気象庁│中本能久予報課長の年齢、経歴・プロフィールは?出身地や学歴(出身高校・大学)まとめ

天気関連
スポンサーリンク

近年は経験したことのない大雨や台風が日本を直撃することが多く、先日は台風10号(ハイシェン)関連で連日気象庁の会見がされ、注意喚起が行われていましたね。

こうした災害の際には気象庁が表舞台に出て、記者会見でカメラの前に立ち安全確保のために呼び掛けるのが予報課長。

現在、予報課長として大雨の際にも台風10号(ハイシェン)の際にも記者会見を行っていたのが中本予報課長です。

夜会見し、翌日朝にも会見すると注目を浴びてしまいますが、中本予報課長もどのような人物なのか皆さんが気になっているようです。

そこで現段階で分かっていることをまとめてみました!^^

スポンサーリンク

気象庁会見に出て来る人は予報課長の中本能久氏!

2020年9月に発生した台風10号に対する記者会見で登場したのは中本能久さんです。

ちなみに読み方はなかもとよしひさと読むようです。

私も記者会見は見ていましたが、とても丁寧に質問に答えてくれるという印象です。

現在は新型コロナウイルスの影響でマスク着用のまま会見をしており、目元部分しか出ていませんが、とても優しそうな方に見えますね。

スポンサーリンク

気象庁│中本能久予報課長の年齢、経歴・プロフィールは?出身地や学歴(出身高校・大学)

名前:中本能久(なかもとよしひさ)
職業:気象庁 予報部予報課長
前職:気象庁 観測部観測課長

現在のところ判明しているのはこれぐらいで、学歴などは分かっていません。

気象大学校出身であるとは思うのですが、その前後は不明です。

気象大学校は気象庁の職員(気象大学校学生を含む)に対して気象業務に従事するために必要な教育及び訓練を行う気象庁の施設等機関

ただ、前職もそうですが、その以前にも仙台管区気象台総務部業務課長、気象庁観測部計画課長補佐、気象庁総務部総務課広報室長、気象庁観測部計画課情報管理室長、を歴任しておりエリートであるのは間違いないと思います。

ちなみに前職は気象庁 観測部観測課長です。

現職に就任したのは令和2年4月から。

なのでまだ就任してから数ヶ月…しかしあの貫禄ですから、バリバリに仕事のできる方なのだと思います。

また、年齢は40代~50代ぐらいでしょうか。

結婚して子供さんが居てもおかしくないですよね!

スポンサーリンク

中本予報課長を見るネットの反応

スポンサーリンク

気象庁│中本能久予報課長の年齢、経歴・プロフィールは?出身地や学歴(出身高校・大学)まとめ

丁寧で分かりやすい説明で評判は上々の中本さん。

ちょっと俳優の松尾諭さんに似てる!という声もあり、それで親しみやすいのかもしれません。

災害はこりごりですが、こうやって注意喚起してくれることで、最大限の備えができるのも確か。

それを呼びかける予報課長である中本さんの今後の活躍(マスコミ対応・被害が想定される地域の方々への説明)など期待したいと思います^^

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました