けるのか?さらに今回、一家は自宅に井戸を掘ることを決意。力を合わせて地道に土を掘っていくが…水は出るのか?

ガス&エアコン&テレビなどなど、これらに頼らない生活を送る廣川家への密着。

父と母、3男2女、5人の子供のプロフィール、廣川家独自のルールなどをまとめてみました^^

スポンサーリンク

坂上どうぶつ王国│徳島の大家族・廣川家7人のプロフィール・経歴!両親の職業は?

父親:進

年齢:45歳

  • あだ名は「スーさん」
  • 神奈川から移住
  • 職業はプロのファイアーパフォーマー
  • 前職は柔道整体師
  • 妻・あゆみさんとはファイアーパフォーマーのイベントで知り合い結婚

母親:あゆみ

年齢:36歳

  • あだ名は「あゆみん」
  • 職業は夫・進さんと同じくプロのファイヤーパフォーマー
  • 移住当時、次男の空太くんを妊娠中
  • 珠葉ちゃん以前にかなた君を無脳症で亡くす

長男:和楽(わらく)

年齢:10歳

  • 掃除、兄妹の面倒を見るなどしっかりもののお兄ちゃん

次男:空太(くうた)

年齢:8歳

  • 元気いっぱいのやんちゃ坊主
  • 遊ぶのが大好き
  • 薪わりなどのお手伝いもこなす

長女:雨種(うたね)

年齢:6歳

  • 3歳を過ぎてから喋り始めた
  • 兄弟一食いしん坊
  • 竹で作ったナイフで次女・珠葉のへその緒を切る

三男:然花(ねんか)

年齢:4歳

  • マイペースで甘えん坊
  • よく泣く甘えん坊

次女:珠葉(たまは)

年齢:2020年3月生まれの0歳

  • 自宅出産で新たに誕生した廣川家のアイドル的存在
スポンサーリンク

廣川家の収入源はなに?

廣川家の主な収入は

  • 両親がプロのファイアーダンスで稼いだお金6万円
  • 「農家民宿 ひとてまや」の宿泊費(自給自足体験できる民宿の経営)
  • 本の出版「あゆみんとスー」

この他にも、YouTube(スーさんがユーチューバーになった)だったりメディア出演もしているので、そこからの収入もあるのかなという感じです。

ちなみに廣川家が住む家は建築されたのが明治時代!なんと築140年!

間取りは6DK、家賃は3万円。このお値段で裏山と畑が3か所ついています。

働いて得たお金は家賃や洋服など、自給自足できない部分にあてられるそうです。

スポンサーリンク

自給自足・移住のきっかけは?

元々廣川家は神奈川県で暮らしていました。

移住のきっかけは東日本大震災。進さんが家庭菜園にもハマっていたため、この時に生活スタイルを変えたいと思い、徳島県へと移住。

「子どもの肉体は15歳までにつくられる」という進さんの考えから、成長過程には自分たちの手で作った安心出来るもので子どもを育てたいと自給自足生活をスタートさせました。

現在は保護犬のゴウ、猫のアシュラ、ヤギ7頭、ニワトリ16羽、ウサギ6羽など31匹の動物と暮らしています。

動物が大好き!というわけではなく(もちろん可愛がってはいると思いますが)生きるための食糧としてたくさんの動物と暮らしているそうですよ。

卵は庭の小屋で育てているニワトリから、畑では野菜や果物を収穫、山の方では罠猟でシカやイノシシを捕まえたり、筍や山菜がとれるそうです。

前に特集されていたときは川でお魚もとってたような(実際には釣れなくて釣り人から分けて貰ってましたね)

スポンサーリンク

廣川家のルール

廣川家には独自のルールが設けられています。

  • 給食は食べない自宅からお弁当を持って行く
  • 市販のお菓子は食べない。白砂糖を避ける
  • 小学校は行きたいときにいくという自由登校
  • 自家製石鹸(解体した猪の油で作ったもの)を使用
  • お風呂は2~3日に1回
  • 食事の調理は薪ストーブ
  • 自給自足が難しい調味料は購入する
  • 赤ちゃんは生後1か月でおまるで排泄

主なルールはこのような感じで、正直大人でも厳しいかな…という生活ルールです。本当に生半可な気持ちで自給自足しているわけではない、これが他の大家族とはは全く違う部分ですね。

炎上もあるが…

廣川家の様子がメディアで取り上げられる度に「子供たちが可哀想」という意見もあります。

たとえば「お箸の持ち方が違う」「小学生の楽しみの一つが給食なのに食べさせないなんてひどい」「お菓子も食べられないなんて可哀想」などなどです。

ただ、放送を見ている限りでは子供たちは大自然の中で悠々と育ち、本当にご両親のことが大好きに見えます。

長男のわらく君ももう10歳。周りと自分の家との違いにもちゃんと気付ける年齢です。それでも両親の考えを理解して、素直に育っています。

廣川家を見てどのような感想を抱くかは個人の自由です。

妻・あゆみさんもブログで

テレビで紹介していただくタイミングを調子に乗って利用したおかげで、より沢山の方に見ていただくことができています。
感謝しています。
それによって、コメント欄に、ご意見いただく件数も増えました。
このブログや、私たちにyoutubeの内容は、無限の可能性と自由が許されたインターネットの世界において私個人の偏った哲学、生き方、少ない経験からの提案の場所です。どうかそれを尊重して許していただきたいです。かなり長い文章を寄せていただくこともありますし、熱量も感じ、ここでも意見を交換すべきなのでしょう。
でももし、あなたとは全く意見が食い違って、自分が攻撃されているような気がするのであれば、どうかここから離れてください。
発信するにあたって、言葉をあまり選びすぎたくないが故、あなたを傷つけるような内容も多いかもしれません。どうかそれも、離れることによって許してください。
いろいろな生き方があり、こんな選択をする者もいるのだ、と言う程度にお付き合いください。
毎度いろいろなご意見ありがとうございます。
ここに、なんでそこまでして、子供に我慢させて、などのご心配のご意見やこの暮らしに至る考え方などを書いておきたいと思いました。
「野菜も食べなさいよ」的なニュアンスと同じノリで、私たちは「人工甘味料とっちゃダメですよ」と考えています。
基本的に体のためというのが大前提です。そこを抑えていただけると、極端な暮らし方にもまあ、理解いただけるような気がします。
私も食べさせてあげたかったし、まあいいんではないか、と思いましたが、結局、それを踏まえても彼らの体には替えられないと決断しました。めんどくさい時もありますし、可哀想だとも思う時もありますが、それでも押し通すべきところだと今は考えています。
みんなと一緒、が、彼らの幸せに必ずつながるとは思っていません。
ただ、全部は無理だし、そうしようとも思っていません。外食もします。
りんご飴をもらうことも回転寿司に行ったこともあります。
それらの食品を否定したくないし、彼らの命は尊重されるべきだし、私もそれらと必ず関わっています。
自分で、比べて、選んでいるだけです。なるべく、そっちを選びたいと思っているだけです。
暮らし方や好みの差で、極端になっているだけだと思います。
体の免疫システムや骨格、筋肉が出来上がるのは大体15歳と言われています。
それまでは、親の我々が選んだ内容で育ってほしいです。皆さんが子供さんに接するのと同じことだと思います。
それからは、自分の道を選んでいったらいいと思います。
お友達の家やおばあちゃん、近所の方からいただくものやこっそりな品もたまにあるみたいですが彼らの成長に合わせて、手元を離れるに従って、それはありきだと思って見ないふりをしています。
魅力的なのは当たり前だしほしいと思うのが当然です。
見つけたら、立場上意見しますが。。。
可哀想、我慢させている、から、といって、譲れる問題ではないのです。
私たちにとっては、ですが。
巣立った後の彼らの選択を素直に受け入れられるようにだけ、ありたいと思います。

自給自足の生活について様々な意見は知っている(コメントもくる)が、一定の年齢までは自分たちの選んだ内容で育てていきたい、その後は自分の選んだ道で進んで行けば良いと語っています。

スポンサーリンク

徳島の大家族・廣川家7人のプロフィール・経歴!職業や収入源は?自給自足、移住のきっかけやルールなど調査!

大家族といえばビッグダディなど、様々な大家族がメディアに登場してきましたが、廣川家はまた他の大家族とは違う自給自足など独特なものがあります。

気になるのはこれからどのように育っていくのか。もちろんそれはポジティブな意味でです。

大きくなった彼らからの、この生活の良さ、辛かったことなど聞ける日がくるのかなぁと、考えると数年後が楽しみです^^

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
小餅をフォローする
スポンサーリンク
テレトレログ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました