岡田更生館事件のN館長の実名や顔写真は?その後はどうなった?│奇跡体験アンビリバボー

テレビ関連
スポンサーリンク

今日9月3日の「奇跡体験アンビリバボー」では岡田厚生館事件についてスポットが当たります。

番組内容は

日本一の“優良施設”はウソ?入所したら虐待され生きて帰れない!?警察もグルの手強い相手・岡田更生館。その裏の顔を暴くため新聞記者が決死の潜入捜査!
1949年、毎日新聞大阪本社に北川と名乗る男が駆け込んできて、自らの身に何があったかを話し始めた。
北川が職探しで岡山県を訪れ、倉敷市の駅で野宿していた日の朝、通りかかった県の厚生課の職員から施設「岡田更生館」への入所を勧められた。当時は、戦後の混乱期。復員兵や引揚者など戦争によって居場所を失った路上生活者が日本各地にいた。そんな彼らを収容するために作られた施設のひとつが「岡田更生館」だった。県の職員は言った。施設では十分な食事が用意され、仕事もある。働けば賃金が与えられ、貯金も可能だと。
だが、現実は大きく異なっていた。北川によれば仕事もなく食事も十分に与えられず、北川がいた約1ヶ月の間だけでも50〜60人が栄養失調で亡くなっており、日常的にリンチや殺人も行われていたのだという。北川は監視の目をかいくぐって何とか脱走に成功し、岡山から大阪にある毎日新聞本社へ逃げてきたのだ。
この話を聞いた大森記者はにわかに信じられなかった。本当ならば、とうに大問題になっているはずだ。しかしこの話が本当なら…? 大森は調べてみることにした。まず岡山県庁で話を聞くと、その施設への悪い評判は皆無。北川の証言を裏付ける話は一切出てこなかった。しかし、過去の新聞記事を調べてみると、脱走者が施設内での暴力を訴えたという、小さな記事を見つけた。しかしその後の警察の調査で、暴力は否定されたという。
果たして「岡田更生館」は優良施設なのか?それともリンチや暴力など繰り返される、恐るべき施設なのか?
実態を探るため大森は小西記者と2人で自ら路上生活者に変装、施設に潜入を試みる。
無事脱出できなければ殺される可能性もある中、命懸けの潜入取材が始まる!

ちょっと長いですがこんな感じです。

番組を見ていて気になるのは岡田更生館のトップである館長のことだと思います。

そこでこの館長について調査をしてみました。

スポンサーリンク

岡田更生館事件のN館長の実名や顔画像は?

岡田更生館とは岡山県吉備郡岡田村(現倉敷市真備町岡田)に1946年(昭和21年)12月から1950年(昭和25年)まで存在した浮浪者収容施設・県立岡田更生館のことです。

不思議なことに、というか時間が経過し過ぎているのかもしれませんが、死亡者76名(または72名とも言われる)を出した世間を震撼させる大事件にも関わらず、事件当時館長だったN氏は実名が出ていません。

N館長、ということしか分かっていませんので顔画像などはありません。しかし、柔道5段の強者、N館長が戦前に満州で長らく巡査を務めていた経歴は分かっています。

N館長は事件が明るみになり、裁判にかけられるも業務上横領と私文書偽造で懲役1年執行猶予3年という刑の軽さで済んでいます。

なにかに守られていたのか…それとも公的施設の問題であり、個人にはそれほど罪がないということなのか、今となっては分かりません。

スポンサーリンク

岡田更生館はどこにある?住所は?

岡田更生館が現在どうなっているのか、どこにあるのかなどこちら↓でまとめています。

岡田更生館事件の場所(住所)はどこ?跡地はどうなってる?│奇跡体験アンビリバボー
今日9月3日の「奇跡体験アンビリバボー」では岡田厚生館事件にが特集されます。 死亡者76名(または72名とも言われる)を出した世間を震撼させる大事件ですが、その事件からすでに70年以上もの時間が経っています。 今現在、岡...
スポンサーリンク

岡田厚生館事件とは?

太平洋戦争後1946年、戦禍で家や家族、職を失った者、外地からの引揚者、復員兵などが浮浪者として街の路上に溢れていました。

その中には犯罪に手を染める者もいて、住人が被害に遭うなど治安の悪化が懸念され、フラナガン神父の勧めもあり、GHQの軍政部はそうした問題を一掃するよう命令を出しました。

ほどなく、彼らを救済するため強制的に収容する施設が全国に62ヶ所設けられ、岡山県では県の厚生課主導で黒崎更生館(現倉敷市玉島)、西川寮(現岡山市北区)、岡田更生館の3つの収容施設が開設され、その中で最も規模が大きかったのが岡田更生館です。

主に成人男性を収容していましたが、中には子供や乳幼児、女性の収容者もいて、ピーク時には500人を超える収容者がいたそうです。

この岡田更生館は事件が明るみになるまでは模範施設とされてきました。

時折入る警察等の行政の視察でも全く問題は認められず、一度、逃走した収容者が九州の大牟田の警察に訴え出た事がありましたが、福岡県警からの依頼で岡山県警が調査したものの、収容者が訴えたような事実はないと結論付けられていました。

この辺りが警察もグル?と言われる所以でしょうか。

岡田更生館の実態

大変優良な施設だと言われていた岡田更生館。

しかしその実態は

  • 6畳ほどの部屋に15名が折り重なるようにして寝起きする劣悪な環境下
  • 結核と疥癬が蔓延
  • 食事もろくに与えられず、朝晩に水のに薄い雑炊、昼はパンか豆の入った黒い麦飯など収容者が飢餓状態に置かれている凄惨な状況
  • 収容者の中から選ばれて昇格した指導員の暴力が常態化
  • 脱走を試みた者は激しい私刑に遭うなどして70名以上の死者が出ていた
  • 遺体は裏山で密かに火葬

参議院会議録情報でも以下のような問題点が挙げられています。

①収容能力を超えた過密収容。事件発生当時の収容者数は275名(内訳:男226名、女49名)。畳一畳当たり1.3名。
②給食事情が良くない。事務費不足のため保護費の一部を事務費に流用したために給食費用が不足。
③衛生状態が良くない。寝具の不足、入浴回数が非常に僅少、診療が不十分、清掃が不徹底、皮膚病や性病・結核患者が非常に多い。
④部長、班長制度を設けたためにボス的関係が生じた。
⑤監禁的処遇の下に虐待的行為さえ行われたこと。当時逃亡者は毎月平均5人強、毎亡者(原文ママ)が毎月4人弱。
⑥収容者の素質にもよるが、管理指導者側にも難点があった。
⑦場所が奧地過ぎるから授産上にも、就労上にも不利である。
⑧敷地が狭く、相当の農耕地がないから勤労作業上にも、食糧補足上にも便宜がない。
⑨地勢的還境がよくない。保健上、教化上、慰楽上適当でない。
⑩建物、設備、共に不十分である。
疥癬(かいせん)とはヒゼンダニ(疥癬虫:かいせんちゅう)という小さなダニが人の皮膚に寄生して起こるかゆみを伴う皮膚の病気
スポンサーリンク

事件が世間に明るみとなったきっかけは新聞記者の密偵

アンビリーバボー内でもドラマ化されますが、1949年、毎日新聞大阪本社に岡山県の浮浪者収容施設「岡田更生館」で収容者が多数虐待死させられているという情報が、同施設の脱走者からもたらされたそう。

当時社会部記者であった大森実さんは県警の協力を得て同僚の記者小西さんと共に浮浪者に変装し、潜入取材を敢行しました。

ちなみ小西さんはこの潜入捜査後に壮絶な疥癬を発症。毎日新聞社はこれを業務上公傷し、手当を存分に出し山中温泉に湯治に行かせたといいます。

小西さんは事件翌年社会部からラジオ原稿の書き換え係に左遷されています。理由は金閣寺放火事件の犯人に懺悔録を書かせようと毎日天丼を一週間差し入れ続け、その請求書をデスクに出して「国賊」と罵られ、大喧嘩となったからです
スポンサーリンク

潜入取材した大森実のプロフィール経歴

名前:大森 実(おおもり みのる)
生年月日:1922年1月13日/2010年3月25日(88歳没)
出身地:兵庫県神戸市
出身校:旧制兵庫県立神戸経済専門学校(現・兵庫県立大学経済学部・経営学部)卒
  • 1942年、日本窒素に入社
  • 1945年に毎日新聞社大阪本社に入社
  • 大阪本社社会部を経て、1954年から1962年までワシントン特派員、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長を歴任
  • 帰国後の1962年に東京本社外信部長に就任
  • 1966年に退社し大森国際研究所を設立
  • 1967年に創刊した週刊新聞「東京オブザーバー」紙を1970年に休刊した
  • 1974年カリフォルニア州に移住する
  • カリフォルニア大学アーバイン校の常任理事と歴史文学部教授を勤めた
  • 2010年3月25日、肺炎のため死去。88歳没

(単行本・ムック) / 『大森実ものがたり』編纂委員会/編:CD&DVD NEOWING”]

スポンサーリンク

県営の優良施設は何故このような事件を起こしたか…主な罪は2つ

N館長の横領

裁判により認定された主な罪の一つは、更生館の館長による運営費の横領です。

収容者の飲食費や衛生費などとして県から交付された金のうち90万円超について

  • 収容者の貯金を使った後の埋め合わせ
  • 来館者の接待費
  • 妻の入院費

などにあてていました。

さらにこれらの横領を隠すため、虚偽の領収書を作成し、収容者の飲食物や日用品の購入に金を使ったように装う工作もしていたといいます。

発覚を恐れての収容者に対する暴力支配

岡田更生館の劣悪な環境下と横領発覚を恐れてか、収容者を暴力で支配し監禁状態にしていました。

例えば更生館からの脱走に失敗して連れ戻された収容者は職員から殴る蹴るなどの暴行を加えられたとしています。

劣悪な環境に置かれ、食事もろくに食べれない状況で、逆らう力もなく最後には更生館で力尽きていった収容者を思うとやりきれない気持ちになりますね。

スポンサーリンク

岡田更生館やN館長その後はどうなった?

ここまで世間を震撼させた大事件でしたが、裁判の結果は刑が軽すぎるのでは?という内容です。

1949年に報道されると運営に携わっていた館長や職員らは次々に起訴されました。

1949年~53年にかけて裁判は行われ、10人以上が有罪。

冒頭でもお伝えした通り、N館長は業務上横領と私文書偽造の罪に問われ、懲役1年執行猶予3年。

その他、岡山県会計課主事の男性も同罪で懲役1年執行猶予2年、岡田更生館指導員の男性も同罪で執行猶予3年、さらに同僚も同罪で執行猶予2年の判決が下り、その後N館長と会計課主事の男性は控訴もしています。

最大でも懲役1年というのに驚いてしまいます…人が亡くなったことに関しては罪に問われていない…ということですよね。

岡田更生館は昭和32年に廃止、現在は住宅地となる

事件後3ヶ月が経過した岡田更生館の状況は

  • 在館者96名
  • 生活扶助費が1人1ケ月平均1,150円
  • 逃亡者は1日平均1人
  • 死亡者は8日に1人の割合
  • 食事は朝と夕食が雑炊、海軍食器1杯、米麦7勺
  • 昼食が普通食で米麦1合2勺

そして事件後は名称も変更となり岡山県吉備寮としましたが、1955年(昭和30年)に廃止。

昭和31年には更生施設から救護施設に改組されましたがこちらも昭和32年廃止。その後、跡地には民間の病院が一時期開設されましたが、閉鎖となり、現在は住宅地となっています。

時間の経過と共に地元の人でも事件を知る人は少なくなってきたといいます。

1979年(昭和54年)に真備町が編纂した「真備町史」には、事件について一行も言及なく、理由は不明

昭和63年には亡くなった70人をも超す収容者を追悼しようと春の小川村というグループが結成され、犠牲者が焼かれ埋められた場所に命尊碑(いのちたっときひ)と刻まれた石碑を立て、彼岸と盆には慰霊の法要が行われて来ました。

しかし事件から70年以上の時が経ち、今では大円寺の御住職が1人で活動しているのみです。

岡田更生館事件の場所(住所)はどこ?跡地はどうなってる?│奇跡体験アンビリバボー
今日9月3日の「奇跡体験アンビリバボー」では岡田厚生館事件にが特集されます。 死亡者76名(または72名とも言われる)を出した世間を震撼させる大事件ですが、その事件からすでに70年以上もの時間が経っています。 今現在、岡...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました