ヘタリア作者│日丸屋秀和の現在は失踪(行方不明)!?性別や顔画像は?

漫画関連
スポンサーリンク

『ヘタリア』といえば日丸屋先生による国を擬人化した歴史コメディ漫画。

私も大好きで本を持っています。独特の世界観と絵のタッチで超絶人気となり、アニメ化もされました(声優陣もメチャ豪華でした)

『Axis powers ヘタリア』というタイトルは、英語の「Axis Powers(枢軸国)」と、ネット上の造語「ヘタリア」を組み合わせたもの。
「ヘタリア」という語自体は、2ちゃんねるの軍事板で第二次世界大戦におけるイタリア軍の惰弱さを評して「へたれなイタリア」の意で用いられたのが発祥

そのヘタリアの原作者である日丸屋先生が先日Twitter上でトレンド入りしていたのです。

これを見て「えっ!?失踪!?」となってしまったので、謎多き原作者日丸屋秀和先生について色々と調べてみました!

スポンサーリンク

ヘタリア作者│日丸屋秀和の現在は失踪(行方不明)!?

ずばり結論から申し上げますと、行方不明にはなっていないようです。

Twitter上にいらっしゃいます!最近は自らの発信はしていませんが、リツイートなどで生存は確認されています。

一体今は何をしているのか…ネットで話題に

スポンサーリンク

日丸屋秀和の性別や顔画像は?プロフィール・経歴まとめ

名前:日丸屋 秀和(ひまるや ひでかず)
愛称:ひまさん
生年月日:1985年5月8日
年齢:2020年現在35歳
出身地:福島県郡山市
血液型:O型
アメリカニューヨーク在住
学歴:パーソンズ・スクール・オブ・デザイン中退
職業:漫画家・同人作家
2003年3月「すすめ!きたこー放送部」で集英社の手塚賞、及び赤塚賞で最終候補になる
2003年9月「いなかのノノ」で集英社の手塚赤塚二大賞で最終候補になる
2006年4月「ずろうの棲処 前編」(チームやさぐれ名義)でふりーむ!ゲームコンテストで最優秀賞
2008年3月幻冬舎より「ヘタリア Axis Powers」で商業デビュー
2009年2月「コミックバーズ」4月号より「ちびさんデイト」連載開始
2013年8月「ジャンプSQ.」9月号より「大正浪漫 鬼さんやめてえぇっ!!」連載開始
2014年9月少年ジャンプ+にて「ヘタリアworld☆stars!」連載開始
2018年4月「ヘタリアworld☆stars!」休載

性別は未だはっきりとせず…謎多い人物

漫画家さんって結構謎が多かったりするのですが、日丸屋先生は結構謎の多い方です。

まず性別が公表されていないためはっきりとは分かっていません。

名前からすると男性かな?と思われるのですが、男性のようなPNで女性の漫画家さんもいらっしゃるので、名前だけでの判断は出来ません。

その中で女性とされている根拠がいくつかあり、その一つが依然「ダウンタウン777」という番組で「千葉衣里子さん」という方が出演され、その方が描いたイラストが日丸屋先生の絵のタッチにすごく似ていたそうなのです。

そこから2chなどのネット掲示板で日丸屋先生は女だ!と言われるようになったようです。

以前は動画などでその番組が見れたらしいのですが、今はすでに削除されており、見ることが叶わないので日丸屋先生の絵とどれぐらい似ていたのか比較も出来ません。

もう一つは日丸屋先生が冬コミに参加された時のこと。

当然列が伸びまくってエグいことになっていたようなのですが、皆さんなんといっても気になっていたのはそのご尊顔。

しかしながら…結果は…

サークルスペースに居たのは女性ばかりで、これが女性説が出ているもう一つの理由です。

しかし、確かに日丸屋先生も会場にはいたようなのですが結局誰が日丸屋先生か分からず。

このことで、日丸屋先生=複数人説まで飛び出していました。

 

Facebookや顔画像は本人じゃない!

ちなみにフェイスブックで同姓同名の方のアカウントが存在したそうですが、こちらは御本人ではないそうです。

日丸屋先生自身がブログで否定していました。

スポンサーリンク

ヘタリア作者│日丸屋秀和の現在は失踪(行方不明)!?性別や顔画像は?まとめ

謎多きヘタリア作者の日丸屋先生…。謎が多いからこそ良いとも言えますし、いっそ女でも男でもストーリーが良ければなんでもいい!と言えますね^^

ヘタリアは今でも根強いファンがいる伝説的な漫画なので、世界情勢は置いておいて、一つのファンタジーとしてまた日丸屋先生が連載を再開して下さる日を楽しみに待ちたいと思います。

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました