アフリカケンネルの現在…跡地の場所(住所)はどこ?今は心霊スポットに?│埼玉愛犬家連続殺人事件

テレビ関連
スポンサーリンク

10月4日(日)20時から『実録ドラマ 3つの取調室 ~埼玉愛犬家連続殺人事件~』が放送となることをフジテレビが発表しました。

このドラマは1993年に埼玉県で愛犬家ら4人が相次ぎ失踪、2年後にペットショップを経営する男女が逮捕された、実際にあった事件をもとにドラマ化されるのですが、事件の現場となったのがペットショップアフリカケンネルです。

主犯格とされるは関根元(げん)元死刑囚は30人以上の犠牲者を出したと語ったこともある人物。

被害者の遺体を処理する際に「ボディーを透明にする」という言葉を使っていたこともかなり有名にもなりました。

日本中を震撼させたこの事件の現場となったアフリカケンネルは今どうなっているのでしょうか、調査してみました。

スポンサーリンク

アフリカケンネルの現在…跡地の場所(住所)はどこ?今は心霊スポットに?│埼玉愛犬家連続殺人事件

住所:〒360-0161 埼玉県熊谷市万吉1308

事件後のアフリカケンネルはすぐに倒産、廃業となっています。

しかし、20年以上経つ今もひっそりと不気味に建物が残っています。

やはりこれだけ世間を震撼させたサイコパス事件なだけに、ネットで検索すると現在は心霊スポットとして有名な場所となっていました。

スポンサーリンク

行ってみた人の感想

スポンサーリンク

埼玉愛犬家連続殺人事件をモデルにした映画『冷たい熱帯魚』

犯人の生業はドッグブリーダーから熱帯魚屋に変更されてはいますが、この事件をモデルとして園子温監督が映画『冷たい熱帯魚』を製作しています。

この事件に触れられる時、同時のこの映画を思い出す方が多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました